夏バテなんて吹っ飛ばせ!原因と対策とは?

暮らし

夏本番!ですね。
暑い日が続き、体調を崩しやすくなっていませんか?
いわゆる「夏バテ」には明確な定義はありません。

だるかったり、食欲がなくなったり、といった身体的な不調だけではなく、
イライラなどの精神面での不調など、
いろんな症状をひっくるめて夏バテと呼んでいるのです。

今日は、そんな夏バテについてお話していきましょう!

スポンサードリンク

夏バテになる原因や症状はなに?

まずは、夏バテの主な原因と症状についてみていきましょう。

  • 自律神経の乱れ
    エアコンの効いた室内と暑い屋外の温度差が激しいことで、
    体温を調節する自律神経が対応しきれずに乱れてしまうのです。
    自律神経が乱れることで、胃腸の不調や食欲不振を招き、栄養不足にもつながります。

  • 睡眠不足
    夜間も気温が高く、熱帯夜が続いたりすると、
    寝苦しくてぐっすり眠ることができなかったりしますよね?

    ただの睡眠不足だと軽く考えてしまいがちですが、
    しっかり眠れないことで疲れがたまってしまったり、
    自律神経の乱れにつながったりして、
    夏バテを引き起こす原因のひとつになってしまうんです。

  • 栄養不足
    冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎると、
    胃腸が冷えて胃の働きが低下してしまいます。

    そうすると、栄養の吸収が悪くなったり、
    食欲がなくなり、身体に必要な栄養が不足してしまうんです。

    そのことが、結果、体調不良を招き、夏バテを引き起こしてしまうのです。

  • 体内の水分とミネラルの不足
    高温多湿の環境が続いたり、強い日差しを浴びる時間が長くなってしまうと、
    汗と一緒に水分とミネラルを失ってしまうため
    、脱水症状を起こしやすくなってしまいます。

日常生活の中でのこのようなことが原因で、
疲れ・だるさ・食欲不振・めまい・下痢や便秘、
その他にもイライラしやすくなった・やる気が出ない、
などといった症状が現れるのですね。

夏バテにならないための対策とは?


  • 室内と外の温度差は、5℃以内に
    始めのテーマでもあげたように、温度差が激しいと自律神経のバランスが
    崩れやすくなってしまいます。

    なるべく5℃以内におさえるか、職場などでは身体が冷えないよう、
    カーディガンを羽織るなどして工夫しましょう。

  • しっかり水分補給する
    「喉がかわいた」と感じた時には、すでに脱水がはじまっています。
    早めにこまめに水分を摂るようにしましょう。
    また、水分が失われやすい就寝前には、コップ一杯の水分を摂ると良いでしょう。

  • ぐっすり眠って身体を休める
    寝室の環境を気持ちよく保つために、室内の温度は28度ぐらい、
    湿度は50~60%がベストだそう。

    エアコンや扇風機を使って、ぐっすり眠れる環境を整えましょう。
    ただし、タイマー設定をしたり、風が直接当たらないように気をつけてくださいね。

    寝苦しい時は、アイスノンを使うのもおススメです。

  • 適度に身体を動かす
    軽く汗ばむぐらいの運動がおススメ。
    ウォーキングや軽いジョギングを15~20分ほど行うのが目安です。
    炎天下では、熱中症が心配なので、早朝や夕方以降に行うと良いでしょう。

  • バランスの良い食事を心がける
    やっぱり毎日の食事は、健康維持の基本です。
    食欲がないからといって、冷たいものばかりを食べていると、
    胃腸の働きが弱まってしまいます。

夏は火を使った調理はおっくうになるので、
電子レンジをうまく活用するなど工夫すると良いですね。
次のテーマでは、夏バテに効く食材をご紹介するので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

夏バテ解消の食べ物とは?

疲労回復におススメなのは、
豚肉・レバー・まぐろやかつお・うなぎ・にんにく・ねぎ・
トマト・かぼちゃ・ピーマン
・・・などなどです。

こちらのサイトでは、夏バテ対策におススメの献立が紹介されていて、参考になりますよ。
良かったらチェックしてみてくださいね。
https://park.ajinomoto.co.jp/kenko/index.html

ちなみに我が家での夏バテ対策メニューは、必ず汁物をつける!というものです。

食欲のわかない日や暑すぎる日は、素麺や冷やし中華、
といった冷たくて食べやすい献立になってしまうのですが、
そんなときでも必ず暖かい汁物をつけて、身体を冷やさないように気をつけています。

家族が好きな具材をたくさん入れて気を引いてみたり、
みんなが大好きな豚汁にしてみたり、残してしまわないようにいろいろと工夫しています。

具だくさんにすれば、サラダよりもたくさん野菜が摂れますし、
残った半端な野菜やお肉の消費も出来て便利ですよ。
ポイントは、家族が食べてくれそうな味付けと食材で作ること!

まとめ

いかがでしたか?
夏バテに効くのは、毎日のちょっとした工夫なんですね。
いろんな対策をためしながら、今年の夏は夏バテせずに元気に過ごしたいですね!

スポンサードリンク

コメント