【中国株マーケット情報】本土市場は春節で休場、香港は1/26~27の2日のみ取引

株式・金融

本土市場は春節で休場、香港は1/26~27の2日のみ取引

1/23~27の中国本土市場は春節の祝休日で休場。香港市場は1/26~27の2日間のみ通常取引となる。

1/17に発表の10~12月GDP成長率は前年同期比+2.9%と、7~9月の同+3.9%を下回ったものの、Bloomberg市場予想の同+1.6%を大きく上回った。12月に新型コロナの感染が急拡大し、10~12月GDP成長率予想は引き下げが続いたが、感染拡大の影響は予想よりも小幅に留まったようだ。12月の主要経済指標は概ね市場予想を上回り、GDP成長率と相関の高い鉱工業生産は前年同月比1.3%増と、11月実績の同2.2%増から減速したものの、市場予想の同0.1%増を上回った。感染急拡大を受け、小売売上高の外食売上は同14.1%減と、減少幅が11月から拡大したが、薬が同約4割増、食品も同約1割増となり、小売売上高全体では同1.8%減と、市場予想(同9.0%減)や11月実績(同5.9%減)よりも減少幅が小幅に留まった。また、不動産支援策等の寄与で不動産業が改善を見せ、インフラ投資が相対的に高い伸びを維持した。

北京大学は中国国内の新型コロナの感染者数が累計で約9億人(人口の64%)に達したとの研究結果を発表した。春節休暇での人の大移動を介し、今後は地方で感染が拡大する可能性がある。加えて、香港市場は昨年11月以降の急騰もあり、利食い売りに押されやすい状態。1/26~27の香港市場は軟調な展開になると考える。

(1/18記 投資情報部 白岩)

紹介銘柄

安踏体育用品(アンタ・スポーツ・プロダクツ)(香港・02020/ Z4649)

◆21年のスポーツシューズ・ウェア分野の中国市場シェアは16.2%で、ナイキに次ぐ2位

◆22年6月中間期の売上高は前年同期比13.8%増の259億元だったが、純利益は同6.6%減の35億元。都市部での店舗展開が多く、ロックダウンの影響を大きく受けた形。全体の粗利益率は同1.2pt低下の62.0%だったが、李寧(02331)の50.0%を大きく上回る

◆若年層への訴求やデジタル化、マルチブランド戦略の強化などを進め、25年までにシェアトップを目指す。中国では政策的後押しやライフスタイルの変化に伴いスポーツの存在感が拡大中。杭州アジア大会(23年9月開幕)によるスポーツ熱の高まりと販売後押しに期待

(上海駐在員事務所 奥山)

アリババ集団(香港・09988/Z8924)

◆主力のEC事業のほか、クラウド、フィンテック、ネット出前や物流など幅広いサービスを提供

◆7~9月期は前年同期比3%増収、同13%増益(Non-GAAPベース)。純損益は投資先評価損の大幅増などにより赤字転落

◆自社株買いの取得枠を250億米ドルから400億米ドルに増額。香港市場でのプライマリー上場が実現すれば、中国マネーの流入による需給改善が期待できる。傘下のアント・グループは、22年末に金融当局から消費者金融子会社の増資承認を取得。23年1月には主要株主の議決権整理(馬雲氏が実質支配株主から外れた)により企業統治を強化する等、監督当局の基準に基づきIPOの準備を推進

(東洋証券亜洲有限公司 キョウ)

この情報は東洋証券のHPを基に提供させていただいております。

弊社、K&Cアセットマネジメント株式会社は東洋証券株式会社と業務提携しております。

運用のご相談や何かお問い合わせがありましたら、お気軽にK&Cアセットマネジメント株式会社にご連絡ください。



ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。