あなたは知ってる?ひな祭りに飾る桃の花の意味と飾り方教えます!

行事

節分が終わると、スーパーにはひな祭りの商品が並べられますよね。

ディスプレイの花は、決まって桃の花です。

筆者の実家にある雛人形セットには、桃の造花1本と、それを飾る細長い花瓶がついていました。

ひな祭りには桃の花、と昔から決まっていますが、どうして桃の花を飾るのでしょうかね?

春なんですから、もっと他の花でもいいような気がします。

 

ひな祭りに桃の花を飾る意味は?いつから行われているの?

ひな祭りは、桃の節句とも言われていますね。

実は、本来は「桃の節句」とは言わずに「上巳(じょうし・じょうみ)の節句」

と呼ばれていました。

上巳とは、月の上旬の巳(み)の日をさし、この場合は旧暦の3月3日をさします。

 

なぜ3月3日かというと、三国志で有名な魏の国が、この日、と決めたからですね。

旧暦の3月3日は、今でいうとだいたい3月下旬から4月上旬になります。

桃の花は、だいたい3月中旬から4月中旬に開花しますので、

ちょうど旧暦ですと桃の花を見ることができます。

だから、桃の節句と言われるようになったのですね。

 

この桃ですが、日本はもとより、中国や周辺の国々でも、魔除け、邪気払い、

長寿をもたらす力があると信じられてきました。

日本で有名な桃のエピソードは、「桃太郎」でしょうか。

桃から生まれた桃太郎が、鬼退治をするのは、桃には悪いものをやっつける力がある、

と信じられていたからでしょう。

 

旧暦3月3日は、桃の花がきれいに咲いていますから、この花を飾って、邪気を払い、

女の子の成長を願うようになったのですね。

 

さて、この桃の節句ですが、古くは古代中国からの風習で、

日本には平安時代から根付き始めたと言われています。

 

中国では、3月3日になると、禊(みそぎ)をして身を清め、邪気を払う儀式を行っていました。

その時に桃花酒というお酒を飲んでいました。

桃花酒とは、酒に桃の花を浮かべたものです。

桃は邪気を払いますから、禊で飲むにふさわしいと考えられていたのでしょう。

この禊がもとになって「曲水の宴」が行われるようなり、日本では「流し雛」の

風習が生まれました。

 

ただ、現在の流し雛の写真を見る限り、多くの場合桃の花を雛のそばに飾っているところから、

おそらくこのころから桃の花を飾っていたのではないか、と筆者は勝手に思っています。

 

スポンサーリンク

 

ひな祭りの正しい桃の花の飾り方は?いつまで飾っておけばいいの?

歴史のある桃の花ですが、特に花をかざるにあたっての決まりはありません。

しかし、いろいろな花といっしょに生けるのではなく、桃の花のみ花瓶で飾るのが一般的です。

 

ひな祭りがある3月3日は、本来であればこの時期に桃の花は咲いていません。

花屋さんに行きますと、つぼみのままの状態で売られているそうです。

ですので、3月3日に見ごろになるように生けるといいですね。

 

部屋を暖かくして開花を促したり、つぼみに霧吹きをかけるなどをするといいですね。

また、雛人形のように、3月4日にには片づけなければならない、といったこともありません。

 

花がこれ以上元気にならない状態になったら片づけて下さいね。

まとめ

ひな祭りは、ひな人形を出し入れしたり、料理を作ることが先に頭に浮かんできますよね。

 

準備は結構時間や手間がかかりますが、女性にとっては、不思議とテンションが上がる行事でもあります。

できればそういった時に、お子さんと一緒に準備して、昔からの云われを教えていきたいものですね。

スポンサーリンク

コメント