年越しをディズニーで!倍率と値段は?バケパはどんなのがあるのかな!

行事

現実の世界から抜け出したような気分になれる夢の国、東京ディズニーリゾート!

日をまたいで東京ディズニーリゾートを満喫できるのは、年に一度のチャンス!

真夜中にのるスプラッシュマウンテンやジャングルクルーズはスリル満点!

年越しの瞬間を花火でお祝いできる大人気のカウントダウンイベントは、ディズニーランド&シーのパーク内をオールナイトで遊ぶことができます。

また、この日限定のフードメニューもあったりして、まさに東京ディズニーリゾートでの年越しは、普段体験することの出来ないような、貴重な体験ができます。

しかし、気になるのは年越しディズニーを楽しむために必要なチケットの値段や倍率。

また、どんなバケーションパッケージがあるのかも気になりますよね!

今回は年越しディズニーのカウントダウンチケットの倍率や値段、バケーションパッケージなど、気になることを紹介します。

スポンサードリンク

 

年越しディズニーのカウントダウンチケットの倍率は?

 

毎年「ニューイヤーズ・イヴ」の倍率は非常に高いと言われています。

さらに今年からは、カウントダウンチケットでのパーク滞在時間が延長され、両パークの行き来が自由になる特典が追加されたことで、去年よりも倍率が跳ね上がることが予想されます。

 

また、応募期間が伸び抽選回数も増えたことから、今年は例年よりも多くの方が応募してくるかもしれませんね。

 

それでは、2018年の「ニューイヤーズ・イヴ」のチケット当選倍率はどれくらいなのでしょうか?

 

ネット上の情報をまとめると、ここ近年のチケット入手確率は12%とのことです!

倍率で言うと約8.3倍です。

つまりチケットに応募する人が100人の応募者がいたら12人、25人いたら3人がゲットできるということですね。

 

たしかにこれは入手難度が高い数字ですが、カウントダウンパレードがあった2011年までのカウントダウンの倍率は今よりも熾烈でなんと8%でした!

 

今年はチケット応募が3回に増えたので、当選のチャンスも増えるかもしれませんね!

1回落選してしまっても、諦めずに応募し続けることが、チケットを手にする鍵になりますよ!

 

 

年越しのディズニーリゾートの値段はどのくらい?

 

ディズニーリゾートでのカウントダウンイベントを楽しむために必要なチケットの値段は、9700円です!

 

これは、大人・中人・小人(4才以上)均一料金です。(3才以下のお子様は無料)

 

値段だけ見ると高い気もしますが、2018年12月31日の午後8時から2019年1月1日の午後10時まで、しかも1日の午前4時からは両パークの行き来が自由にできると考えると、安く思えますよね!

 

スポンサードリンク

 

ディズニーカウントダウン「ニューイヤーズ・イヴ」とは?

「ニューイヤーズ・イヴ」とは、毎年ディズニーランドとディズニーシーで行われるカウントダウンイベントのことです。

 

深夜ディズニーを満喫できることで、大人気な「ニューイヤーズ・イブ」ですが、今年からカウントダウン後の滞在時間が大きく変わりました。

 

2017-2018までは、1月1日の朝6時に一度閉園され、1日は別途通常の1dayパスがないと入園できませんでしたが、2018-2019からは、1日の朝4時から両パークが行き来自由になり、夜10時まで通しでパークを楽しめるようになります!

 

実は東日本大震災前があった2011年以前までは、ディズニーのカウントダウンは今回同様、通し営業をしていました。

 

しかし、震災があってからは、朝6時に一度閉園して、8時か9時に再オープンする形となっていたのですが、今回はそれが昔のスタイルに戻るということなんです。

 

パーク内では深夜のアトラクションに乗ったり、大晦日限定の特別メニューなどを味わうことができます。

また、ディズニーニューイヤーズ・イヴの応募時にディズニーリゾートラインのフリー切符を事前申し込みしておくと、当選者限定デザインの切符が買えます。

 

カウントダウンイベントとしては、年越しの瞬間午前0時からカウントダウンがスタートし、新年を迎えた瞬間に感動的な花火がパーク上空に華を咲かせます。

ディズニーリゾートの年越しは、他では味わえない貴重な体験が待っています♪

 

 

おすすめのホテルは?

 

カウントダウンディズニーを計画している方は、ディズニーホテルに宿泊することも想定します。

 

しかし、年末年始のディズニーホテルは通常よりも値段が高くなること以外に、早い段階で満室となり、なかなか予約取れません。

 

特にディズニー周辺ホテルの中でも、

ディズニーアンバサダーホテル

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

東京ディズニーランドホテル

東京ディズニーセレブレーションホテル

 

は、11月の段階で満室になってしまうことがほとんどなんです。

 

そこでおすすめなのが、ディズニーのオフィシャルホテルサンルートプラザ東京」や「東京ベイ舞浜ホテルに宿泊すること!

 

お値段もディズニーホテルよりも確実に手頃ですし、何よりパークに最も近いホテルとして人気が高いのです。

 

また、ホテル内にはディズニーショップも入っているので、わざわざ混雑しているパークでお土産を買わなくても、ホテル内で購入することができます。

ホテルの客室も、「サンルートプラザ東京」ではディズニー気分に浸れるかわいいお部屋が揃っていますし、「東京ベイ舞浜ホテル」では高級感溢れる上品なお部屋に泊まることができます。

 

カウントダウンイベントではパーク内がとても混雑します。

イベント期間中は再入場も可能ですし、滞在可能時間が伸びたので、最後までディズニーカウントダウンを楽しむために、疲れてしまった時に休憩できるホテルを確保しておくことをおすすめします。

 

バケーションパッケージはどんなのがある?

 

バケーションパッケージとは、ホテルの宿泊にパークチケット、その他いろいろな特典がセットになったプランのことです。

 

年越しディズニーの他にも、季節ごとに様々なプランがありますが、今回はディズニーリゾートで年越しができるバケーションパッケージを紹介したいと思います。

 

年越しを楽しむための「ニューイヤーズ・イヴパスポート」が含まれているバケーションパッケージは、基本2泊です。1泊での取り扱いはありません。

  • ヴェネツィアン・ゴンドラに乗って2019年の幕開けを海の上でお祝いするプラン
  • 35周年の新エンターテインメントを元日に楽しむプラン
  • 「ニューイヤーズ・イヴ」ショー鑑賞セレクトプラン

 

など、他にもたくさんのプランがあります。

 

どのプランにも「“ニューイヤーズ・イヴ”3デーパスポート・スペシャル」が含まれており、その他に、各プランにあった特典が付いています。

 

年越しディズニープランのバケーションパッケージはオンラインでのみ申込みすることができます。

 

バケーションパッケージは抽選販売ではありませんので、確実に年越しディズニーをしたい方向けのプランです。

 

 

まとめ

 

「ニューイヤーズ・イヴ」は1年の終わり・1年のスタートをディズニーで過ごしたい!というディズニーファンが集まる特別なイベントです。

 

普段は味わうことのできない、深夜のディズニーリゾート。

年に一度のこの機会に、貴重な体験をしてみませんか?

 

新年の門出を夢の国で迎え、ぜひ素敵な思い出を作ってくださいね♪

スポンサードリンク