縮毛矯正を自宅でアイロンなしでする方法ってあるの?正直、難しいと思う

暮らし

縮毛矯正は美容院の施術の中でもお金がかかります。

それに仕事や家事、子育てで忙しいとなかなか時間をかけて

美容院に通うことも難しいのではないでしょうか。

でも手入れも大変なくせ毛の髪は嫌…。

まっすぐと綺麗な髪に憧れる人は多いですね。

あなたもそんなひとりでは?

そんな縮毛矯正、自宅で手軽にできれば嬉しいですよね!

 

お値段もかなり抑えることができます。

やはり仕上がりはプロには勝てませんが美容院はそれがお仕事ですから…

それでも手軽さとコストを抑えたい方に

 

できるだけ綺麗に仕上がる方法をご紹介しまね。

スポンサードリンク

 

縮毛矯正を自宅でアイロンなしで成功した人いるかな?

自宅での縮毛矯正に必要な重要な物。

 

それはストレートアイロンです。

アイロンを使うことによって格段に仕上がりがよくなるので

 

「思い通りにストレートになった」を成功

「思い通りにストレートにならなかった」ことを失敗とするならば

 

より成功に近づくためにはアイロンはあったほうがいいです。

 

なければ縮毛矯正ができないというわけではないのですが

美容院をはじめ多くの縮毛矯正の手順で使われています。

 

なぜアイロンを使うのか、それには理由があります。

 

縮毛矯正の液剤は1剤と2剤に分かれています。

 

まず1剤を使って髪のシスチン結合を溶かします。

そこにアイロンを使って熱で矯正。

2剤でシスチン結合を再統合して完成という流れです。

 

現在はこの方法が支流になっています。

よりストレートに近づけるためにはアイロンの存在がかかせません。

 

アイロンが重要なことを説明しましたが、

それよりも簡単で大切なコツが3点あります。

・晴れの日に行うこと

・カラーやトリートメントをかけたあとは避ける

・細かくブロッキングすること

 

晴れの日といっても湿度の少ないカラッとした日がいいです。

湿気があっては梅雨時期の髪のようにくせが出やすいので

出来れば雨の日を避けてくださいね。

 

カラーやトリートメントも色落ちやクセがつきにくくなる原因です。

出来れば1週間はあけましょう。

 

ブロッキングはできるだけ多くの髪に液剤がつくように丁寧に。

面倒ですが大切なコツですよ。

 

私が使用してるオススメアイロンはこちら

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】アイビルFDストレートアイロン
価格:14499円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)

アイロンもプロ仕様のものがいいですよ。
長持ちしますしこのメーカーはよく美容院でも見かけます。
ただこちらはお値段がネックですが、かなり長く使えるのでオススメです!

お安いもので人気なのはこちら。

 

安いですよね。笑
でも値段の割にとてもいいそうです。
先ほどのものより高温ですが重さが倍違います。

ストレートアイロンを選ぶポイントは個人的には、

・温度調節可能で160〜190℃は欲しい
・軽さ(ずっと持つので疲れます( ; ; )
・プレートの薄さ(分厚いものは挟みにくくて髪の根元があたらない
・自動電源off機能

です。

家電メーカーのものは昔何本も買いましたがあまり好きじゃないです。

値段の割に…?ってイメージです。

こんな感じですが参考になれば嬉しいです。

縮毛矯正自分で自宅で、できるやり方でいい方法って?

 

 

それはプロ仕様の液剤を使うことです。

ドラックストアで購入するものよりは値が少し張りますが

それでも美容院の料金と比べると断然お得。

 

ドラックストアで売っているものは「アイロン使用なし」

でOKの物が多く仕上がりに差がでます。

 

安価な成分のため縮毛矯正がかかりにくいのもオススメしない理由です。

液剤の種類のほかにもオススメの方法があります。

縮毛矯正の前に専用液を髪につけることです。

 

前後処理剤というのですが仕上がりが見違えるほど!

髪を保護してくれるので施術後の痛みも軽減されます。

縮毛矯正をかけたあとの髪はとってもデリケートなので

ぜひ専用液の使用をオススメします。

 

スポンサードリンク

 

縮毛矯正の詳しい手順とシャンプーはいつからできるのか

ではコツとオススメ方法を踏まえたところで、

実際に詳しい方法をご紹介します。

 

  • 軽くシャンプーして汚れを落とし、タオルドライで乾かした後

髪を細かくブロッキングしておきます。

 

  • 1剤を細かいコームでまんべんなく塗っていきます。

頭皮への刺激が強いので根元から1㎝ほどはさけるように。

根元から縮毛矯正がかかると不自然な仕上がりにもなります。

 

  • 塗り終わったら髪全体をラップで覆います。

メーカー既定の時間を目安に数分待つ。

時間がたってから髪の毛を数本とって伸ばしてみます。

スルスル巻き付けばOKです。

 

  • 1剤をしっかりと洗い流し、ドライヤーで完全に乾かします。

 

  • ここが重要です!アイロンの出番なのです!

丁寧に丁寧にアイロンをプレス。

アイロンは低温で長時間熱を与えるよりも

高温で一気にしてしまう方が髪へのダメージは少ないです。

 

  • 2剤をコームを使って髪の根元から塗り、

再度ラップで髪を覆い規定時間待ちます。

 

  • しっかりとすすぎ流してトリートメントを付けて完成です!

オススメした前後処理剤を使う場合は

手順方法の②番の前に「前処理剤」

 

④番で髪を洗い流したあと乾かす前に「前処理剤」

⑦番で髪を洗い流したあと乾かす前に「後処理剤」

 

を使用してくださいね。

 

クセが髪に定着するまでには時間がかかります。

施術当日のシャンプーは避けましょう。

 

変な型がついてしまう恐れがあるので念のため

1週間ほどはゴムで束ねたり、髪留めをつけるのも避けてください。

 

実は私はコレで失敗してしまったのですが、

髪を耳にかけるのも気を付けてくださいね。

私のように普段から耳にかける癖がある人は要注意ですよ~。

 

 

まとめ

自宅で美容院と違って手間がかかってしまいますが

コツを押さえれば仕上がりは変わってきます。

特別難しいこともないと思うので慣れるとお手軽に

ストレートヘアーを手に入れることができます。

慣れるまでは家族や友人に手伝ってもらうのもいいですね。

ただ冒頭でも言ったとおり、仕上がりはやはり美容院には敵いません。

今回はイベントがあるから綺麗に仕上げたい!

なんてときは少し奮発して美容院を利用してみてください。

縮毛矯正は美容院の施術でも髪へのダメージが大きいです。

その後のケアがとても大事なので自宅でおこなうときには正しい知識をもってくださいね。

私も自宅で縮毛矯正をしたことのあるひとりです。

この記事を参考に、あなたが満足できるストレートヘアーを

Getできることを願っています。

スポンサードリンク