西日本大濠花火大会の2018年の日程は?地元民が教える穴場スポット

花火大会

福岡市の夏の空を彩る「西日本大濠花火大会」は、

大濠公園の中央にある池が打ち上げ場所となっており、

360度すべての角度から、花火を観覧できる花火大会です!

毎年、来場者数が40万人を超え、

福岡市民の誇りともいえるこの花火大会が、今年も開催されます。

「今年は、デートで西日本大濠花火大会へ行こう!」と思っている、そこのあなた!

今回は、花火デートを楽しんでもらえるよう、西日本大濠花火大会のおすすめの穴場スポットや、

屋台情報をご紹介いたします!

スポンサードリンク

西日本大濠花火大会の2018年日程は?

名称    :第56回西日本大濠花火大会

日程    

毎年、8月1日に開催されていますので、

今年も例年通り、2018年8月1日(水)だと予想されます。

打ち上げ場所:大濠公園(福岡市中央区)

打ち上げ時間:20:00 〜21:30

       ※荒天時の場合は、8月2日(木)に順延。

 

打ち上げ数: 6000発

予想来場者:約41万人

最寄駅  : 福岡市営地下鉄「大濠公園」駅からすぐ

西鉄バス「黒門」「西公園」を下車して徒歩5分

 

車でのアクセス:駐車場はございません。

また、大濠公園周辺は、交通規制が行われます。

自動車や自転車での来場はできませんが、

会場を往復する地下鉄・西鉄バスの臨時便が予定されていますので、

交通機関を利用することをオススメします。

 

 

公式HP https://www.nishinippon.co.jp/

2018年度の花火大会に関しては、まだ公表されていませんが、

こちらのホームページに更新されます

スポンサードリンク

地元民が教える!西日本大濠花火大会の穴場スポットは?

打ち上げ会場の大濠公園や、隣接する舞鶴公園は

毎年、多くの来場者で溢れ、人混みを歩くのも大変です。

 

デートで来られるカップルの方も多く見られますが、

歩きにくい浴衣と、慣れない草履を履いた女性にとっては、

人混みで、少々疲れてしまうかもしれません。

 

そこで、今回は比較的人が少なく、

ゆっくりと観覧できる穴場スポットを3つ、ご紹介いたします!

 

 

場所:西公園(地下鉄「大濠公園」駅より、北に徒歩10分)

一言ポイント:

・高台にある公園で、打ち上げ場所から近いので、

臨場感のある打ち上げ花火が見られます。

・広い公園ですので、夕方以降に行っても、ゆっくりと花火が見られます。

 

トイレ情報 :

・公園内に2箇所あります。

・地下鉄「大濠公園」駅内にも綺麗に整備されたトイレがありますので、

西公園に行く前に利用すると良いですね。

 

備考      :

・大濠公園駅付近と、西公園に向かう道筋にコンビニがあります。

・大濠公園に並ぶ出店で食べ物などを購入して、西公園に向かうのもアリです。

 

 

場所:南公園(地下鉄「桜坂」駅より徒歩13分)

一言ポイント:

・福岡市動植物園のそばにある公園で、小高い丘になっており、

花火が一望できます。

公園内の展望台にのぼれば、花火と共に夜景も楽しめますので、

 カップルの方々に人気のスポットです。

 

トイレ情報 :

・公園内に1箇所あります。

・地下鉄「桜坂」駅にもトイレが設置されていますので、

公園に向かう前に利用されることをオススメします。

 

備考:

・西公園に比べ、打ち上げ場所から少々離れていますが、

花火は綺麗に見えます。

・比較的空いていることが多いので、場所取りの必要はないと思います。

 

 

場所:福岡ヤフオク!ドーム周辺(地下鉄「唐人」駅より徒歩20分)

一言ポイント:

・ドームのゲート周辺は高台になっており、高層ビルなどが少ないので、

花火を一望できます。

・車で行きやすく、花火を見るために来る人が多いですが、

 広々としているので、夕方以降に向かっても大丈夫です。

 

トイレ情報 :

・ドームの外側に、3箇所ありますが、個室が少ないので、

女性のトイレは混む可能性があります。

 

備考      :

・ドーム横のヒルトン福岡シーホークのレストランからも

花火が見えますので、思い切ってレストランで花火デートしてみるのも

良いかと思います。その際は、早めの予約が必須です。

 


場所取りは必要?

大濠公園の中央にある大濠池から花火を打ち上げるため、

大濠池の周辺はとても人気スポットですが、

朝8時から場所取りをしないと、すぐに埋まってしまいます。

※朝8時より前は場所取りを禁止していますので、ご注意ください。

 

また、芝生に座ったり、スタンドで観覧することができる「平和台陸上競技場」は、

有料観覧席となっており、1ヶ月前からチケットが販売されます。

※大人:1200円、子供(小中高生):600円

 

カップルでゆっくり花火を楽しみたいのであれば、

有料観覧席や先ほど紹介した穴場スポットがオススメです。

 

屋台情報

打ち上げ場所の大濠公園と、隣接する舞鶴公園付近に、約400店、屋台が出店されます。

 

屋台は、当日の16時ごろより営業を始めます。

18時頃には混みだしますので、早めに屋台巡りをすませて、

観覧できる場所に移動されると良いですね。

 

また、大濠公園周辺には個人経営の飲食店がたくさんあり、

花火当日は、店前で食べ物や飲み物を販売している店舗があります。

屋台とはまた違った楽しみ方ができますよ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今年の西日本大濠花火大会は、例年通りであれば、平日の開催だと思われます。

お仕事などで、早朝からの場所取りが難しい場合は、

今回ご紹介しました穴場スポットや、有料観覧席の予約がオススメです!

また、公園などは蚊が多いですので、虫除けスプレーを持参しておくと安心です。

年に一度の花火大会、ぜひ今回ご紹介したことを参考にしていただき、

楽しいデートにしてくださいね!

スポンサードリンク