スポンサーリンク

海外旅行で貴重品の管理で気をつける事。ホテルやビーチでは?

トラブル

海外旅行初心者の方で、気になる事の1つは貴重品(パスポート・お金)の持ち歩き方や管理方法ですよね。ホテルではどうしたらいいのか?ビーチにでかけた時は?など不安な点がいくつも出る事があると思います。日本は、治安がよく普通に生活していれば強盗やスリに合う事も多くはありませんし、日本よりも治安が悪い国が多く、観光地など人の多く集まる場所では強盗やスリなど、外国人を狙った犯罪が起きています。その手口は巧妙化しており、どんなときでも貴重品には注意を払い、防犯対策を行わなくてはいけません。ここでは海外旅行初心者の為に貴重品の持ち歩き方や管理方法の最低限気をつける事について、以下にご紹介します。

  

海外旅行で貴重品の管理で最低限気をつける事。

セキュリティーポーチ
海外旅行初心者、ベテラン関係なく、肌身離さずが一番安心できるかと思います。腰巻タイプの貴重品ポーチは海外旅行の大事なお供です。現金やカード等の持ち運びは、この方法がもっとも安心感があります。このタイプは、身に付けていても目立たないメリットはありますが、取り出しにくいと言う人もいますので、良く使う現金などは分散して持ち運びましょう。

持ち運び用貴重品バッグ
海外旅行初心者の方ですとウエストポーチがいいのではないかと思います。こういうタイプのは、比較的丈夫な素材で作られていますので旅行先で破れたなどのトラブルはあまりありません。機能性に優れているものも多く、移動にも最適です。さらには防犯対策として、たすき掛けにして体の前でバッグを抱えられるようにデザインされているのがほとんどです。現金やカードといった小物だけでなく、デジカメやタブレットなども入れることができて便利です。デメリットとしては、明らかに貴重品が入っていると分かってしまう点ぐらいでしょうか。治安の悪い国では避けた方がいいでしょう。
個人的にアジア諸国では、一度も盗難、スリなどのトラブルはありません。

パスポートのコピーを持ち歩く
外国人はパスポートを持ち歩く必要があります。あらかじめコピーを取っておけば、パスポートはホテルのセキュリティボックスに預けて出かけることができます。ホテルのグレードが高ければの話ですが。国によりけりですが、お酒を買う時にパスポートの提示を求められる時もあります。

現金は分散して持ち歩く
強盗やスリなど遭った場合も考えて、現金は3つぐらいに分散して持ち歩きましょう。管理が大変になってきますが、何かあってからでは遅いので念には念を!またメインの財布と別にダミーの財布を準備しておくと、さらに安全です。

人前では貴重品を出さない
むやみに貴重品を出さない事!最近はスマホ、タブレットも貴重品です!銀行や両替所で現金を手にしたときも、人に見られないように数えたほうが安全です。

スポンサーリンク

海外旅行先のホテルで貴重品を管理

どうしても持ち歩けない時にホテルで管理してもらわなければならない時があるかと思います。

フロントには預けない
最近はそもそも預けれないところの方が多いかもしれませんが、預けないようにしましょう。
中級以下のホテルでは盗難もあるみたいです。

セーフティボックス
グレードの高いホテルでは部屋のセフティボックスに預けて何の心配もありません。
その際も一応、ベッドメイキング時のトラブルを避ける為にも、チップを置く事が重要です。

部屋の中で管理
スーツケースの中入れて鍵をかけクローゼットに入れておきましょう。
ツアーパッケージ内のホテルであればトラブルも少なく比較的安全だと思います。

海外旅行で貴重品をビーチではどうする?

ビーチに行く時に身軽な格好で貴重品の持ち運びをどうすればいいのか。

防水ケース、ジップロック、スマホ用の防水パック
と様々なものがありまずが、結論は最低限必要なものが入る物を選択します。

個人的にはスマホと現金ぐらいで充分と思いますので、防水パックをズボンの紐で繋いでポケットに入れる方法がいいかと思いますし、女性ですとケースを首にかけるか、腕に紐かなんかで留めるのがいいかと思います。中身が見えてダサいとかは、工夫してください。

まとめ

海外旅行では、貴重品管理は必須です。
どんなにセキュリティー対策をしても、日本と同じように行動をしていれば、盗難、強盗に遭う確率は高くなっていきます。
渡航先の治安状況などを確認し良い方法を探してみてください。

海外旅行初心者の人は念には念を!で準備して行きましょう。

それではたくさん楽しい思い出を作って下さい。

スポンサーリンク

コメント