茹でたそうめんが余った時の保存方法は?冷凍はできる?

料理

夏の食べ物の定番料理に、「そうめん」があります。

このそうめんは、束で売られていますので、料理するときも、量はこの束で計算します。

この束の量が、ぴったりと食べきりの量であればいいのですが、

時には多すぎて、ゆでたそうめんが残ってしまうことがあります。

残ったそうめん、食べれないけれど、そのまま捨てるのも、もったいないですよね。

 

スポンサードリンク

茹でたそうめんが余った時の保存方法は?

茹でたそうめんは、粘りが出て、そうめんとそうめんが引っ付いてしまいますよね。

また、氷で冷たくして食べた後は、ずっと水に浸かった状態になっていることが多いです。

見た目は、「もうこれ、伸び切っちゃってるから、捨てるしかないよね」

と言ってしまいそうな状態ですよね。

 

ですから、仕方なく捨てていた、という人も多いのでは?

実は、茹でたそうめんは、保存が可能なのです。

茹でたそうめんは、水気をよく切って、ラップに包み、ジップロックやタッパーに入れて、

冷蔵庫に入れて保存ができるんです。

 

「そのまま保存したら、べとついて団子みたいになるんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

 

食べるときに、水でそうめんを洗えば、問題の粘りは消えてしまいます。

水で洗ったそうめんは、そのまま料理に使えますよ。

水で洗うのが面倒という方は、保存したそうめんに、

めんつゆをかけて、このつゆでそうめんをほぐすと、このまま食べられます。

 

いわゆる「ぶっかけそうめん」ですね。

お好みの薬味をのせて、召し上がって下さい。

また、マヨネーズをかけて、スパゲティサラダならぬ、

「そうめんサラダ」でもおいしく食べることができますよ。

 

温かいそうめんがいい、という方は、フライパンでごま油と炒めたらいいですよ。

そうめんを炒める「チャンプルー」なんていかがでしょうか。

ちなみに冷蔵庫で保存できるのは、2日以内までが理想です。

あまり長時間冷蔵庫で保存するのもよくないですね。

 

やはり食べられると言っても、ゆでたてのそうめんに比べれば、味は落ちますね。

 

スポンサードリンク

茹でたそうめんは冷凍できる?

「冷蔵庫にいれても多少は持つんだから、冷凍もできるんじゃないの?」

と思った方は、大正解です。

 

茹でたそうめんは、冷凍も可能なんですよ。

ゆでたそうめんの水気を切って、ジップロックなどの保存袋に、

できるだけ平らになるように入れます。

 

そして、空気は抜かずに、袋の中に空気を入れたままで冷凍室で凍らせます。

冷凍庫に入れて、だいたい凍ったら、一度そうめんを取り出して、

今度は空気を抜いて、再び冷凍庫に入れます。

 

これで、冷凍保存は完了です。

冷凍したそうめんのおすすめの食べ方は、温かいものにそのまま入れて食べる方法です。

にゅう麺は、そうめんとつゆを別々に煮立てる必要がありますが、冷凍そうめんを使えば、

簡単にできます。

 

煮たてたつゆに、冷凍そうめんをそのまま入れて温めます。

これでにゅう麺の出来上がりです。

同じように、水と鶏がらスープの素、お好みで醤油やごま油を入れたスープで、

あっさり中華風にできます。

 

また、トマトスープの中に入れて粉チーズなど入れると、イタリアン風になりますよ。

冷凍したそうめんは、自然解凍でも食べられますし、市販の冷凍うどんのように、

電子レンジでも解凍しても大丈夫です。

 

保存できる期間は、2、3週間程です。

 

冷蔵庫に入れて保存したそうめんと同じように、やはり冷凍したそうめんも味は落ちます。

そのまま食べるより、何かに料理して食べた方がおいしく召し上がることができるので

お勧めです。

 

まとめ

昔、筆者が読んだ料理本の中に、「そうめん弁当」というものがありました。

つゆをタッパーに入れて一晩冷凍、ゆでたそうめんと薬味を冷蔵庫で保存して、

翌日はそのまま弁当にして持っていく、というものです。

お昼には、いい具合につゆが解凍できているらしいのですが、筆者は作りませんでした。

興味のある方はいかがでしょうか。

スポンサードリンク