手荒れで指紋認証ができないってホント?解消する3つのコツは?

暮らし

指紋認証は、今やセキュリティーがあるところには必ず存在する、メジャーな存在になりました。

スマホはもちろん、銀行のATM、キーシステムまで、使われている場所は様々です。

しかし、指の指紋を読ませる時、なかなか読み取ってくれないことがあります。

指紋でしか認証できない場所で、読み取ってくれないと、かなり焦りますよね。

指を乗せるだけで認証してくれる便利なシステムですので、

認証で手間取らないようにしたいものです。

スポンサードリンク

 

手荒れで指紋認証ができないことは実際にある?

指紋認証は、登録した指紋と一致した指紋のみ認証するシステムです。

間違える確率は、なんと0.0002パーセント以下と言われています。

 

指紋認証のシステムは、いくつか種類があるそうですが、指紋認証でメジャーなスマホでは、

「静電容量式」という仕組みを採用しています。

 

どういうものかというと、指紋についているわずかな「汗」を利用しています。

指紋は凸凹していますので、出っ張った所が物に触れると、

その触れた部分が指紋として分ける訳です。

スマホの指を置く部分には、数万の電極が配置されています。

汗は、電気を通す性質がありますので、指を置くと、電極から発する電気が、

汗のある部分に多く流れます。

 

その多く流れた部分を「指紋」とスマホは判断しています。

ですので、この「汗」が不足すると、スマホは認証しづらくなるんですね。

手が乾燥していたり、指紋部分がけがをしていたりすると、汗の部分の形が変わってしまいます。

 

そうするとスマホは、違う指紋と判断してしまいます。

それで、スマホは認証しないんですね。

スポンサードリンク

 

手荒れで指紋認証ができない!?解消する3つのコツは?

手荒れの原因はいくつかあります。

冬など乾燥する季節は、自然と手が荒れてきます。

また、主婦など水仕事が多い人は、水にバリア機能が取られてしまいます。

さらに、物に良く触れる人も、物に油分が取られてしまい、これも手荒れの原因となります。

この「物」というのは、パソコンやスマホも当てはまります。

 

手のひらや甲は荒れていなくても、指先はなぜか白くひび割れている、という方は、

パソコンやスマホを頻繁に使っていませんか?

 

いつも指先が荒れている、という方は、ハンドクリームをぬって保湿しましょう。

ひび割れには、尿素が入ったクリームを使うと効果的ですよ。

指紋認証システムは「汗」を利用しますので、逆に水に濡れた状態では、

よけいに認知しづらくなります。

 

荒れてなくても認知しない場合は、息を吹きかけると認知してくれる場合があります。

手先も荒れていない、乾燥していない、でも認証してくれない、という場合は、

指の置き方がずれていたりします。

 

慌てず正しい置き方をすれば、認証しやすくなりますよ。

しかし、いちいち置き方だとか、たかが指紋認証で細かいことを考えるのも面倒くさいですよね。

そういった場合に備えて、指紋は人差し指だけではなく、

あらかじめ5本の指すべての指紋を登録しておきましょう。

 

機種によりますが、だいたいのスマホは5つ指紋を登録できるようになっています。

登録できる限りの指紋を登録しておくことで、1個がだめでも他4個で認証できます。

なぜ認証してくれないか考えるより、はるかに時間の短縮になりますし、

怪我などで認証できない状態も回避できますよ。

 

まとめ

指紋認証は便利ですが、意外と単純な理由でうまく使いこなせないことがあります。

スマホで指紋認証が面倒に感じるなら、パスワードやパターンで管理しましょう。

セキュリティーは自分自身に合ったものでやるのが、一番いいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント