淀川花火大会有料席でオススメは?場所取り、チケット購入を紹介

花火大会

淀川花火大会の有料席って色んな場所があってどこがいいかわからない。
初めて淀川花火大会の有料席の利用を考えている方は、このような悩みはありませんか?
ここでは、有料席のオススメ、有料席の場所取り方法、有料席のチケット購入方法を紹介させていただきます。

※追記:2017年6月1日更新していますので、チケット情報は最新となってます。

 

2018年版はこちら

スポンサードリンク

淀川花火大会の有料席でオススメはどこ?

有料席といっても、右岸会場(十三側)と左岸会場(梅田側)で見え方も価格も違いますので、有料席の種類とオススメを紹介します。
※2017年の情報です。

右岸会場(十三側)

十三会場(開場時間:17時00分)

    • エキサイティングシート  オススメ!

前売り   :大人9,000円 子供5,000円
当日    :販売なし
最大入場者数:6,000名→7,000名
座席指定  :エリア指定・自由席
備考    :お弁当・お茶・パイプイス・机

    • アリーナシート

前売り   :大人7,000円 子供4,000円
当日    :大人8,000円 子供5,000円
最大入場者数:4,500名→5,000名
座席指定  :エリア指定・自由席
備考    :お弁当・お茶・パイプイス・机

    • 団体

前売り   :大人8,000円 子供5,000円
当日    :販売なし
最大入場者数:3,500名→6,000名
座席指定  :団体指定席
備考    :お弁当・お茶・パイプイス・机

    • ステージシート

前売り   :大人9,000円 子供5,000円
当日    :販売なし
最大入場者数:1,500名
座席指定  :テーブル指定席
備考    :お弁当・お茶・パイプイス・机

納涼船(開場時間:17時00分)

前売り   :大人18,000円 子供10,000円
当日    :販売なし
最大入場者数:1,500名→2、000名
座席指定  :完全指定席
備考    :お弁当・お茶・パイプイス・机

パノラマスタンド(開場時間:16時00分)

    • ライトスタンド1  オススメ!

前売り   :大人3,500円 子供2,000円
当日    :販売なし
最大入場者数:4,000名→4,400名
座席指定  :エリア指定・自由席
備考    :クッションシート

    • ライトスタンド2

前売り   :大人3,500円 子供2,000円
当日    :販売なし→大人4,000円 子供2,500円
最大入場者数:3,300名
座席指定  :エリア指定・自由席
備考    :クッションシート

    • ライトスタンド3

前売り   :なし
当日    :大人4,000円 子供2,500円
最大入場者数:2,200名→1,000名
座席指定  :エリア指定・自由席
備考    :クッションシート

    • レフトスタンド1  一番オススメ!

前売り   :大人3,500円 子供2,000円
当日    :販売なし
最大入場者数:3,300名
座席指定  :エリア指定・自由席
備考    :クッションシート

    • レフトスタンド2

前売り   :大人3,500円 子供2,000円
当日    :販売なし→大人4,000円 子供2,500円
最大入場者数:2,800名→3,000名
座席指定  :エリア指定・自由席
備考    :クッションシート

    • レフトスタンド3

前売り   :大人3,500円 子供2,000円→前売販売なし
当日    :大人4,000円 子供2,500円
最大入場者数:4,400名
座席指定  :エリア指定・自由席
備考    :クッションシート

夏ぴあシート(開場時間:17時00分) オススメ!

S席前売り :5,000円
A席前売り :4,500円
当日    :販売なし
最大入場者数:3,168名→3,600名(S席)
2,340名→2,700名(A席)
座席指定  :完全指定席
備考    :パイプイス

e+(イープラス)間近で観覧エリア(開場時間:17時00分)

S席前売り :5,000円
A席前売り :3,000円→4,500円
当日    :販売なし
最大入場者数:2,000名→3,000名(S席)
1,000名→500名(A席)
座席指定  :完全指定席(S席)
:エリア内自由席(A席)
備考    :パイプイス(S席)
:クッションシート

読売旅行(開場時間:16時00分)

前売り   :※セット価格
当日    :販売なし
最大入場者数:1,000名
座席指定  :団体指定席
備考    :パイプイス

JTB(開場時間:16時00分)

前売り:4,500円(追記)
座席指定:団体指定席
備考  :パイプイス

左岸会場(梅田側)

梅田会場(開場時間:17時00分)

前売り   :大人4,500円 子供2,500円
当日    :大人5,000円 子供3,000円
最大入場者数:6,500名→8,000名
座席指定  :自由席
備考    :パイプイス

ダイナミックシート(開場時間:17時00分)  オススメ!

前売り   :大人2,500円 子供1,500円
当日    :大人3,000円 子供2,000円
最大入場者数:2,000名→3,000名
座席指定  :自由席
備考    :クッションシート

セブン-イレブンシート(開場時間:17時00分)

前売り   :5,000円
当日    :販売なし
最大入場者数:1,500名
座席指定  :完全指定席
備考    :パイプイス

と色々ありすぎてわからない方も多いはず。
もちろん有料席ですので、どれも無料の場所よりも綺麗に見えますが、せっかくお金を払うのであればできるだけいい場所で、ゆっくり見たいですよね。

※追記2017年6月1日
2017年6月1日よりチケット販売が開始されました。
前年よりも変更点がありますので比較してください。

有料席のオススメ

初めての方や迷っている方は、
パノラマスタンドの「レフトスタンド1」「ライトスタンド1」がオススメです。
価格もリーズナブルです。

毎年、「レフトスタンド1」はすぐに売り切れる傾向にありますので、早めの購入をしてください。写真の通り、「レフトスタンド1」は花火会場の真ん中付近になりますので、花火がよく見えます。

POINT:花火終了後の有料席は、規制があります。値段の高い観客から順番に帰ることができます。

お金に余裕がある方は「エキサイティングシート」「納涼船」「夏ぴあシート」もオススメですよ!帰りも優先的に出れます。

スポンサードリンク

有料席の場所取り方法は?

パノラマスタンドの場所取り
開場時間:16時00分

15時頃には入り口付で待機。

パノラマスタンドは堤防の坂から花火を見ることになりますので、坂の一番上がもちろん一番の特等席です。有料席ですが、はっきりいって激戦区です。どこでも良ければ開場時間に到着すれば場所は取れます。有料の醍醐味ですね。

持参したシートを引くことはマナー違反ですので、入場時にもらったクッションシートをだけで場所取りをしてください。クッションシートの大きさは、40㎝×30㎝ですのでお世辞にも大きいとは言えません。カップルや友達同士で行くときはお互いのシートの間隔をあまり開けないように注意してください。必死に間に入り込む人もいます。

座席指定が自由席の場合は余裕をみて会場付近にいることをオススメします。せっかくお金を払ってまで観るんですからいい場所を取りましょう。1時間前ぐらいに行けばいい場所が取れるかもしれません。

完全指定席の場合はゆっくりと会場に到着すれば問題ありませんが、18時30分以降になりますと規制がかかりますので有料席にも入れない可能性があります。入れなかった場合は、もちろん返金はしてもらえませんので余裕をもったスケジュールで行動しましょう。

注意:18時頃からは駅付近も大混雑で移動もノロノロと進み具合が悪いです。

淀川花火大会の有料席チケット購入について

有料チケットの販売は、2017年6月1日(木)予定となっています。

前売り券販売場所(販売会社によって取扱チケットが異なります)

    • なにわ淀川花火大会事務所

全席購入できます

    • ローソンチケット
    • チケットぴあ

夏ぴあシート販売

    • イープラス

e+(イープラス)間近で観覧エリアはイープラス専用

    • セブンチケット

セブン-イレブンシート販売

  • 近畿日本ツーリスト
  • ウォーカープラスチケット

上記以外にも販売している会社はあります。
販売会社によって取扱チケットが異なりますので注意してください。

まとめ

初めて有料席を利用される方は、パノラマスタンドの「レフトスタンド1」「ライトスタンド1」がオススメです。
淀川花火大会を何度も行かれている方でも、この二つは有料席の中でもリーズナブルで一番良いと言われている場所でもあります。

帰りの事も考えて、お金に余裕があれば「エキサイティングシート」「納涼船」がオススメです。ベストポジションで花火を楽しめ、帰りも優先的に出る事ができます。

2017年のチケット発売日は、2017年6月1日(木)予定となっていますので、あなたにあったプランで楽しんでください。

スポンサードリンク

コメント