水郷小見川花火大会2019年の日程は?地元民が教える穴場スポット

花火大会

水郷おみがわ花火大会。毎年見に行っている
地元住民が教える穴場スポット!
詳細情報を把握しておけば、小さなお子様と一緒でも
ゆったりのんびり夏の夜長を楽しめます。

毎年8月1日に開催されている、水郷おみがわ花火大会。
香取市の夏の一大イベントとなっております。

小見川大橋下流の利根川河畔で打ち上げられる花火は
およそ8000発。

全国の花火名人達による「全国尺玉コンクール」は毎年行われており
見ものです。

また、利根川水面から打ち上げられるスターマイン。
水面が煌びやかで華やかで、観客を魅了しています。
利根川沿いの土手は数キロにわたり続いており、
大混雑することなく花火をご覧頂けます。

また、観覧席も販売されていますので、購入してご覧頂くのも素敵です。


 
 

小見川花火大会2019年日程は?

名称    :水郷おみがわ花火大会
日程    :2019年8月1日(木)
打ち上げ場所:香取市小見川大橋下流利根川河畔
打ち上げ時間:19:00〜21:00
※少雨の場合決行、荒天時の場合は順延

打ち上げ数:8000発
予想来場者:約15万人(2017年は約15万2千人の来場者でした。)
最寄駅  :小見川駅

車でのアクセス: 東関東道佐原香取ICから20分
小見川支所駐車場付近その他から無料のシャトルバス運行有り

公式HP

水郷おみがわ花火大会:香取市ウェブサイト:香取市観光サイト

地元民が教える!小見川花火大会2019年の穴場スポットは?

 

お子さんと一緒に花火を見るのでありましたら、やはり、トイレの傍がお勧めです。
事前に駐車場等でおトイレを済ましていても、花火を見ながら飲食いたしますので
どうしても行きたくなるかと思います。また、夏といえども、利根川沿いの自然豊かな環境ですし夜は少し肌寒いです。ブランケット等何か掛けられるものをご持参して楽しんでください。

 

場所    :観覧席を向かってみて、右側のエリア

一言ポイント:

花火の近くですとかなりの大迫力です。お子様の年齢にもよりますが、この迫力に感激する子もいれば、大迫力のため「怖い」「帰る」と泣いているお子様も毎年見られます。

また、お子様は大人のようにじっと静かに見ていることができませんので、

ある程度、動ける場所が確保できるところで花火をご鑑賞頂くことをお勧めします。

ポイントとしては、トイレからわりと近くて駐車場からも適度な位置。

また、屋台等にも遠すぎない場所がよろしいと思います。

 

トイレ情報 :和式の仮設トイレ有り

備考  :

手洗い場はないので、ウエットティッシュがあると良いかもしれません。
また、ティッシュも持参されたほうが良いと思います。

 

場所    :観覧席を向かってみて、左側のエリア

一言ポイント:和式の仮設トイレ有り

トイレ情報 :上記同様、手洗い場なし、おそらくティッシュもなし。
この場所からですと、屋台にもかなり近いです。

スポンサーリンク

 

小見川花火大会2019年の駐車場情報

 

各地に大きな駐車場が有り、花火会場までシャトルバスが走っています。
ソニー跡地駐車場は1000台を停車することができ、
小見川駅駐車場、小見川支所にも停車することができ
シャトルバスで会場まで行くことができます。

場所取りは必要?

私は毎年、17時くらいに会場に着くようにしています。会場に着いたら土手沿いを、

テクテク歩き、適当な場所を見つけレジャーシートを敷いて場所を確保します。

確かに私より随分事前に来られて場所取りをしている方もいます。

場所取りをしている方は、大人数で何組みかの家族で花火を楽しみたい方が多い気がします。

花火を観覧できる場所が広範囲に渡っていますので、

場所に非常に強いこだわりがなければ場所取りは必要ないかもしれません。

 

屋台情報

河川敷や住宅街に続く道の方へ数百メートルに渡り出店されています。

定番のお好み焼き、たこ焼き、焼きそばを始め、いちごがのっているかき氷、

トルコアイス、等々、定番メニューから最近の新しいの屋台まで幅広く出店されています。

屋台でお腹いっぱい大満足できると思います。

 

赤羽北区花火大会2019年まとめ

シャトルバスを利用して行く場合も、その他の駐車場を利用して行く場合も、

花火を見る会場までは結構歩きます。毎年、娘に浴衣を着せていますが、

歩いている間に浴衣が崩れます。その為度々直しながら、

席を探したり屋台に買い物に行ったりしています。

見た目はあまりよくないでしょうが、足元はサンダルではなく靴を履かせています。

また、非常に自然豊かな環境ですので、子供たちは草を触ったり、

砂利を触って遊んだり、場合によっては虫を捕まえてきます。

とてものどかで楽しいのですが、手足はかなり汚れます。

ウエットティッシュは持参された方が良いです。レジャーシートを持って、お弁当を持ってピクニック気分で楽しめる花火大会。

花火を見ながら飲食したあとは、ゆっくりレジャーシートで寝転んで夏の夜空を満喫してください。

スポンサーリンク