パンを冷凍した場合の賞味期限はいつまで?アルミホイルの効果は?

料理

一人暮らしの皆さんがよく購入するお手軽な食材は、パンなのではないでしょうか?パンって中々食べきれず賞味期限が過ぎてしまい捨ててしまうなんてことよくありますよね。そこで今回は、パンの冷凍は出来るのか?その場合はいつまで大丈夫なのかなどについてご紹介していこうと思います。これであなたもパンを無駄にしてしまうことは無くなります!

スポンサードリンク

 

パンの冷凍はいつまで大丈夫なんでしょうか?

 

パンは安売りされることが多く、皆さん一気に大量買いされるのではないでしょうか。しかし、やはり腐らせてしまうことが多いです。そんな時にオススメなのが冷凍保存です。

 

そもそもパンは冷凍保存が可能?

率直に言うとパンは冷凍保存が可能です。

冷凍保存することによって、美味しい状態で長期に渡って保存をすることが出来ます。

 

パンの冷凍保存期間は?

一般的に、パンの賞味期限は1~5日以内となっているのではないでしょうか。しかし、冷凍することによって、その賞味期限を最大1ヶ月ぐらいまで延ばすことが可能になります。しかし、保存期間を延ばせば延ばすほど味は落ちるものなので、可能であれば冷凍保存してから2週間以内には食べ切るようにしましょう。

パンを冷凍すると良いことは?

パンは、菌が繁殖しやすいということから、常温で保存するとすぐにカビが生えてしまいます。(早くて2日でカビが生えます)
しかし、購入後すぐに冷凍保存することによって、その菌の繁殖を防ぐことが出来、カビ防止を行えます。それにより、長持ちをさせることが出来るのです。

 

スポンサードリンク

パンの冷凍はアルミホイルを使用とどんな効果がある?


パンの冷凍に、アルミホイルを使用すれば良いなんてことをあなたは聞いたことがありませんか?

実は、かなりいい効果を期待することが出来るのです。

熱伝導で急速冷凍&急速解凍

アルミホイルには、何よりも効果の高い熱を伝えてくれる熱伝導の効果があります。その効果によって、パンを冷凍保存する時に、アルミホイルでパンを包む事によって、冷凍も解凍もどちらとも素早く行うことが出来るのです。

 

味が落ちにくい

一般的な冷凍室は、かなりゆっくりな速度で冷凍することによって、食品の味が落ちやすいことが特徴的です。しかし、アルミホイルの効果でパンを急速冷凍をすることによって、パン本来の風味を損なうことなく冷凍保存することが可能なので、解凍後も保存前と変わらない美味しさで頂くことができます。

水分が抜けにくい

冷凍庫内は、基本的には空気を送っていることからかなり乾燥しています。

それによって、普通に食品を冷凍保存するとなると、食品自体の水分が抜け、パンだと解凍後にはパサパサのパンになってしまいます。しかし、アルミホイルには水分を逃がさない効果もあるので、パンをアルミホイルに包んで冷凍保存することによって、パンの水分を逃すことなく冷凍保存することが出来るので、解凍後もパサつくことなくしっとりもっちり美味しいパンを食べることができます。

※解凍はアルミホイルをしたままで自然解凍させるか、冷凍のままアルミホイルをはずしてオーブントースターに入れるかのどちらかをオススメします。電子レンジで解凍すると風味が落ちてしまうのでオススメしません。

 

まとめ

いかがでしょうか。パンを冷凍保存した場合は、1ヶ月もちますが、出来るだけ2週間以内には食べ切るようにしましょう。また、アルミホイルで包んで冷凍保存すると、様々な良い効果を得ることが出来るのでオススメです。これで、大量買いしたパンを美味しくゆっくり食べることができますね。

スポンサードリンク