乾燥肌のかゆみの原因は?辛い湿疹、原因と対策について

暮らし

冬は乾燥肌の人にとって、かゆみが増して湿疹もでてきたりと辛い季節。
ですが、冬だけでなく一年中肌が乾燥してかゆみや湿疹に悩まされている人も
中には少なくないのではないでしょうか。

ここでは乾燥肌のかゆみ、湿疹について、その原因と対策についてお話します。

スポンサードリンク

乾燥肌のかゆみと湿疹の関係

まず、乾燥肌とはどういう肌のことをいうのでしょうか。

 

それは文字通り肌が乾燥している状態のことです。といっても
見た目がカサカサしているというだけでなく、肌に本来備わっている
天然の皮脂クリームが少なくなってしまった肌のことを指します。

 

朝起きたら肌が乾燥しているような気がする、洗顔後肌がつっぱっている、
化粧水などをつけると肌がヒリヒリする、冬以外も乾燥に悩んでいる…
このような症状があれば乾燥肌といえるでしょう。

 

肌が少し乾燥してくるとカサカサしたりします。もう少し乾燥が進むと
かゆみをともなってきます。さらに乾燥が進むと肌が湿疹化することが
あります。

 

 

この湿疹化、かゆみが我慢できず掻いたりするなど、肌のバリア機能が
弱まって少しの刺激にも反応してしまい肌の表面を傷つけて
炎症や湿疹になってしまうのです。

 

湿疹を放置しておくと悪化する恐れがあるので、きちんと早めにケアを
することが大事です。

乾燥肌のかゆみの原因


乾燥肌のかゆみはなにが原因なのでしょうか。

  • 細胞間脂質の減少

    乾燥肌になる前の肌は天然クリームの皮脂やセラミドといった細胞と
    細胞の間を埋めている細胞間脂質というもので覆われています。

    いわばカバーされて守られている状態です。このセラミドなど細胞間皮質というものは水分を蓄えて肌を保湿し、
    隙間なく細胞の間を埋めてくれるので外部からの刺激をシャットアウト
    してくれます。

    ですが乾燥肌はセラミドがとても少なくなってしまった状態ですので、
    肌に含まれる水分量も少なくなり常に乾燥している肌=乾燥肌に
    なります。

    このいわゆる無防備な状態の肌に外部からの刺激が加わると、
    途端にかゆみが生じるのです。例えば髪の毛の一部や衣類が
    少し触れたり擦れたりしてもそうですし、化粧水でもそうなります。

  • ph値の変化

    乾燥肌でない通常の肌は弱酸性ですが、これがアルカリ性に
    なってしまうと細菌が増殖してしまい、かゆみを引き起こす
    要因となります。

  • ヒスタミンの増加

    かゆいと思って掻いてしまうとその時はいいかもしれませんが、
    かゆみを誘発するヒスタミンという物質の分泌を引き起こして、
    さらにかゆみを増してしまうという悪循環も。

  • 代謝の乱れ

    ターンオーバー(代謝)の乱れがかゆみを引き起こす要因と言われています。

    年を重ねていくと肌の代謝も悪くなりがちです。そうすると水分を保ってくれる
    細胞が減少し乾燥が進みます。その結果肌が乾燥しやすくなり、かゆみを
    引き起こします。

スポンサードリンク

乾燥肌のかゆみの対策


ではどうやって乾燥肌のかゆみをとめられるのでしょうか。

  • 顔や身体を洗う時は水かぬるま湯で
    洗顔時に使用するすすぎは水かぬるま湯にしましょう。
    熱めのお湯は肌の細胞間皮質や皮脂を流してしまうのです。

    洗顔料も必要以上に皮脂や細胞間皮質を流してしまうので、
    一日に一回程度の使用でとどめておくのがいいですね。

    同じく入浴の際も熱めのお湯よりもぬるま湯の方がよいでしょう。
    また、ゴシゴシ身体をこすって洗うよりも、なるべく泡立てた泡で
    優しく包むように洗います。石鹸は刺激の少ないものを選びましょう。

    タオルでふくときも優しく肌を押さえるようにして水分をとってくださいね。

  • 保湿

    洗顔後や入浴後はなるべく早めに保湿ケアをしましょう。
    「無添加」「敏感肌用」と書いてあるものは刺激が少ないものになっています。

    今使っている化粧水等がヒリヒリして合わない場合は、こういったものに
    変えてみるのもいいですね。

    敏感肌用の化粧水などを使ってもよくならない場合、少し肌を休める
    という意味で、それらの使用を少しやめてワセリンだけで肌を保護する
    というのも一つの手です。ワセリンはドラッグストアでも購入できます。

  • 爪は短くしておく
    かゆいとどうしても掻きたくなってしまうものですね。
    寝ている間に無意識に掻いて肌を傷つけるのを少しでも防ぐためにも
    爪は短く切っておいたほうがよいでしょう。

  • 空気が乾燥している場所では加湿を

    冬は暖房・夏はクーラーと、空気が乾燥している空間に長時間いる
    だけで肌は乾燥肌になってしまいがちです。エアコンなどで空気が乾燥しているなと感じたら、
    部屋の湿度をあげるように加湿するか、それが難しい場合はこまめに保湿クリームを
    塗ってあげるなどしてケアしていきましょう。

  • かゆみに効く成分を使う

    どうしてもかゆくて掻いてしまうなら以下のような成分が配合された
    薬を塗布することをおすすめします。


    ・抗ヒスタミン
    ・ビタミンE
    ・セラミド など

    抗ヒスタミンはかゆみを誘発するヒスタミンを抑えてくれるものです。
    ビタミンEは血行を促進(血行促進は肌の老廃物排出をします)し、
    新陳代謝を高めてくれるものです。

    かゆみを抑えてくれるもの、血行をよくしてくれるもの、肌に保湿を
    保ってくれるものなどがありますので、自分にあったものを選んで
    みるといいですね。

まとめ

乾燥肌のかゆみや湿疹はそのうち治るというものでもないので、
それぞれの症状に合った対策をきちんとすることが大事です。

もし、ここで紹介した対策でも一向によくならない場合は、
早めの皮膚科受診をおすすめします。

肌に潤いとバリア機能が回復してきて、乾燥肌やかゆみ、湿疹とも
さよならできますように。

スポンサードリンク

コメント