スポンサーリンク

鏡開きをお祝いの席で行う意味は?結婚式にもオススメする理由とは?

行事

お祝いの席で日本酒の樽をわり、お酒をふるまう鏡開きとは何ために

行われているのでしょうか?おめでたいことで用いられるもののようでは

ありますが、鏡開きの本当の意味はなんでしょうか?これから結婚式を

むかえるかたにもわかりやすく、鏡開きの意味についてお伝えします!

 

鏡開きの本当の意味は?結婚式で行う本当の理由とは?

鏡開きは、戦国時代などで戦にむかう武士たちを励ますために酒樽を割って

ふるまったことが始まりだと言われています。

 

鏡のような丸いふたを割ることで、運を開くという縁起のよい意味をもっています。

そのころ、鏡にはたましいが宿るとされていて、「割る」ことは縁起がわるいため、

「開く」という表現が使われています。

このほかに、お正月に神さまにお供えしたおもちを「鏡」として、それを割って

食べることも鏡開きと言われています。

 

鏡開きが持つ、ふたりの門出祝う演出が、結婚式にはすごくぴったりですね!

和装にとてもマッチした目を引く演出なので、有名人の結婚式などでも人気

なのです。列席者にも印象的な一生の思いでになることでしょう。

スポンサーリンク

 

結婚式での鏡開きはだれが行うの?樽の中身は何がいい?

結婚式では、新郎・新婦やそのご両親たちでとり行うことが多いようです。

一般的には、司会進行のかたのかけ声で、「せーの!」「よいしょ~!」と

樽のふたを木づちで叩き、「おめでとうございま~す!」と、列席者の拍手で

締めくくります。

 

ふたはあらかじめ割れ目が入っていて、軽くたたけば割れるようになっています。

おめでたい席なので、木づちや樽には紅白リボンなどのお飾りがほどこされます。

また、樽の中身についてはさまざまです。

自分たちの好みの日本酒樽を使用したり、ワインやジュース、お菓子などに

変えても楽しめます。

 

鏡開きでポピュラーな樽の大きさは、「4斗樽」という、60センチ×60センチの

大きさのタイプです。見ばえもよく人気ですが、お酒を入れると最大36リットル

約200人前になります。

 

量は調節できますので、あとで捨てることなどがないように気をつけたいですね。

料金は、3万円台から7万円台と幅がひろく、大きさも4斗樽からギフト用の

ミニタイプまでさまざまです。商品えらびも予算などに合わせて、どんなふうに

演出をしてみたいのかを考えながら、お好みのものを見つけてみてくださいね。

 

まとめ

自分がどうしいう結婚式をしてみたいか?いざとなると、どうしたらいいか

わからなくなる時もあります。そういう時は具体的にイメージできるように

経験者の式のようすを聞いてみたり、いろいろな情報を集めてみると、ご自分が

何をしてみたいか浮かんでくるようになると思います。

 

誰かと比べる必要はありません。自分たちだけのすてきな時間をぜひ想像して、

楽しみながらいろどりを考えていってみてください。

スポンサーリンク

コメント