スポンサーリンク

台風で起こる頭痛や吐き気の原因って?対処法と薬の飲み方を公開!

暮らし

台風の時期に頭痛や吐き気に悩まされている方は多いのではないでしょうか?

日常生活にまで支障をきたす痛みの場合は仕事もできないですよね。
しっかり原因と対処法をここチェックしていきましょう。

ここでは、頭痛と吐き気が起こる原因、頭痛の対処方法、薬を飲むタイミングを
紹介します。

  

台風の時期に頭痛と吐き気が起こる原因とは?

台風は大きな低気圧ですので、極端な「気圧の変化」があります。

この「気圧の変化」が頭痛や吐き気・めまいなど様々な影響を体に与えるという事が考えられてます。

気圧の変化で自律神経が乱れる

人の体は気圧が変化すると、耳の鼓膜の奥にある内耳が反応します。
水の中や飛行機の離着陸で耳が詰まったような感覚になった事ありませんか?

その感覚が内耳が反応しているという事になります。
反応するとその情報は脳へと伝わり、自律神経が活性化し始めます。

自律神経は普段はバランスよく活動していますが、内耳が刺激を受け自律神経のバランスが崩れると、
あなたに起こっている頭痛や吐き気を引き起こす原因となっています。

さらに、低気圧は血圧も低くしてしまいます。
血圧が低くなると血液が流れにくくなり、脳が本能的に血液を急激に流そうとするために
神経を刺激してしまい頭痛や吐き気・めまいが起こってしまします。

偏頭痛と同じ症状です。

台風の時期に起こった頭痛の対処法を教えます!

  • こめかみを抑える
    台風が原因で頭痛を引き起こした場合、こめかみの辺りの血管が多く脈打っていることはありませんか?
    血管が広がり一気に血液が流れている状態なので頭痛を引き起こしています。

    応急処置になりますが、こめかみの辺りの血管を抑えることにより
    血流を抑え頭痛を和らげる事ができます。
    出先や仕事中に引き起こった場合に役に立ちます。

    薬が効かない時はこのやり方は使えます。

  • 自律神経を整える
    休息をとる。「睡眠」が一番効き目があるでしょう。
    痛くて寝れない場合は横になるだけでもいいです。
    家にいる時であればお風呂に入ってリラックスする事も効果的ですが、
    頭痛の強さにもよります。動けるようであればお風呂に入りリラックスしましょう。

    注意人によっては温めると血行が良くなりさらに痛くなります。

  • 保冷剤で冷やす
    血行が良くなりすぎて頭痛が起こっている状態であれば効果的です。
    ズキズキしている部位に保冷剤を当てて安静しましょう。

    個人的には冷やしながら寝る事を実践しております。色々試しましたがこれが一番マシです。

  • コーヒーを飲む・カフェインを取る
    カフェインは広がった血液を抑えてくれる作用があるので効果的です。
    頭痛がしそうな時に飲むと予防にもつながりますよ。

    玉露入りのお茶はコーヒーの倍のカフェインを含んでいます。

  • 強い光や大きな音を避ける
    強い光や大きな音は血行の活動を促進する働きがありますので注意してくだい。

    暗い部屋で安静にしておきましょう、

  • 薬を飲む
    偏頭痛が日常的にある方は常備役として「ロキソニン」「バファリン」などを常備してると思います。
    後にも書きますが、薬を飲むタイミングが重要です。
    症状が来てからでは遅いので、前もって飲むという事を意識して服用してください。

    個人的に効果がある薬は「酔い止め」がオススメです。

スポンサーリンク

台風の時期の頭痛は薬を飲むタイミングで解消。

ズバリ!前兆がきたら飲みましょう!
不安な人は頭痛が引き起こりそうだったら飲む!

薬に頼らずに我慢して激しい痛みに耐える必要はありません。
早めに飲んでおきましょう。

薬の飲み過ぎで効果が薄れることはありません。
使用薬の添付文書を読み適正に使用してください。

まとめ

台風の時期は一気に気圧も下がり「頭痛」「吐き気」「めまい」が起こりやすくなっています。
偏頭痛もちの方は起こりやすくなっていますので注意してください。

頭痛の前兆があれば無理せずに安静にして上記に書いた対処法を実践してみてください。

薬の飲むタイミングは前兆がきてからですよ!
我慢せずに早めに服用しましょう。

辛い時期ですが、対処法を使いながら乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク

コメント