機内で快適な服装とあれば便利なグッズを紹介。

旅行・お出かけ

国際線では、行き先によっては10時間以上になるフライトがあります。ファースト、ビジネスクラスの方は、広々としていますので問題ないですが、エコノミークラスはかなり窮屈です。ここでは、海外旅行初日が移動疲れで終わってしまったという事がないように、エコノミークラスの長時間フライト対策として、快適に過ごす事ができる服装やあれば便利なグッズを紹介します。

スポンサードリンク
  

機内で快適な服装は?

ジーパン、スキニ―のようなお腹周りを締め付けるようなズボンはNGです
これは男女共通です。

せっかくの海外でオシャレはしたいと思いますが、機内の中はオシャレよりも快適な服装を心掛けてください。ただ、機内も公共の場ですので、あまりにもパジャマのようなゆるい服装もNGです。現地についてからオシャレをしましょう!

  • 女性にオススメの服装
  • 柔らかい素材のパンツやスウェットがオススメです。スウェットも最近はオシャレなもの増えてますので機内でも問題ないです。マキシ丈のワンピースを着ている方も多いと思います。機内の温度が寒い事がありますので、温度調整ができるように重ね着をして脱ぎ着ができるような服を選択してください。ストールもあれば掛け毛布変わりになります。

  • 男性にオススメな服装
  • スウェットかジャージがオススメです。(私服で着ている物)どちらも、楽だからといってパジャマに使用しているものはNGです。季節にもよりますが、夏だと半パンで問題ないですが、機内の空調が寒い場合もありますので、薄手の長ズボンをカバンに入れておくと寒い時は使えます。上着も女性と一緒で、温度調節ができるようにしましょう。ジップアップパーカーがオススメです。

機内に持ち込めるあれば便利なグッズ

海外旅行初日をおもいっきり楽しむ為に機内ではできる限り万全を期しましょう。

まずは持ち込みの制限を確認しておきましょう。

関連記事
国際線で液体の持ち込み制限とオススメの持ち込み方法は?
海外旅行で預けれる荷物の大きさ重さの制限を確認

スポンサードリンク

あれば便利なグッズ15選

1.スリッパ(サンダル)
長時間のフライトで靴をずっと履くのは疲れますし、いちいちトイレのたびに脱いだいり履いたりは手間がかかります。少し荷物になるかもしれませんが、あると本当に便利です。
シャワーサンダルが靴下も履けるのでオススメです。

2.マスク
機内はものすごく乾燥しますので、対策しておきましょう。

3.ティッシュ
口を拭いたり、鼻をかんだりと使えます。

4.歯ブラシ
長時間フライトでは、何度も機内食がでますので寝る前にスッキリさせましょう。現地についた時もすぐ磨けます。

5.化粧水
これは女性用かもしれませんが、乾燥している機内で肌を守るために。
※液体の持ち込みは制限がありますので注意してください。

6.化粧品
現地ですぐに化粧が出来るように。

7.リップクリーム
これも乾燥対策です。

8.コンタクト保存液
コンタクト使用者であれば必須です。
※液体の制限には含まれません。

9.水(飲み物)
機内で飲み物はもらえますが、飲みたい時に手元にあった方がいいです。
出国審査をしてから購入をしてください。

10.ボールペン
入国審査、税務申告書が着ないで配られますので記入する必要があります。
何度も貸した覚えがあります。

11.薬
持病の薬、頭痛薬、胃腸薬。

12.アイマスク
真っ暗でないと寝れない方は必須です。

13.携帯枕
座ったまま寝れない人は、持って行く価値はあるかと思います。色々な素材、固さのものが販売されているので試してください。

14.着圧ソックス
これは女性だけかもしれませんが、長時間座っているので足のむくみを軽減してくれます。

15.暇つぶしグッズ
長距離フライトであればかなり重要です。ガイドブック、PC、タブレット、携帯ゲーム機、音楽プレーヤー、マンガ、雑誌
自分が長く暇を潰せるものを持って行きましょう。タブレットで映画やドラマをダウンロードして見るのは時間が経つのが早く感じます。

まとめ

機内で長時間過ごす事は誰でもしんどい事です。しかし、服装や長時間機内で過ごす準備ができていないと、機内が寒くて寝れない、起きていても時間を潰すすべがないといった事に陥ります。現地について体調を崩すといった事がないように。しっかり準備をしましょう。

体調万全で旅行にのぞんでください。

スポンサードリンク

コメント