服をハンガーに掛けるにはひもが役立つ!上手なハンガーの干し方は?

暮らし

洋服を洗濯してハンガーに干すとき首元が広がったり、形が崩れてしまったらどうしようと

思ったことはありませんか?

お気に入りの洋服ならなおさら大切にしたいですよね。

そこで今回はハンガーに上手に干す方法を、紹介したいと思います。

スポンサードリンク

服についてる謎の紐。実はハンガーを掛けるときにひもが役に立つんです!

みなさんの持っている洋服の方の部分や、

スカートのウエスト部分に紐がついているものはありませんか?

セーターやカットソー、スカートやワンピ、ズボンなどさまざまなものに、あの紐はついてます。

あれ?この紐はなんだろう?と思ったことがある方もいるはず。

 

邪魔だから切っちゃった。という人もいるかもしれません。

しかし実はあの紐、かなりの役に立つんです。

あの紐の正体はハンガーループといって

洋服をハンガーに掛けるときに、とても役立つ便利部品なのです。

 

襟ぐりが大きい洋服などは、ハンガーに掛けると落ちてきてしまったりしますよね。

そんなときはあの紐を、ハンガーフックに引っ掛けると

形を崩すことなく、しっかりハンガーに掛けることができます。

 

またスカートのようにハンガーに掛けにくいものでも

紐を引っ掛けるだけなので簡単に掛けられます。

 

とても便利な優れものなのですが

たまに、洋服を着ているときに、出てしまうこともあるんです。

ですので、襟ぐりが大きくないものや、紐を使わなくても干せるものでしたら

あの紐は切ってしまっても問題はありません。

 

また、ハンガーによっては、ハンガーフックがついていないものもありますので

もしお手持ちのハンガーにフックがついていましたら

ぜひあの紐を使って干してみてくださいね。

ちなみに背中側一本になってる長いハンガーループですと

どのハンガーでも使うことができます。

 

スポンサードリンク

服がハンガーに掛かっている場合に伸ばすことなく外す方法は?

さて服についている謎の紐はハンガーループと紹介しましたが

Tシャツやトレーナーなど

ハンガーループを使わずに干すものもありますよね。

しかし毎回首元からハンガーを入れてり外したりしていると

襟元が伸びてきてしまいます。

 

そうならないためには

やはり、服の下側からハンガーを取り外すのが一番です。

でもあれって結構めんどくさいですよね

そんなときにおススメなのが

 

折りたためるハンガーです。ハンガーの両肩の部分が畳めるようになっていて

洋服の首元を触ることなく、スルンと外すことができます。

いろいろなタイプがあるのですが

 

たとえばコレ


 

こちらはステンレス製のハンガーになります。

一見普通のハンガーですが

真ん中部分を握ることにより、肩の部分が内側に狭くなるのです。

 

そのため、掛けるときも外すときも、洋服の襟ぐりの幅に合わせられるので伸ばさず簡単に

外すことができます。

このように、握って畳めるタイプやワンタッチで畳めるタイプもあります。

ちなみにこちらの商品は

アームが収縮するので、衣類の大きさにも合わせられます。


 

首元は伸びてほしくないけど

毎回毎回下からやるのは面倒

という方は、このようなものを使っても良いかと思います。

干す時間も短縮できます。

 

まとめ

お気に入りにも洋服は綺麗に長く着たいですよね。洋服についてる謎の紐ハンガーループ。

今まであまり気にしてなかったという人も邪魔で仕方なかったという人も

ぜひ使ってみてください。意外と役に立つんです。

ハンガーに掛ける手間暇が少しでもなくなるといいなと願っています。

スポンサードリンク