料理

砂抜きした後のあさりがとにかく臭い!火を通せば食べられる?

投稿日:2018年2月12日 更新日:

あさりを使った料理は、お味噌汁からパスタ、炊き込みご飯とどれもおいしいですよね。

潮干狩りから帰って自分で取ったあさりを調理するのも楽しみですし

スーパーなんかで買ってくるのも良いと思います。

けれど、砂抜きしていざ調理しようと思ってあさりを取り出すと

キツい臭いがこみ上げてくることありませんか?

普段嗅ぐことのない異臭を感じると、このまま食べて良いのかどうか迷いますよね。

まだ買ってきたばっかりだし、大抵は火を通せば食べられるのでは?

せっかくのあさりがもったいないし、仮に腐っていたとしても少しくらい大丈夫では?

今回はそんな疑問にお答えしようと思います。

スポンサードリンク

砂抜きをしたあさりが臭いのはなぜ?

きちんと砂抜きをしたのにアサリから異臭がする。

 

そんな時は、砂抜きをしたアサリの中に既に死んでしまったものがあるということです。

 

磯臭いにおいや硫黄のような「腐っているな」という臭いがします。

また、生息していた環境によっては油っぽい臭いを放つこともあるので

そういったものにも注意しなければなりません。

 

アサリは死んでしまうとすぐに腐ってしまい、異臭を放ちます。

また、砂抜きした中に死んだアサリが混ざっていると、砂抜きした後の水が

白く濁ってしまっているのがわかります。

 

異臭がする死んでしまったアサリは食べられないので

砂抜きをした中に入っていた場合はそれを取り除いて

まだ生きているアサリだけを流水で洗ってから調理してください。

 

新鮮で元気なアサリは無臭です。

 

スポンサードリンク

砂抜きしたアサリが臭い場合火を通せば食べれるのか?

砂抜きしたアサリの数が多くて、どれが死んでしまったアサリか判別できない。

そういう場合もあるかと思います。

 

また死んだアサリは食べられないということを知らず、そのまま一緒に

調理してしまうこともあるでしょう。

 

そうなった場合の判別方法としては

加熱した時にアサリが開いているかどうかで見ることができます。

 

アサリのような2枚貝は

貝柱によって貝を閉じようとする働きと

蝶番にある靭帯によって貝を開こうとする働きを持っています。

 

死んでしまった場合、貝柱の機能が失われて蝶番の開こうという働きを抑えきれず

半開きになるというわけですね。

 

これが加熱前から死んでいた場合、そもそも蝶番の開く力が残っていないので

加熱しても閉じたままになるのです。

 

実は蝶番の機能がうまく働かず

開くことができないだけで生きている貝もあるのですが

それを判別するのは難しいです。

 

開かなかった貝は、少しもったいないと思っても捨ててしまうのが

無難です。

 

異臭を出して死んでいる貝からは、加熱しても消えない毒が含まれています。

万が一食べてしまった場合には、最低でもお腹を下してしまうことでしょう。

 

更に一時期話題になったノロウイルスは、アサリが生息する場所に潜んでいることが

多くあり、感染経路としてアサリが挙げられることもある程です。

 

アサリを調理する時は、60度くらいのお湯で10分程度湯通しなどの

加熱を行ってからの方が良いでしょう。

 

念には念を入れて、アサリを調理した後は、使った調理器具を消毒しておくことも

重要です。

 

例えば包丁なら、85度以上のお湯で10分以上加熱することで

包丁についたノロウイルスを殺菌することができます。

 

ついでにまな板や食器も煮沸消毒すれば、より安心です。

 

まとめ

基本的に異臭がするアサリは食べない方が良いです。

砂出しをする過程で食べても大丈夫なのかそうでないのかがわかる分

うっかり食べてしまうことは少ないように思いますが、気をつけてください。

アサリを使った料理はどれもおいしいものばかりですので

正しい処理の方法を知って、アサリ料理を楽しんでください。

 

あさりが腐ると臭いでわかる!しっかり見分けて上手に砂抜き!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-料理

                         

関連記事

不安を解決!じゃがいもの芽は食べると危険?!どれくらいだったら大丈夫?

じゃがいもはヨーロッパでは「庶民の食べ物」として食べられていました。 庶民の命をじゃがいもでつないでいた時期もあり、各地にはじゃがいも料理がかなりあるそうです。 その理由は「どこに植えても育つ」「茹で …

タケノコのアク抜きに失敗した時の対処法!茹でた後の臭いの原因は?

筍といえば、春の旬の食材。 煮ても良し、焼いても良し、炊き込みご飯にしても本当に美味しいですよね! しかし、そんな美味しい筍の厄介なところ… アク抜きで大変な思いをした主婦の方も少なくないのではないで …

めちゃ簡単!ハンバーグの仕込みって前日からするの?保存方法は?

子供から大人までハンバーグといえばみんなが大好き! グリル焼きしたり、煮込みハンバーグにしたり、中にチーズを入れたりと、 ハンバーグと言ってもいろいろなレシピがあります。 仕込みも意外に大変で、ハンバ …

アサリの砂抜きを一晩中常温ですると真夏の場合はどうなる?

母はアサリの砂抜きをしません。 理由は「パックに塩水が入っていてそこでもう塩抜きされているから」らしいです。 私がアサリを使う時はだいたい夜なので朝か昼に塩抜きをします。 父もそうです。 ちなみに夏場 …

新ごぼうの保存には土の中がいい?ごぼうの中が赤いのはOK?

古くから日本人の食卓で親しまれてきたごぼう。その中でも4~6月が「新ごぼう」の 旬と言われています。時期になると、香りのいい新ごぼうがスーパーなどの旬の食材 コーナーに並びますね。 お買い得で美味しい …