野菜は新聞紙に包んで保存が効果的!?野菜の保存方法が知りたい!

暮らし

野菜の保存方法って悩みますよね。

野菜を食生活の中で欠かせないものとなっています。

スーパーで特売になっているものをまとめ買いすることも多く、その場合は保存をしなくてはなりませんよね。

しかし、野菜はどのように保存するのが良いのでしょうか?

ここではそんな野菜の保存方法について解説をしていきます。

野菜を新聞紙に包んで保存するのは本当に効果があるの!?

野菜ですが、新聞紙に包んで保存するのは実際効果はあるのでしょうか?

結論から言えば効果的です。

野菜は冷蔵庫に入れて保存をすることが多いと思いますが、冷蔵庫は意外と乾燥をしています。

なので野菜をそのままの状態にして保管をすると、野菜が乾燥をしてしまって味や風味が落ちてしまいます。

野菜を新聞紙に包むことで野菜の乾燥を防ぐだけでなく、新聞紙からの水分を吸収し、味も落ちない状態で保存することができます。

もし新聞紙がなかったら水に軽く濡らしたキッチンペーパーでも問題ありません。

また野菜の保存ですが、できるだけ冷蔵庫の中でも野菜室に入れるようにしましょう。

冷蔵室の場合は温度は0度から8度ほどに設定されていることが多く、野菜によっては保存に適していません。

寒すぎる環境では野菜が凍傷を起こすこともあり、日持ちがしにくくなったり、味や栄養素が落ちるなどのことが起きます。

なので、野菜はできるだけ野菜室に入れるようにしましょう。

野菜室は冷蔵室に比べると温度が高く、湿度も高くなっています。

ですのでより野菜の鮮度が保てる状態での保存が可能になっています。

その状態に加えて、野菜を新聞紙に包んで保存することで野菜を美味しく保存することができますね。

ただ全ての野菜が野菜が野菜室での保存に向いているわけではありません。

例えば、ジャガイモの場合は冷暗所での保存が適していますし、キノコ類の場合は、冷凍保存することによってさらに旨みが増します。

野菜室で新聞紙に包んで保存するのに適しているのは、葉物や根菜類、トマトなどの果実類の野菜です。

ぜひ野菜に合わせた保存方法を選んで、しっかり野菜を保存してくださいね!

野菜の冷蔵保存の際の豆知識!

ではそんな野菜を野菜室で冷蔵保存する際の新聞紙以外の豆知識も紹介していきます。

・野菜は自然の状態で保存

根菜類などは、地中に埋まっていますから、それが自然の状態ですよね。

野菜室に根菜類を保存する際にはついつい寝かした状態で保存をしてしまいますが、実はこれは正しい保存方法ではありません。

野菜は自然の状態に保存をした方が保存に適しています。

なので、根菜類の場合は立てた状態での保存ということですね。

これによって、野菜は元の状態に戻ろうとするエネルギーを使わなくて済みます。

ですので野菜の味や栄養素を落とすことなく、日持ちもするようになります。

・トマトは密閉容器に入れて保存

トマトですが新聞紙に包んで保存以外にも、さらにジップロックなどの密閉容器に入れるようにしましょう。

トマトのヘタからはエチレンガスと呼ばれる成長ガスが発生します。

このガスには他の野菜や果物を成長させる作用がありますので、他の野菜や果物の日持ちがしなくなってしまいます。

なので、しっかり密閉容器に入れることで、エチレンガスを他の野菜に当てないようにしましょう。

ちなみにこのエチレンがすはりんごやバナナなどからも出ますので、同様に野菜室で保存する際には気をつけてください。

まとめ

野菜ですが、新聞紙に包んで保存をすることで乾燥を防ぐことができます。

それによって、野菜の味が落ちたり日持ちが短くなるのを防ぐことができます。

また野菜を保存をする際には野菜室に入れるようにしましょう。

その他にも野菜によっては適した保存方法があります。

ぜひ野菜の保存方法をしっかり把握して、最後まで美味しく野菜を食べるようにしてくださいね!