証券口座を開設するための必要なものや手続き【事前に確認しておく事】

株式投資

証券投資をするためには、証券会社で証券口座を開設をする必要があります。証券会社も担当者が付く対面証券や非対面で担当者が付かないネット証券があり、証券会社の数もいくつもあります。対面証券やネット証券にはそれぞれの善し悪しがあります。どこの証券会社で口座開設するかは、あなたの投資目的や運用方法に合っているかをしっかり確認してから口座開設をしましょう。

担当者が付いて、投資アドバイスが欲しいという事なら対面証券が良いと思います。有名な大手の証券会社だと、野村證券、大和証券、日興証券だと思います。大手証券会社の良いところは、情報量が多いこともありますが、取り扱う商品も非常に多い事です。日本株の取扱はどこも同じですが、米国株などの外国株は証券会社によっては取り扱う銘柄が少ないところもあります。他にも投資信託や債券の種類や取扱量が多いです。それ以外では、証券以外(不動産、保険、税理士の紹介、M&Aなど)の相談にも対応している事です。そして大手の証券会社はPOやIPOの主幹事や幹事になることが多く、希望申告すればPOやIPOが配分される可能性が高いのも魅力です。担当者と相性が合わなくて辛い…といった場合は担当者変更を希望すれば変更可能なので問題ありません。ちなみに対面証券でもネット注文を出す事は可能です(純粋なネット証券よりは手数料は高いです)

株歴40年超のプロが今、買うべきと考える銘柄

非対面のネット証券は担当者が付かないので、自分で情報収集をして、自分で注文発注を行う必要があります。対面証券会社との差は担当者が付かなくて相談することが出来ませんが、その分対面証券より手数料が低い事です。ネット証券で運用をしていこうとするならば、ある程度の知識がない難しいかもしれません。運用経験が長くて、知識やスキルがあるなら別ですが、初めて証券運用をされる方やあまり運用経験がない方だと、保有商品が下がった手マイナスが出た時、不安でストレスを抱えてしまいパニックになり売却しなくて良い時にも慌てて売却したりしてしまうケースがあります。

ネット証券の最大の魅力は圧倒的手数料の安さです。商品ラインナップも今はかなり充実しているので、対面証券より極端に少ないことはないと思います。逆にネット証券にしかない商品もあります。

証券会社で口座開設をする前に自分がどういう運用がしたいのか、また自分の証券知識やスキルレベルがどれくらいなのかをしっかりと確認してから口座開設することをおすすめします。

証券口座を開設するために必要なもの

証券会社に当日いきなり訪問しても、必要書類がないと口座開設は出来ません。ネット証券で証券口座を開設する時も同じように必要書類がないと口座開設できません。それでは、証券口座を開設するために必要なものとは?

本人確認をするためのマイナンバーカード(ない方は個人番号が記載されている住民票など)と運転免許証です。運転免許証がない方はパスポートや住基カードでも可能です。つまり顔写真付きの本人確認証が必要です。

対面証券だとこれ以外に印鑑銀行カードが必要になると思います。銀行カードに関しては、売買の利益、配当金や分配金、運用を終了してお金を返金する時の為に登録するためです。

口座開設の手続き自体は昔と違い、書類自体分かり易く簡素化されているので、そんなに複雑で時間が掛かることはないと思います。

証券口座は開設される前に審査があります。審査に問題がなければ、対面証券だと翌日には口座開設されると思います。ネット証券だと7日から10日ぐらいのイメージです。審査で問題ありと引っ掛かった場合は口座開設をすることが出来ません。

無事口座開設が出来て取引をするにあたり、口座番号やパスワードなどはしっかり控えておくことをおすすめします。