豚肉の栄養には何があるの?効能はどうなっているの?

料理

豚肉って美味しいですよね。

お値段もお手頃なだけでなく、どんな調理法でも有効であり、食卓には欠かせない食材です。

そんな豚肉ですが、どのような栄養が含まれているかは意外と知らないですよね。

また豚肉の栄養はどのように摂取すれば効率がいいのでしょうか?

ここでは豚肉の栄養や効率的に栄養を摂取する方法について解説をしていきます!

豚肉の栄養と効能を解説!

食べて美味しい豚肉にはたくさんの栄養素が含まれています。

ではそんな豚肉の栄養素についてまず解説をしていきましょう!

豚肉に含まれている栄養素は以下の通りです。

・タンパク質

豚肉にはタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は三大栄養素の一つであり、主に体の成長や組織を作るのに欠かすことのできない栄養素です。

ちなみにタンパク質は英語で言うとプロテインです。

筋肉ムキムキの方が飲んでいるまさにアレですね。

豚肉に含まれているタンパク質は吸収がよく良質なタンパク質と言われています。

なので、豚肉を積極的に食べることでより強い体を作り上げることができます。

・ビタミンB1

豚肉の代表的な栄養素がビタミンB1です。

ビタミンB1は疲労回復効果があり、体をリフレッシュしてくれる効果があります。

毎日の仕事でなんとなく体がだるいと感じていたら、それはビタミンB1が足りていないかもしれません。

ぜひ疲れた体をリフレッシュさせるためにビタミンB1を摂取するようにしましょう。

・鉄分

豚肉には鉄分も多く含まれています。

鉄分は血液を作るのに必要は栄養素であり、疲労回復効果も期待できます

特に女性では鉄分が不足していることが多く、成人女性の5人に1人が貧血の症状を持っています。

なので鉄分不足を解消するためにも豚肉は大変おすすめです。

・ナイアシン

ビタミンB郡に含まれる栄養素がナイアシンです。

ナイアシンは胃腸や粘膜系の機能を補助する効果があり、夏バテにも効果があります。

夏バテであまり食欲が湧かないという時にもさっぱり茹でた豚肉がおすすめです。

・亜鉛

亜鉛を摂取することで髪や肌の艶を回復させることができます。

また男性機能の向上にも役立てることができます。

このように豚肉にはたくさんの栄養素が含まれています。

主に疲労回復に有効な栄養が含まれているので、疲れた時には豚肉を食べるのが良いでしょう。

ではそんな豚肉の栄養素を効率的に摂取するにはどうすればいいのでしょうか?

続いて解説をしていきます。

豚肉の栄養や効能を効率的に摂取する方法はこれ!

豚肉の栄養素ですが、効率的に摂取するにはどうすればいいのでしょうか?

その方法としては玉ねぎにんにくと一緒に摂取するのがおすすめです。

玉ねぎやにんにく、ニラなど比較的香りの強い野菜には、アリシンという成分が入っています。

アリシン自体には抗菌作用が含まれており、悪玉菌を殺したり、食中毒を予防する効果があります。

アリシンは刻むことでアニリンという成分から変化します。

なので豚肉と合わせる際には、玉ねぎにんにくニラを刻んだ状態で使うと良いでしょう。

アリシンと豚肉を一緒に摂取することで、豚肉の代表的な栄養素であるビタミンB1の吸収をより効率的に行うことができます。

また油を使うことで、アリシンの栄養素も無駄なく摂取することができます。

豚肉と玉ねぎのサラダ、豚肉のニラ、にんにくを混ぜた餃子などレシピの応用はいくらでも効きます。

せっかくの栄養満点な豚肉ですから、それを補助する栄養素も補うことで、より効率的に豚肉の栄養素を摂取するようにしてくださいね。

まとめ

豚肉にはたくさんの栄養素が含まれています。

特にビタミンB1が豊富に含まれており、疲労回復効果が大きいです。

そしてそんな豚肉のビタミンB1をより効率的に摂取する場合、玉ねぎやにんにく、ニラなどの香りの強い野菜と合わせると良いでしょう。

刻んだそれらの野菜にはアリシンという成分が含まれており、よりビタミンB1を効率的に摂取することができます。 ぜひ豚肉を効果的に食べて、疲れ知らずの毎日を過ごしてくださいね!