ママ友とのランチに誘われた時の上手な断り方って?

ママ友

うるさい子どもがいない間のママ友ランチは、

好きな友達となら楽しくてストレス発散!

と、いい具合に日常をうれしくしてくれますね。

でも、好きではない友達とのランチなら、話は別。

逆にストレスをためてしまいます。

せっかくの静かな時間をもっと有意義に過ごしたい、

と思うのは幼児のママとしては当然です。

お迎えに行けば、また子どもと過ごす時間が待っているわけですから。

でも、せっかくお誘いいただいたランチ会、

断るのには勇気がいりませんか?

スポンサードリンク

 

急にママ友にランチに誘われて、行く気がない時の上手な断り方

「今日ランチどう?」

急にお誘いをもらった場合、

断る口実はけっこう見つかりやすいです。

「だんなが風邪で寝ていて」とか、

「病院に予約があって」とか、

「実は頭痛がしてね・・・」とか。

全部、体調悪い系です(笑)

「お義母さんがくる」とかもいいかもですね。

とにかくはずせない予定がある、という感じですね。

 

それよりも困るのは、

「ランチ一緒に行きたいけど、いつ空いてる?」

と予定を聞かれたときではないでしょうか。

ランチはいいけど、この人とはちょっとな~という時。

「ごめんね、だんなに言われて節約中なの」とか、

「ダイエット中で、お昼は軽くしか食べないの」とか・・。

でもどちらも決め手にかける感じがします。

 

 

ママ友ランチ誘われたくないときの予防線はどうしている?

それならいっそ、誘われないように

前もって仕向けておけばいいかもしれません。

「私、やること遅いから、昼間はずっと家事で忙しくしてるの。

手際が悪いみたいで。」

「資格の勉強の時間がなかなかとれなくて。」

とか、普段から時間がないことをアピールしておく

というのは角が立ちにくそうです。

スポンサードリンク

 

ママ友ランチの断り方に失敗!コレってやばかったの?

誘ってくれたママ友は、

そもそも何のために誘ってくれたのでしょう?

ただ単に一緒におしゃべりしたいからという理由なのか、

グループで行くから誘わないとおかしいかなと思って・・・

という理由なのか、

これから仲良くなっていきたいという理由なのか。

 

自分の気が乗らなくて断るからには、

相手としては、今後お誘いを控えてくるだろう

というのは当然覚悟しなければなりません。

 

 

断られても何度でも誘う、というアタック系のママは

やっぱりあまり見かけません。

今は気が乗らないけれど、今後一緒に行ってもいいな

と思う相手であれば、

「今度は絶対私の方から誘うからね!」

と強く主張しておいたほうがよいでしょう。

逆に、これからも、特別仲良くしたくはないけれど、

険悪にもなりたくない、というのであれば、

「とても残念だけれど行けない。

それが100%自分の事情だけに理由がある。」

と明確に伝える必要があります。

少しでも、あなたとは行きたくないという本音

垣間見てしまえば、それは言い訳失敗

非常に難しいですが、本気で言い訳をする場合は、

完璧に演じなければなりません。

(逆に、あなたとはそんなに仲良くしたくない

というメッセージを送りたい場合は

中途半端な言い訳がベストです。

仲良くしたくない気持ちがよく伝わりそうですね。)

まとめ

ママ友界は、人間関係の縮図です。

ボスママの威力は絶大で、集団からハブにされる恐怖といったら

全人格を否定されるような怖さです。

でもそこは、それぞれ人生経験を重ねてきたオトナ。

イジメにあう中学生が感じるほど

苦しいわけじゃないです。

どうせ、子どもが保育園・幼稚園の時代だけですしね。

大事にすべきは、自分の軸をしっかりもって毅然としていること、

ママ友関係の立ち位置の確保ではなく、

かけがえのない自分の子どもの今をしっかり見つめること。

ママがすべて、という幼児時代はあっという間に

終わってしまいます。

それからは、子どもの世界はどんどん広がっていき

ママさえも、自分を取り巻くオトナの一人として

客観的に見つめるようになっていきます。

そのときに、精神的に自立している

立派な一人の女でいたいものです。

ランチ会の断り方になんて、悩んでいる場合じゃないです!

スポンサードリンク

コメント