秋茄子は嫁に食わすな!に込められた本意と効能について教えます。

料理

皆さんは、”秋茄子は嫁に食わすな”という言葉をご存知でしょうか?

一般的には、茄子は夏が旬の野菜と言われていますが、

旬な夏から栄養をしっかり蓄えた秋にかけての茄子が、特に美味しいと言われているのです。

では、一体”秋茄子は嫁に食わすな”という言葉は、どういう意味なのか、

ご紹介していこうと思います。

 

秋茄子は嫁に食わすなというけどいじめ?思いやり?どっちの意味なの?

“秋茄子は嫁に食わすな”という言葉には、結論的に言うと、

いじめと思いやりの両方の意味が込められていると、説にはあります。

では、どのような意味が込められているのか、それぞれ説明していきます。

 

1、いじめの意味が込められているでは、

まず初めにいじめの意味が込められているということについて説明します。

茄子は秋が食べ頃と言われています。その美味しい時期の秋茄子を、

憎らしい嫁に食わせることはもったいないという意味になっています。

嫌いな嫁に美味しいものは食べされるなという意味なのでしょう。

 

2、思いやりの意味が込められているでは、

次に思いやりの意味が込められているということについて説明します。

茄子には、体を冷やす作用があります。

そのため、体を冷やしてしまうので大事な嫁に食わすなという意味になっています。

また、茄子には種が少ないことから、子供が出来なくなってしまうと言われており、

子供が出来なくなってしまったら大変ということから、嫁に食わすなという意味もあります。

スポンサーリンク

 

秋茄子は体を冷やすと言われるけどどうして?

 

では次に、秋茄子が、体を冷やすという理由をご紹介していきます。

・カリウムと水分が多くが含まれている茄子には、

カリウムと水分が多く含まれています。

カリウムには、利尿作用があり水分とともに体内に残っている熱を体外へと排出してしまいます。

そのため、体を冷やしてしまうと言われています。

 

・ナトリウムなど必要な栄養素が少ない野菜と言うと

、”栄養素が豊富”というイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、茄子などの夏野菜には、ナトリウムなどの必要な栄養素が極端に少ないと言われています。

そのため、必要な栄養素をとることが出来ませんし、体を冷やす予防も出来ないと言われています。

 

夏野菜のイメージだけど秋茄子の時期はいつ?

茄子と言えば、年中無休でスーパーの野菜コーナーなどへ並んでいるという

イメージがあるのではないでしょうか。

しかし、茄子にもきちんと旬の時期があります。

一般的には、茄子は夏野菜てすが、では秋茄子はどうなのでしょうか。

 

・収穫時期は2回目茄子は、一応夏野菜なので、7月~8月にかけて1度目の収穫を行います。

1度目の収穫後、茄子は株からまた花を咲かせ初めて実を付け始めます。

その茄子が出来上がるのが大体8月~9月にかけてと言われてます。

秋茄子は2回目の収穫のもののことを言います。

 

・旬な時期秋茄子の旬な時期は、8月後半~9月にかけてと言われています。

夏の終わり~秋の初めにかけてですね。

しかし、年々季節や温度に関しては、ズレが生じてきているので、

必ずにもその時期が正しいとは言えないでしょう。

 

まとめ

“秋茄子は嫁に食わすな”という言葉には、

いじめの意味と思いやりの意味の両方の意味が込められています。

また、茄子には、体を冷やす作用があるので、冷え性の方にはあまり良くない野菜であり、

まだ少し暑いとされる初秋にはもってこいの野菜であるということが分かりましたね。

旬な収穫時期や食べ頃の時期は8月~9月にかけてです。

是非、今年は秋茄子をご賞味してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク