連休中の献立は〇〇で手抜き出来る!作り置き料理もフル活用しよう!

料理

ゴールデンウィークなど、連休になると、普段は学校や仕事で食事をしている家族も、

お家で食事をすることになります。

1回でも食事を作ることになると、いつもの生活のリズムと違ってくるので、

どうしても「うわあ、どうしよう」と考えてしまいますよね。

だからといって、毎日店のお惣菜や外食は不経済です。

お子さんが料理ができる年齢なら、お手伝いをお願いしたいところですが、

お子さんに献立までは難しいですよね。

せっかくのお休みですかが、お母さんも少しは休みの気分でいたいですよね。

面倒くさがり屋にオススメ!連休中の献立はパンと麺で手抜き出来る!

連休中の食事の中で、一番面倒くさいのは昼食ですよね。

 

いつもなら、家にあるもので適当に済ましたり、仕事でお弁当を食べたりして、

この時間にしっかりとした料理をすることはあまりない、と思います。

 

そういった方にお勧めなのが、パンと麺類、です。

 

パンはパンでも、食パンなど、菓子パンではなくてしっかりとした食事パンですよ。

焼いて食べるだけでもO.K、おやつにそのままバターやジャムを塗ってもおいしいですよね。

昼食はこれだけ、という方もいるでしょうが、お子さんがいると、食育には都合が悪いです。

 

筆者がよくやるのは、「ピザトースト」です。

食パンに、ソースを塗って、余った野菜の切れ端を並べて、チーズをかけてオーブンで焼くだけです。

 

食パンの上に野菜やチーズをのせることで、栄養バランスもよくなります。

 

ソースは、市販品もありますが、ずぼらな筆者は、

トマトケチャップと中濃ソース、あと少し醤油をたして混ぜたものを塗って焼いています。

 

きっちりとピザの味にしなくても、食べておいしければO.K!

というずぼらの極致のような感じですが、家庭ではそんなものもあり、ではないでしょうか。

もちろん、和風な味付けでもいいですね。チーズの代わりに、

マヨネーズを使うと、コクがでて、子どもでも食べやすくなります。

 

玉ねぎ、にんじんなど固い野菜は、先にレンジで温めておくといいですよ。

 

もう一つおすすめのなのは、麺類の中でも「パスタ」です。

節約したければ、米とパスタを食べたらよい、と言われていますよね。

さらに、和洋問わず、様々な味付けもできます。

またパスタと言えば、簡単に食べられるレトルトソースが豊富ですよね。

 

さっと時間がないときにも重宝しますし、パスタとともに保存もできますから、

安い日に買いだめもできます。

せっかく楽したい連休なのですから、これを使わない手はありませんよね。

トマト缶を使って、ミートソースやトマトソースを作って楽しむのもいいですが、

それも面倒であれば、レトルトソースを工夫してみましょう。

 

カルボナーラソースには、レンジでゆでた青菜を入れると、栄養のバランスが良くなります。

和風ソースやミートソースには、オリーブオイルでベーコンを炒めて、

その中にソースを空けて煮詰めると、コクが出て本格的になります。

 

また、もっとピリッとさせたいときは、オリーブオイルをフライパンに入れた時に、

唐辛子を1本(中の種は取り除いておく)入れて、しばらくオイルとなじませます。

 

その中に、レトルトソースを入れると、唐辛子の辛さがオイルに染み出して、辛さがでますよ。

また、レトルトソースを買うのは高くつくけど、手間は省きたいという人は、

混ぜるだけのパスタというのもあります。

 

おすすめは、「ツナマヨ」です。

おにぎりの具でおなじみですが、パスタにももちろん合いますよ。

作り方は、パスタをゆでている間に、ツナ缶をボールに空けて、

そこにマヨネーズ、塩、こしょう、お好みでしょうゆを垂らします。

 

玉ねぎをみじん切りを入れると、大人の味になります。

そして、ゆであがったパスタを入れて混ぜるだけで、出来上がりです。

仕上げに、のりをのせると見栄えが良くなります。

スポンサーリンク

ズボラ主婦の連休中の献立!作り置きできる料理で料理時間を大幅カット!

DSC_0001

連休中の献立の中に、作り置きできるものを一品入れるだけで、料理の手間は随分楽になります。

 

「作り置きって、なんだか材料もたくさん使いそうだし、手間もかかりそうで面倒だわ。」

と思われるでしょうが、気を張る必要はありません。

 

ささみをレンジで酒蒸しして、ほぐしたものを冷蔵庫に入れておくだけでも、

りっぱな作り置きです。

 

つまり、一から作るのは面倒だけれど、なにか一つの工程をやっておけば、

何かと使えるものを用意するようしておきましょう。

 

筆者がやっているのは、油揚げを油抜きして刻んだものや、青菜、きのこを冷凍しています。

この冷凍したものだけで、炊き込みご飯と味噌汁が出来上がります。

きのこは、冷凍したほうが栄養価は高いですし、何かの料理のかさ増しに使えます。

 

先程出たささみの酒蒸しは、お昼のピザトーストやパスタソースにも入れることができますよね。

毎日必ず食べる食材を見て、カットして冷凍保存ができるものは、

どんどん切って、冷凍庫に保存しておきましょう。

 

野菜を切る工程を減らすだけで、料理の手間はかなり減ります。

手間が減ると、料理が面倒くさい、といういやな感情も、少しは軽くなりますよ。

 

まとめ

上記以外にも、市販のレトルトソースやシーニングスを使って、

本格的な料理が簡単にできるものもあります。

お惣菜を買うより、値段は安くて済みます。

そういったものを上手に使って、おいしく、楽に料理が出来たらいいですね。

スポンサーリンク