海外でパスポートを紛失!再発行?対策はどうしたらいい?

パスポート

海外に行く際に絶対に必須なもの、パスポートです。
パスポートは海外で、自分の身分を証明してくれる唯一のものです。そんな大切なパスポートを紛失、盗難されてしまうこともあります。しっかり管理していても人生何があるかわかりません。そして紛失してしまうと、日本に帰国することができません。

さて、今回は

  • 海外でパスポートを紛失したときの対処は?
  • 海外でパスポートを再発行手続きの流れ。
  • 紛失すると予想した対策は?念には念を!

をご紹介します。

  

海外でパスポートを紛失したときの対処は?

気づいたらすぐに管轄の警察へ

パスポートを紛失された場合、現地の警察署でパスポートを紛失した証明書(ポリスレポート)を作成してください。
言葉も通じない現地の警察署へは行きにくいので、宿泊ホテルのスタッフや、旅行代理店の方に助けを求めるのも一つの手段でしょう。
そういった方は慣れていますので、現地の警察署の場所や手続きの情報を把握していることも多いです。
ポリスレポートが取得できれば、現地日本大使館へ向かってください。

現地大使館で紛失届の提出
注意点としてパスポートをなくした本人が大使館の窓口まで行く必要があります。

紛失届を大使館に申請する際の必要書類

紛失届を大使館に申請する際の必要書類
  • 紛失一般旅券等届出書 1通
     大使館の窓口にありますので必要事項を記入してください。
  • 先ほど警察署で入手したパスポート紛失を立証する書類:1枚
     ポリスレポートになります。
  • 写真(縦45mm × 横35mm):1枚
     海外で写真を撮るのはさほど難しくはありません。パスポートの写真があればベストです。
  • その他参考となる書類:1枚
      必要に応じ、免許書や保険証など本人確認、国籍確認できる書類
  • *印鑑か拇印が必要な場合があります。

大使館へ行く時に、上記の資料を持って行ってください。
写真に関しても現地で撮影し入手することは難しくありません。
また手続きをスムーズに進めるためにも、パスポート番号などは事前に控えてください。コピーでも可。
これらの資料を全て届け出ると紛失したパスポートは失効します。届出が提出されるまではパスポートを失効されないので注意が必要です。
盗難にあったパスポートは偽造され不正に利用される可能性があるので、なくした場合はできるだけすぐに届けてください。

海外でパスポートを再発行手続きの流れ。

こちらも、現地の日本大使館で手続きします。

パスポートを紛失した場合、下記の2通りの選択肢があります。

この方法は、短期滞在で海外旅行へ行くケースが多い方向けです。パスポートの発行は帰国してから通常の手続きに沿って行う方法になります。

A,パスポートは再発行せず、渡航書を申請し日本へ帰国する
    渡航書の申請の際に必要な物

  • 渡航書発給申請書
     日本大使館にあります。
  • 戸籍謄本か戸籍抄本
    もしくは運転免許証、国民保険証、本籍の入った住民票など日本国籍が確認できる書類
  • 指定サイズの写真
     縦4.5cm×横3.5cm パスポートの写真があればベスト
  • 航空券の予約表のコピーもしくはチケット
     旅行の日程表でもいいです。

「帰国のための渡航書」は、新たにパスポートの発給申請をする際に、日本のパスポートセンターに返却ください。
渡航書は、申請の当日又は翌日以降に交付されます。有効期限は3日間です。そのため、帰国数日前にタイミングを調整して大使館に申請してください。

B,パスポートの再発行をする(新規発給を申請する)
日本でパスポートを発行する時と同じ様に、5年か10年かを選択できます。
必要費用も日本でかかる金額と同じです。

パスポートの申請の際に必要書類

  • 渡航書発給申請書
     日本大使館にある
  • 戸籍謄本か戸籍抄本
  • 指定サイズの写真
     縦45mm×横35mm
※大使館にICパスポート作成機がない場合のみ、申請書2通と写真2枚が必要です。現地大使館で確認してください。

新規パスポートを現地で発行する上で難しいくなってくるのは、戸籍謄本か戸籍抄本をもらう事ではないでしょうか。
パスポートの紛失、盗難の際に上記の必要書類を所持している事はほとんどないと思います。
日本にいるご家族や友人に頼んで、役所で書類を用意してもらい、現地滞在先まで郵送してもらうか、FAXで送ってもらう必要があります。
友人に戸籍謄本の取得を依頼する場合、そのための委託書も必要になります。

現地警察が発行した盗難・紛失届の証明証を用意しておきましょう。
また、パスポートの再発行の場合は発行まで1週間以上は見ておいてください。長期で滞在する場合や現地に住んでいる場合の人が取る選択肢になります。

関連記事:海外旅行の準備!パスポートの必要書類~申請~費用は?

スポンサーリンク

紛失すると予想した対策は?念には念を!

もしもの為に準備しておきたいというかたには、現地での再発行でいる書類を持参してもいいかもしれません。
念には念をです。もちろん失くさないのが一番です。

紛失した時の為に準備する書類
  • パスポートのコピー
  • 免許証のコピー
  • ツアー日程の確認できる書類のコピー
     個人の場合は帰りの飛行機のチケットのコピー
  • パスポート用の写真2枚
  • 戸籍謄本か戸籍抄本

上記があれば、手続きもスムーズになるかとおもいます。
準備した書類も失くさないようにしてください。

まとめ

対処方法を知ることも大切ですが、まず貴重品類は失くさないようにしてください。
特にパスポートは渡航先であなたの身分を証明する唯一のものです。
上記内容をある程度把握しておければ、万が一の事が起きても、冷静に迅速に対処できるでしょう。

是非とも、準備と管理をしっかりして、楽しい海外旅行にしてください。

関連記事:海外旅行で貴重品の管理で気をるける事。ホテルやビーチでは?

スポンサーリンク

コメント