赤ちゃんの暑さ対策でエアコンは必要?扇風機やアイスノンは効果的?

暮らし

生まれて初めて暑い夏を経験する赤ちゃんは暑さに慣れていません。
暑さ対策をして快適に過ごせる環境を作ってあげることが必要です。
しかし、生まれたばかりの赤ちゃんにエアコンを使っていいのか
迷っている方も多いと思います。
赤ちゃんの暑さ対策でエアコンは必要なのでしょうか?
扇風機やアイスノンは暑さ対策に効果的なのでしょうか?

スポンサードリンク
  

赤ちゃんの暑さ対策。エアコンは必要?

赤ちゃんは大人よりも汗っかきなうえ、体温調節する機能が未熟であるため体の中の熱をうまく発散することができません。
そのため部屋の中にいても温度が高いと熱中症やうつ熱になりやすく、ひどくなると乳幼児突然死症候群になる危険性もあります。
エアコンを上手に活用して赤ちゃんにとって快適な環境を作ってあげましょう。

エアコンを使うことには賛成・反対の両方の意見があります。
汗腺(汗が分泌する皮脂腺のこと)の発達する時期は生まれてから3歳までと言われているため、汗腺が発達していないと体温調節がうまく出来なくなるのでエアコンを使わない方がいいという意見もあります。
しかしエアコンを使わないとあせもが出来たり、暑さでぐずって寝つきが悪くなってしまうのでママが育児に手間がかかってしまうこともあります。
様々な意見がありますがエアコンの良い・悪いではなく赤ちゃんにとって過ごしやすい温度に調節してあげることが大切です。

赤ちゃんにとっての夏の快適な設定温度は26〜28℃です
外の温度と部屋の温度の差を5℃以内にすると冷えすぎの防止になります。

エアコンを使用するときは、赤ちゃんに風が直接当たらないように注意してください。
赤ちゃんは大人に比べて体が小さいのでエアコンの影響を受けやすく、体温変化も激しいので腕や足が露出しない服装にして体が冷えすぎないようにしてあげましょう。
エアコンの冷たい空気は下にたまってしまうのでベビーベッドを使わず赤ちゃんが下で寝ている場合には、寝ているところの近くに温度計を置いて調節してください。

エアコンをタイマーにしていると赤ちゃんが寝ていても途中で暑くて起きてしまうことがあります。その場合はエアコンの温度を通常よりも高めにするか風量を弱に設定にしてつけっぱなしにするとぐっすり寝てくれますよ。

赤ちゃんにとっては湿度の設定も大切です。
赤ちゃんは大人に比べて皮膚も薄く乾燥しやすいので40〜60%の湿度が快適といわれていますのでエアコンのドライ機能や除湿機、加湿器を上手に活用しましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの暑さ対策で扇風機の使い方!

扇風機は自然の風を感じることができ、暑さが比較的マシな時期の暑さ対策になります。しかし真夏になると扇風機だけでは暑さがしのげなくなると思いますのでエアコンと併用して使う方法がオススメです。

部屋の空気を循環させる目的で扇風機を使用するのが効果的です。冷たい空気は下に、暖かい空気は上にこもりやすくなりますので
エアコンを使用しているときに扇風機を天井付近に向けて回すとより早く効果的に部屋の空気を循環させることができます。

扇風機の風も直接赤ちゃんに当たってしまうと体が冷えすぎてしまうので気をつけましょう。
また赤ちゃんが扇風機に指を入れて怪我をしないよう扇風機にカバーをかけたり
手の届かないところに設置するなどして注意してください。

赤ちゃんの暑さ対策でアイスノンは効果があるの?

アイスノンは外出時、赤ちゃんをベビーカーやチャイルドシートに乗せるときに効果的な暑さ対策になります。
ベビーカーは大人の高さよりも低いためアスファルトの照り返しがきつく大人が思っている以上に赤ちゃんは暑いと感じています。
車のチャイルドシートも夏は熱がこもりやすいため、車内をエアコンで冷やしてもチャイルドシートだけは温度がなかなか下がらないということがあり赤ちゃんを乗せるのにも苦労します。

アイスノンを赤ちゃんの背中部分に置いてあげるだけで涼しく感じるので手軽に暑さ対策ができます。直接アイスノンを赤ちゃんに当てると冷えすぎて体温を奪ってしまう可能性があるのでアイスノンをタオルで巻いてから使用し、長時間の使用は避けてください。

冷やしても中身が固まらずに柔らかいまま使えるアイスノンもあるので赤ちゃんが違和感を感じることなく背中に当ててあげることができます。
チャイルドシート専用の保冷剤なども販売されていますので上手に活用してください。外出時にはアイスノン以外にも必ず水分補給をして暑さ対策してくださいね。

まとめ

今のエアコンは機能が充実していますので、直接風が当たらないようになっていたり、おやすみモードがあったりとクーラーをつけっぱなしでも快適に過ごすことができます。
扇風機も羽のないものが販売されているので、赤ちゃんがいても安全に使うことができます。赤ちゃんが生まれたきっかけに買い換えるのもいいですね。

赤ちゃんの体を触ることで赤ちゃんの変化にも気づくことができます。
体が冷たくなっていないか汗をかいていないか等こまめにチェックしてください。
赤ちゃんも成長するにつれ自分で体温調節もできるようになりますが
生まれたばかりの赤ちゃんにはエアコンや扇風機、アイスノンを上手に使い分けて快適に過ごせる環境を作ってあげましょう!

スポンサードリンク

コメント