海外旅行で空港や荷物にまつわるトラブル対処方法

トラブル

海外旅行をしていると想定できないようなトラブルが発生する場合があります。
せっかくの海外旅行でトラブルにあたふたしてしまい、せっかくの休暇も旅行も台無しにならないように、現実に起こった時の対処の助けにして頂ければと思います。
ここでは空港でのトラブル、荷物にまるわるトラブルの対処、大切なものを忘れた時の基本的な対処方法を紹介します。

  

海外旅行で空港でのトラブル対処

飛行機のキャンセルや変更
飛行機を乗っていれば、ほとんどの方が経験した事があるトラブルではないでしょうか。天候が悪い場合(大雪、台風、嵐など)は遅れやキャンセルの可能性がありますし、
経由地などでは、出発元の空港でトラブルがあればその日の搭乗はできなくなる事もあります。
このような状況での基本的な対処方法を確認しておきます。

  • 2時間以上遅れる場合、航空会社のカウンターなどで状況確認をしてください。
  • 緊急連絡先をあらかじめ調べてください。
  • 航空会社によっては日本語で対応してくれるところもありますので、事前にどこに電話すれば良いか調べて下さい。

  • 当日フライトキャンセルになった場合は、ホテルなどの手配を早急にしてください。
  • 航空会社によっては、ホテル代、ホテルまでの送迎はすべて航空会社で負担してくれると ころもあります。

  • 遅延の場合は、海外旅行保険が適用になりますので、旅行会社から証明証を発行してもらいましょう。

外国で英語も話せない、本当にどうしていいか分からなくなったら、同じ日本人を探して話かけてください。個人的にはこれが安心できます。
とはいえ、遅延、キャンセルに合わない事が一番いいので、休暇を取って海外旅行に行く場合は、航空会社の情報を調べ遅延が多いところの利用は控えた方がいいです。
それでも起きてしまった時の時間の使い方も考えておきましょう。ラウンジの使用やタブレット端末の充電など。

海外旅行で荷物にまつわるトラブル対処

荷物にまつわるトラブルの一つが、カバンの紛失です。

カバン紛失時の対処方法

  • 利用した航空会社のスタッフに事情を説明。
  • 身の回りのモノの費用請求
  • どうしても見付からない場合は、まず身の回りの必要最低限のモノを買ってください。(着替えや歯ブラシなど) 購入した領収書を提示すれば、航空会社が料金を支払ってくれる場合が多いです。

  • 手荷物事故報告書の作成
  •   スーツケースや荷物の色や形、特徴、メーカー、自分の滞在先や住所を記載してください。
      見つかったら、すぐに連絡をもらえるように伝える事。 送ってもらう場所を記載。自宅なのか滞在ホテルなのか。

  • 紛失なのか遅延なのか
  • だいたいは遅延して見つかることが多いですが、紛失した場合は保証金請求の手続きが必要になります。
    航空会社よって、対応や保証してくれる金額が変わります。

上記はすべて空港会社の責任ですが、個人レベルで注意する場合は、他とかぶらないようなカバンにする(ステッカーや色でオリジナリティを出す)、他人の荷物と間違われないようにしてください。

スポンサーリンク

海外旅行で大切な荷物を自宅に忘れた。

人間だれでも忘れ物はあります。海外旅行に出かけた際は現地で代用できるものがあれば問題ないと思いますが、病院からもらっている服用している薬等を忘れると代用もなく
取り返しのつかない事になります。
そういった場合の対処方法は

  • 家族や、信頼できる友人に国際便で送ってもらう。

ただし、法的に厳しい事や運送会社によっては郵送を禁止している物もあるので注意が必要です。しっかりと情報確認してください。
他に、税関を通る為の時間や、出荷の手間で時間がかかってしまうことがあります。さらには、費用もかかってきますが、毎日服用するものに関してはお金に変えれないと思います。日本からどうしても送ってくれる相手がいない場合は、ホテルや現地スタッフに助けてもらい入手するようにしてください。

それでも、忘れ物をしないのに越した事はないので、チェックリストを用意して管理をしましょう。

まとめ

空港や荷物の基本的なトラブルの対処方法を紹介しましたが、トラブルは予想のつかないところで出てきます。
言語がよくわからない海外で突然不安な状態に置かれるとパニックになる事がありますが、まずは冷静に行動することが大事です。
そして、一人で考えずに周りの人の助けを借りるのも手段の一つと覚えておいてください。旅の上級者の方に合うとかなりスムーズに行く事もあります。

みなさんの旅行がいい思い出になるようにしっかりと準備してください。

スポンサーリンク

コメント