みなとこうべ海上花火大会2017穴場スポットいいとこ取り!

花火大会

「みなとこうべ海上花火大会」は1,000万ドルの夜景と花火が同時に楽しめる他にはない関西を代表する花火大会です。
メイン会場として打ち上げ場所から近い、有料席、新港第一突堤、新港第二突堤、メリケンパーク周辺などが有名です。
しかしこの場所であると、花火はベストスポットですが、肝心の1,000万ドルの夜景が見ることができません。

ここでは、メイン観覧場所以外の穴場スポットや1,000万ドルの夜景と花火を両方楽しめる穴場スポットを紹介させていただきます。

スポンサードリンク
  

確認!みなとこうべ海上花火大会2017の日程

2017年の「みなとこうべ海上花火大会」の日程を確認しましょう。

  • 日程    :8月5日(土)小雨決行(荒天時は中止)
  • 打ち上げ時間:19時30分〜20時30分まで
  • 打ち上げ場所:神戸港(新港突堤〜メリケンパーク南側会場より)
  • 打ち上げ数 :15,000発(2016年までは10,000発)
  • 観覧予想人数:約25万人

最寄駅

JR     :元町駅・神戸駅
阪神電鉄  :元町駅・神戸駅
阪急    :神戸三宮駅

みなとこうべ海上花火大会の穴場スポットいいとこ取り

メイン観覧場所以外の穴場スポットや1,000万ドルの夜景と花火を同時に楽しめるオススメ穴場スポットを紹介します!

神戸布引ハーブ園

ロープウェイを利用して、風の丘芝生広場が一番おすすめです!

ロープウェイで登ったところにあるハーブ園。
標高400mの展望広場から花火!
グラスハウス 展望デッキから花火!
風の丘芝生広場から花火!

夜景と花火両方楽しめます。

ロープウェイ料金は夜間の料金
大人往復800円、子ども往復500円

飲食店もありますので、食べながら花火を鑑賞できるスポットです。

神戸布引ハーブ園HP

HAT神戸の前付近

少し打ち上げ場所から離れているので、小さく見えてしまいますが混雑も少なく他の騒音もなく楽しめるスポットです。

六甲山展望台

人気スポット!
六甲山山頂から夜景と花火を贅沢に味わえる。

会山下公園

地元の人が秘密にしたい穴場スポット。
ちょっぴり離れていますが、結構しっかり見ることができます!

兵庫埠頭(兵庫突堤)

最寄駅:地下鉄「中央市場前」
※シャトルバスがありますので、利用しましょう。
最寄駅から徒歩で約15分かかりますので、比較的混雑も少ないです。
毎年、「ハートフルゾーン」という障害者の為の観覧場所が設置されています。
少し遠いですが、周りに建物もなく見やすいですよ。

摩耶山 掬星台

神戸夜景スポットとしてお馴染みの摩耶山。
神戸だけでなく天気が良ければ、大阪まで見えます。
アクセスはロープウェイを利用した方が安全です。
車の場合は、掬星台まで歩くことになります。市営天上寺駐車場に車を止めて、徒歩15分ぐらいです。
到着時刻が遅くなれば、満車になり止めれなくなりますので、ご利用の場合は2時間前には駐車場に到着しましょう。

ヴィーナスブリッジ(若いカップルにオススメ)

「愛を誓い合い南京錠を掛ける愛のモニュメント」のあることで有名ポイント。
ヴィーナスブリッジは、少し離れた距離で花火を鑑賞することができます。

夜景と花火を同時に楽しめるスポットであり、混雑を避けれるスポットでおすすめです。
標高150メートルの場所で、駐車場は少ないです。

きつい坂道を登る事になりますので、カップルで行く方は女性にヒールなど歩きにくい靴は避けるようにしてください!

スポンサードリンク

ポートアイランド 北公園

最寄駅:ポートライナー「中公園駅」

公式サイトで紹介されいる中でも穴場ポイント
トイレ、飲食ブースもあり快適に花火を楽しめる。
年々場所取りする人が増えていますので、早めの到着をおすすめします。

六甲山系諏訪山と錨山の間

1家族で満杯の小さな展望広場です。ここは穴場中の穴場!!
午前中には場所確保をしておきたい!
ヴィーナスビレッジから徒歩5分

みなとみはらし台

北野坂の異人館の近くにある穴場スポット。
展望台まで少し歩きますので、早めに到着しておきましょう。

まとめ

みなとこうべ海上花火大会はメイン観覧スポット以外にも多くの穴場スポットがあり、人気スポットは年々混雑し始めています。
どの穴場スポットに行く時も最低1時間〜1時間半前には到着しておきましょう。遅すぎますと駐車場の満車問題や、
せっかくいいスポットを訪れたのに見る場所があまりないということも考えられます。

しっかりプランを考えてより良い花火大会にしましょう!

スポンサードリンク

コメント