みなとこうべ海上花火大会2017年の日程、見所、観覧場所は?

花火大会

関西の花火大会の中でも、特に人気の高い「みなとこうべ海上花火大会」

花火大会の舞台は、「100万ドルとも1000万ドルとも評される」夜景の美しさで知られる神戸となります。

夜景に花火、1年に一回。この素晴らしい雰囲気を一緒に味わえる事ができるのが、「みなとこうべ海上花火大会」になります。

まだ一度も経験されていない方は、一度足を運んでみる価値はあります。

2017年から花火の数が10,000発から15,000発に増えます!

ここでは、「みなとこうべ海上花火大会」にまだ行った事のない方の為に、日程、見所、メインの観覧場所を紹介します。

スポンサードリンク
  

みなとこうべ海上花火大会2017年の日程は?


日程    :8月5日(土)小雨決行(荒天時は中止)

打ち上げ時間:19時30分〜20時30分まで

打ち上げ場所:神戸港(新港突堤〜メリケンパーク南側会場より)

観覧予想人数:約25万人

最寄駅

  • JR     :元町駅・神戸駅
  • 阪神電鉄  :元町駅・神戸駅
  • 阪急:神戸三宮駅

観光スポットとしても人気の高い神戸港が会場でアクセスも比較的しやすくなっておりますが、当日は規制が多くなりますので車、バイクでお越しの方は注意が必要です。
注意荒天の場合は順延されることがない花火大会ですので、近くなったら天候はチェックしましょう。

みなとこうべ海上花火大会2017年の見どころは?

みなとこうべ海上花火大会は、メリケンパーク沖が打ち上げ場所となります。

毎年、テーマに沿ったプログラムで花火が打ち上がり私たちを楽しませてくれます。
立地条件も港というこれ以上ない場所であるため、水上スターマイン、仕掛け花火、尺玉など見所満載となっています。

花火大会プログラム(2016年)

19:20〜 開始アナウンス

19:30〜
港をテーマにしたオープニングからスタート。
歓迎放水でワクワクさせてくれます。

19:42〜
誰もが楽しめるウォーターフロント!
ここから花火も盛り上がってきます

19:53〜
2016年のこの時間の花火はI love「JAZZ」がテーマでした。
日本で最初にプロのバンドによりジャズが演奏された神戸。
3台船から打ち上がる花火が優雅にリズムを刻みました。

20:03〜
神戸の式のテーマに移りゆく景色を、花火の色使いで表しています。

20:13〜
クライマックス目前!カーニバルの華やかさを花火の色彩と音で表現してくれます。
虹色ワイド打ちは必見です。

20:23〜
スペシャルフィナーレ!
何もいうことはありません。

20:30〜
終了アナウンス

スポンサードリンク

みなとこうべ海上花火大会2017年の観覧場所は?

ここではメインの花火大会観覧場所を紹介します。
初めてもの方は、まずは紹介した、いずれかの観覧場所に行けば間違いありませんよ。

地図:

新港第1突堤
大混雑エリア。
打ち上げ場所に最も近い場所で、突堤の南側には協賛席が設置されます。
東側は無料観覧エリアとなり、屋台など出店されています。

メリケンパーク・中突堤
こちらも無料エリアの中でも花火打ち上げ場所から近いことから超人気スポット。
無料の為、かなりの人が集まり例年18:00には入場規制が実施されます。
できる限り早めに到着をオススメします。

ハーバーランド周辺
メイン観覧スポットの一つ。例年早くから大混雑します。16:45頃には入場規制が実施されますので出来るだけ早く到着してください。
車、バイク、自転車での来場はできません。

まとめ

2017年みなとこうべ海上花火大会日程、見所、観覧場所を紹介させていただきました。荒天時は中止になり順延はしない花火大会ですので、日程が近くなってきたら天候はチェックしておきましょう。

見所は、港という好立地から打ち上げられるすべての花火が見所ですが、水上スターマイン、尺玉、フィナーレは圧巻の迫力ですので是非とも近くで見てください。

今回紹介させていただいた観覧場所は、メインの観覧場所になります。大変混雑しますが打ち上げ場所から近いことや屋台の多さなど花火大会の雰囲気が味わえる場所となってますので初めての方であれば一度行く価値があります。

規制にかかることがないように時間には余裕を持って行動してください。

スポンサードリンク

コメント