中国株マーケット情報、春節の長期祝休日前に利食い売りの展開か(2023年1/16~1/20)

株式・金融

春節の長期祝休日前に利食い売りの展開か

1/16~20の中国株式市場は利食い売りに押される展開を想定する。

1/8には中国国外や香港からの中国本土への入境者に対する隔離措置が撤廃され、ゼロコロナ政策はほぼ撤廃された模様。ゼロコロナ政策の撤廃に伴い、人の移動が活発化したとみられ、主要都市では住民の7~8割が感染し、集団免疫が達成された可能性がある。その後は経済活動の正常化が一段と進んでいるようで、23年1月初めに深センの地下鉄乗客数はコロナ前の19年末を上回った。

大手旅行会社トリップドットコムによると、1/5までの春節(1/21~27)の旅行予約は前年比45%増で、うち遠距離旅行は同7割増と拡大している。都市の消費は確実に拡大しているようだ。ただ、旅行や帰省の増加は地方の感染拡大をもたらし、2月半ばにかけ地方の市民生活が混乱するとみられる。

1/17は10~12月GDPと12月主要経済指標の発表が予定される。12/31発表の12月購買担当者景気指数(PMI)は非製造業を中心に大幅に下振れしたこともあり、12月主要経済指標は感染拡大を受け、大幅に悪化すると考える。10~12月GDP成長率も下振れしよう。上海総合指数は12/30から6日間連続で上昇し、ハンセン指数は直近の底値(14,597、22/10/31)から1/10までに46%上昇した。1/16からの週は1/21からの春節の長期祝休日を控え、利食い売りが出やすいタイミングと考える。

(1/11記 投資情報部 白岩)

この情報元は東洋証券のHPより

弊社、K&Cアセットマネジメント株式会社は東洋証券と契約しております。

何かご相談やお問い合わせがありましたら、お気軽にK&Cアセットマネジメント株式会社にご連絡ください。



ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。