ボジョレーヌーボーまずい!安いとかペットボトル容器のせいなのか!

暮らし

皆さんは、世界的に有名なフランスワインの1つである、ボジョレーヌーボーをご存知でしょうか。

毎年、11月の第3木曜日に解禁されると言われているボジョレーヌーボーは、

美味いまずいが特に分かれやすいワインと言われており、

毎年ボジョレーヌーボーに対する意見の食い違いが多く生まれています。

そこで今回は、ボジョレーヌーボーの解禁日前にちなんで、

ボジョレーヌーボーはなぜまずいと言われている

のかなどについてご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

 

私だけ!?ボジョレーヌーボーまずい!

 

単刀直入で言うと、ボジョレーヌーボーを初めて飲んでみた時に私は、

なぜかまずいと感じてしまいました。

 

そこで初めに、ボジョレーヌーボーを飲んだ時に、なぜまずいと感じるのか、

評価などをご紹介していこうと思います。

 

・ワインではないような味

・ジュースみたい

・物足りない

・単純に美味しくない

・まずい

 

などというように、ボジョレーヌーボーを美味しくないと感じた方は

 

“ワインのような味をしておらず、お酒としては物足りないことからまずい”

と感じているようです。

 

ボジョレーヌーボーは、一般的に短期間で作られているワインです。

短期間で作ることによって、本来ワインの味に出る発酵による深みや苦味が全くなく、

フルーティーでまるでぶどうジュースかのような味になってしまうのです。

ワイン好きやお酒好きの大人からすると、

ジュースみたいなワインの味はまずいと感じてしまうようです。

スポンサードリンク

 

ボジョレーヌーボーも価格によってうまいまずいがあるのかな?

 

ボジョレーヌーボーは、売られているものは数千円から数万円など、

ピンキリで様々な値段のものが販売されています。

 

実は、ボジョレーヌーボーの価格は、高ければ高いほど美味しい

・安ければ安いほどまずいという味に関係して付けられているのではないのです。

 

では、なぜボジョレーヌーボーは、味が一緒なのに値段が変わるのか

ご紹介していこうと思います。

 

・生産者の作り方によって値段が変わる

・作られている場所によって値段が変わる

・ボジョレーヌーボーの種類によって値段が変わる

 

このようなものがあげられます。

 

ボジョレーヌーボーは、値段に関係なくどれも同じような味がするので、

購入する際は

“高ければ高いほど美味しい、安ければ安いほどまずい”

という概念を持たないように気をつけましょう。

 

特別感はないけれど手軽なペットボトル入りはどうなの?

 

ボジョレーヌーボーは、ガラス瓶だけでなくペットボトルにても販売をされています。

ワイン=ガラス瓶というイメージが強いことから、ペットボトルとなると”まずいのでは?”

などと感じる方も多いようです。

 

しかし、実際に飲んでみると一目瞭然。

ガラス瓶入りのボジョレーヌーボーとなんの変わりのない味がします。入れ物が違っていても、

中身は全く同じボジョレーヌーボーということが分かります。

 

ペットボトルですので、ガラス瓶に比べるとかなりお気軽に飲みやすいですし、

数百円から売られていることからかなりコストパフォーマンスも良くなっています。

 

ペットボトル入りのボジョレーヌーボーもかなり良いのではないのでしょうか。

 

まとめ

ボジョレーヌーボーは、ワイン(お酒)好きの人達からすると、

不味いと感じてしまうようなワインのようです。

価格によっては美味いまずいはなく、

生産者の作り方や作られている場所や種類によって価格は変わってきます。

是非、今年の11月の第3木曜日にはボジョレーヌーボーをご購入してみてはいかがでしょうか。

ご購入の際には、ガラス瓶ではなくお手軽なペットボトルもオススメですよ。

スポンサードリンク