熱海海上花火大会の2018年の日程は?地元民が教える穴場スポット

花火大会

「花火」といえば夏の風物詩です!

そんな花火を私の地元で開催される熱海海上花火大会では春・夏・秋・冬と年に

数十回開催されており、1年を通して花火を楽しむことができます。

夜空には何千発もの花火が上がり、水面に映る花火は幻想的な雰囲気を作り上げます。

そして熱海湾は三面を山に囲まれているため、花火の音がスタジアムのような音の広がりを見せ、

目だけでなく耳でも楽しむことができます。

大切な人と見ることができれば、その美しい風景は記憶に残ることでしょう。

今回はそんな熱海海上花火大会をご紹介します。

スポンサードリンク

熱海海上花火大会2018年日程は?

名称:熱海海上花火大会

 

日程

春 

1/14(日)・2/12(月祝)・4/14(土)・4/22(日)・5/12(土)・5/27(日)・6/3(日)・6/17(日)

夏 

7/27(金)・7/31(火)・8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)・8/24(金)・8/30(木)

秋 

9/17(月・祝)

冬 

12/9(日)・12/16(日)

 

打ち上げ時間

春/秋/冬  20:20〜20:45

夏  20:20〜20:50

 

打ち上げ場所

サンビーチ海水浴場〜熱海港までの海岸線一帯(住所:静岡県熱海市渚町 熱海湾)※雨天決行

 

打ち上げ数:約5000発

予想来場者:約22万人

(2017年は約21万8000人の来場者でした。)

 

最寄駅:JR東海道線熱海駅から徒歩20分

 

車のアクセス:駐車場有り

隣接市営東駐車場250台

ほか市営P駐車料金30分100円

 

POINT

帰りは一斉に帰る人が多いので、

行きと比べて倍近くの時間がかかるのでそれを見越して行動した方がいいです。

隣接市営東駐車場は1時間前に来ても満車になる可能性が高いです。

会場まで少し歩く駐車場の方が駐車できる可能性が高いのでおすすめです。

 

公式HPhttps://www.ataminews.gr.jp/event/8/

スポンサードリンク

地元民が教える!熱海海上花火大会の穴場スポットは?

穴場スポット①

場所:熱海城(住所:静岡県富士市熱海1993)

一言ポイント:お城×花火

トイレ情報:城内に有り

備考

営業時間:9:00〜21:00

※通常は17:00閉園となっています

入場料金:大人950円、小・中学生450円、4歳〜6歳300円

駐車場:有り(1回500円/170台完備)

日本の夜景100選にも選ばれるほど普段から美しい景色に観光客がよく訪れます。

花火大会当日は海抜160mの高い展望台から花火を見ることができます。

お城で花火を見ることができる機会は滅多にありません。

「花火を見に行こう!」とデートに誘って、着いた先がお城なら喜ばれること間違いなし。

ロマンチックなサプライズになり、おすすめです!

 

穴場スポット②

場所:ホテル ミクラス(住所:静岡県熱海市東海岸町3-19)

一言ポイント:温泉×花火

トイレ情報:各部屋、各階に有り

備考

ホテルの目の前が花火会場になっているため迫力のある花火を間近で見ることができます。

宿泊する方は部屋からの花火を大切な人とゆったりと見ることができるので

人混みの心配がありません。部屋ではフレンチを食べながら優雅なひとときを味わえます。

そして男性用・女性用の露天風呂からも花火を見ることができます。

冬の花火はあったかい温泉に浸かりながら贅沢な花火見物がおすすめです。

カップルだけでなく家族や友人との思い出作りにもおすすめです。

もう1つ嬉しいポイントは宿泊者以外でも事前予約を入れておけば個室で花火を見ることができます。

 

穴場スポット③ おすすめ!

場所:熱海湾 海上

一言ポイント:クルーズ×花火

トイレ情報:船の中有り

備考

所用時間:約1時間15分

制限人数:40人

ツアー料金:4,320円〜

多くの穴場スポットがある中、花火を1番近くでみること場所がココです。

ほぼ頭上に上がる花火はまさに圧巻される迫力で、その美しさに言葉を失うことでしょう。

花火の時間に合わせて港から出航し、

花火が始まるまでは海上から日本のモナコとも呼ばれる熱海の夜景を楽しむことができます。

時間になれば花火が見えるベストポイントまで出航します。

ちなみに熱海では荒波が立たないよう消波ブロックがあるので波が落ち着いています。

軽く船酔いをする方でも心配ありません。

海岸線沿いで花火を見ていると海上に浮かぶ船が見えます。

 

最も多くの人が集まるスポットとは

無料の海岸線沿いや砂浜で花火を見る人が多いです。

大人数で花火を見る場合は、確実に海岸線沿いがおすすめです。

友人や子供達と少し騒いでいても、

周りも同じようなテンションなのでよほどのことでない限り迷惑になりません。

時間になれば、花火の美しさに騒ぐ人もいないので花火は落ち着いてみることができます。

 

浴衣で行く人が多い祭りなので、

もし砂浜で見る場合はレジャーシートやウェットシートを持っていくと便利です。

もしくは岩場や階段があるのでそこで見れば、服を汚す心配もありません。

砂浜は必ずといっていいほど靴に砂が入ってしまうので歩く時に注意が必要です。

砂浜には砂を流すシャワーもあるので良いのですが、

1度使用すれば濡れた足に砂が付きやすくなります。

もし使用するならシャワーは1番最後に使いましょう。トイレも海水浴場用のものがあるので心配ありません。

 

場所取りは必要?

上記の穴場スポットには事前から予約もしくは当日早めに行く必要があります。

しかし海岸線一帯で花火を見る人が多いので、

花火を見るだけなら場所取りをしなくても大丈夫です。

花火が大きいものが多く、かなり空高くまで上がるので人が多すぎて見えないなどの心配も特にありません。

 

屋台情報

海岸線沿いにはいくつか出店が出てます。

地元の飲食店では店前で特別販売もしています。

またコンビニもいくつか会場近くにあるので何かつまみが欲しくなればすぐに行けるので便利です。

 

イベントコーナー

花火大会では事前に予約すると、

花火の合間にメッセージを司会の方から発表するコーナーがあります。

よくプロポーズや奥さんに向けた愛のメッセージ、

友人に向けたエールなどが読まれたりしているので花火以外でも心温まる雰囲気が漂います。

 

まとめ

熱海海上花火大会は静岡県内では1位、全国では13位の満足度をほこります。

夜空を飾る花火と海上に浮かぶ花火の影に心が和まされます。

1度でもここの花火を見れば必ず魅力されると思います。もしご興味のある方はぜひお越しください!

 

スポンサードリンク