テフロン加工のフライパンの原理は何?寿命も気になる!復活は可能?

暮らし

テフロン加工のフライパンって便利ですよね。

テフロン加工はくっつかなくて使いやすい上に、油の使用も控えることができます。

しかし、そんなテフロン加工のフライパンですが、なぜ焦げ付かない上にくっつかないで料理をすることができるのでしょうか?

普段テフロン加工を使っていても意外とそこまでは知らないですよね。

またテフロン加工の寿命も気になると思います。

ここではそんなテフロン加工のフライパンの原理は寿命について解説をしていきたいと思います。

テフロン加工のフライパンの原理について解説!

そもそもテフロン加工とはどういったものなのでしょうか?

当たり前のように使っていはいますが、実際原理などはよくわかりませんよね。

まずはそんなテフロン加工とはどういうものかについて解説をします。

テフロン加工とよく似ているのがフッ素加工ですが、実はこの二つの違いですが、実はほとんどありません。

テフロン加工とは調理器具メーカーのデュポン社が、独自のフッ素加工技術をテフロン加工と商標登録しているだけです。

このテフロン加工の認知度が高まったため、テフロン加工だけで通じるようになっているのですね。

これはチャックファスナーの関係に似ています。

テフロン加工はフライパンの表面にフッ素のコーティングをしたものとなっています。

フッ素は原子の性質として炭素と結びつきやすいとものがあります。

それにより、食材の化学反応が起きにくくなり、フライパンで調理をしても焦げ付かないで、調理が可能という仕組みになっています。

ちなみにフッ素加工自体はフライパン以外にも使われており、アイロンなどにも応用をされています。

またテフロン加工のフライパンを使っているとコーティングの剥がれが気になると思います。

長年使っているとテフロン加工が剥がれてしまい、それを使っていても大丈夫なのでしょうか?

結論から言えば心配はありません。

多少テフロン加工が剥がれてそれが食材と混じったところで、よほど大量に摂取をしなければ人体に影響はありません。

ただテフロン加工のフライパンを使う上で注意をして欲しいのが空焚きです。

テフロン加工は空焚きをすると、あっという間に表面温度が上がり煙がモクモクと上がっていきます。

このテフロン加工のフライパンから発生する煙は有毒性であり、大量に吸い込むと気分深いを引き起こします。

テフロン加工のフライパンは便利ではありますが、しっかり使い方を守って使用してください。

テフロン加工のフライパンの寿命はどのくらい?復活する方法はある?

テフロン加工ですが、寿命はどれくらいなのでしょうか?

結論から言えば、寿命は大体1年ほどとあまり長くはありません。

その理由としては、フッ素コーティングが熱や衝撃にあまり強くないからです。

テフロン加工のフライパンを使って1年以上過ぎたり、フッ素コーティングが剥がれてきた場合には、寿命と判断して新しいものを買うのも良いでしょう。

またテフロン加工ですが、剥がれたテフロン加工を復活させるコーティングスプレーというのもあります。

これは簡単にできる分、効果は程々といった感じですね。

他にも地域によってはテフロン加工を復活してくれる業者であったり、メーカーによってテフロン加工を復活させてくれることもあります。

テフロン加工のフライパンに寿命が来た場合、新しい物を買うのもいいですし、なんとかして使い続けるのも構いません。

ぜひ自分の考えに合わせてテフロン加工のフライパンを使ってくださいね。

まとめ

テフロン加工とフッ素加工は基本的には同じものであり、フッ素加工の技術をデュボン社が商標登録したものです。

テフロン加工は便利ですが、空焚きをすると有毒ガスが発生するので安全に使うようにしましょう。

テフロン加工は寿命が来たら買い換えるか、新たにフッ素をコーティングするなどしましょう。

ぜひテフロン加工のフライパンを使って、楽しくお料理をしてくださいね!