オートレース場で開催!?大迫力の川口たたら祭り花火大会とは?

花火大会

夏になると色々なイベントがありますが、なかでも人気なのが花火大会とお祭りですね!

皆さんの住んでいる地域にも、ここの花火大会やお祭りはオススメ!

っていうのがあると思いますが、私が住んでいる地域にもオススメがあります!

それは…

川口市で行われる「たたら祭り」です。

こちらはお祭りの最後に花火大会もある上に、なんと会場がオートレース場のため迫力満点です。

今回は、たたら祭りの詳細や駐車場情報、アクセス方法などを紹介したいと思います。

たたら祭りとは?

東京からのアクセスも良好な埼玉県川口市。

この川口市にある川口オートレース場とその周辺で8月上旬に2日間にわたって行われるのが

「たたら祭り」です。

 

打ち上げ会場がオートレース場内のため、

場所によっては火の粉が落ちてくるほど間近で見ることができます。

スタンド席などからの見物は本当に真上なので首が痛くなるかもしれません(笑)

 

■たたら祭りの詳細について

日程

第40回たたら祭り

2018年8月4日(土)と5日(日)

(例年8月の第1土曜日と日曜日。花火大会は日曜日のみ。)

 

開催時間

土曜日、日曜日ともに10時〜20時

花火大会のみ…日曜日19時45分〜20時30分

(昨年の時間。今年はまだ未定。)

 

開催場所

川口オートレース場内と場外。

花火大会の打ち上げ場所は場内。

 

昨年の来場人数

2日間で約25万人(29万人の年もあり!)

 

花火大会の打ち上げ数

約3300発

 

アクセス方法

埼玉高速鉄道 南鳩ヶ谷駅から徒歩20分。

日曜日は12時からJR京浜東北線 西川口駅、川口駅、蕨駅と、

埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷駅からSKIPシティ行きの無料シャトルバスが出ます。

(土曜日は運行なし。詳しくは下記HPより随時更新。)

 

公式ホームページ

ホーム
ようこそ第41回たたら祭りホームページへ

 

お祭りは出店はもちろん、おみこしや子ども向けのコーナー、サンバパレード、

模擬オートレースなど見どころ満載なので土曜日も来場したり、

花火大会の時間に会場に行くのではなく午前中から会場入りする方がオススメです!

 

花火大会は、会場内で見るのが迫力があってオススメですが、首が疲れるのと、

間近すぎて音も大きいので、小さいお子さんがいるとビックリして泣いてしまうかもしれません。

 

実際我が家の子は泣きました…。

 

お祭り中は交通規制がかかり、周辺は歩行者天国になるので、

会場外から花火を見ることも出来ます。

立ち見になりますが長時間ではないですし、とにかく会場内は激混みになるので、

状況によって見る場所を決められるといいかと思います。

 

アクセス方法ですが、本来なら各駅からオートレース場付近までのバスが運行していますが、

お祭り当日は交通規制のため迂回してしまいます。

 

川口駅からだと徒歩で30分以上かかりますし、

最寄駅からでさえ20分くらいかかってしまいます。

 

交通規制のギリギリまでバスで行く方法もありますし、

日曜日は各駅から無料シャトルバスが出ます。

それでも10分くらいは歩くことになります。

 

あとバスは、帰りはかなり混み合います。

1本見送り、ギュウギュウ詰めは当たり前だと思っていた方がいいと思います。

 

スポンサーリンク

■近隣の駐車場状況は?

オートレース場付近には半径1キロ以内にパーキングが何ヶ所かあります。

 

個人的には結構あるように思うのですが、やっぱり朝から行かないとすぐに埋まってしまいます。

 

朝から行ける方は駐車場の空き状況が分かるアプリもあったりするのでいいかもしれません。

しかし直前で埋まったり、行って空いてないと困るのであまりオススメは出来ません…。

 

我が家は近隣に住んでいるので、花火大会だけのためにオートレース場の近くまで車で行って、スーパーに止めて花火を見物し、帰りにそのスーパーで夕飯を買って帰ったりもしたことがあります。

 

1番は公共の交通手段で行くのが困らないと思いますね(汗)

 

■まとめ

アクセス方法に関しては、どこの花火大会やお祭りも似たようなものだと思います。

自転車で来場する方も多数います。

ただ川口市は都内からのアクセスも良いですし、

花火の打ち上げ数は少ないけれど迫力があってオススメです。

花火大会だけでなく、お祭り自体も楽しめるものばかりなので、

まだ行ったことのない方はぜひ足を運んでみてくださいね♪

スポンサーリンク