国際線の乗り継ぎ時間ってどれぐらい?荷物は?失敗した時は?

旅行・お出かけ

慣れない海外旅行で国際線の乗り継ぎあると不安になった経験はありませんか?
言葉も通じない国で無事に乗り継げるだろうか。

乗り継ぎ時間は余裕はあるのか?

荷物はどうしたらいいの?

失敗したらどうしよう。

色々不安があると思います。

ここでは国際線の乗り継ぎの不安を解消します。

  

国際線の乗り継ぎ時間ってどれぐらい?

乗り継ぎ時間ってどれぐらい余裕があれば安心して次の飛行機に乗れるかよくわかりませんよね。

結論から言います!

同じ旅行会社や航空会社でチケットを購入していれば問題ありません。

なぜか?

乗り継ぎ便の場合は「最低乗継時間(MCT・ミニマムコネクティングタイム)」
というのが設定されていますので、この「最低乗継時間」をクリアしないとチッケト自体が購入できなくっております。

航空会社が、乗り継ぎの時間を設定しているので「これぐらいの時間があれば問題ない」と
考えられて設定されています。
時間は航空会社によって変わってきます。

仮に、フライトの遅延や突発的に飛ばなかった場合も航空会社が保証してくれますので
安心ですね。

もちろん格安航空会社でチケットを取った場合も同じです。

乗り継ぎ時間に余裕があった場合の楽しみ方。

せっかくの旅行ですから乗り継ぎ空港も楽しみましょう。
空港の規模にもよりますが、免税店・ショッピングや食事が楽しめます。

私はよく現地のものを食べて雰囲気を出します。

楽しむ前に乗り継ぎ便の場所を確認して、手続きを済ませておきましょう。

国際線の乗り継ぎの際、荷物はどうなる?

時間も気になるけど、荷物も気になりますよね。

乗り継ぎ先で受けるのか?最終目的地で受け取るのか?初めてだと分かりませんよね。

国際線の乗り継ぎの際荷物を受け取るポイントは2つです。

  • 先ほどと同じですが、同じ航空会社であれば荷物は問題なく最終目的地に飛行機が
    運んでくれます。
  • アメリカなどいく場合に、国際線で乗り継ぎの空港まで移動し、
    乗り継ぎ便が国内線の場合は注意が必要です。

この場合は、乗り継ぎ時に荷物をピックアップする必要がありますので事前に確認
してください。

他に荷物にまつわるトラブルはこちらの記事を参考にしてください。
海外旅行で空港や荷物にまつわるトラブル対処法

スポンサーリンク

国際線の乗り継ぎに失敗したらどうする?

最初に書きましたが、同じ航空会社を利用した場合は保証が受けれますので
特に気にすることはないでしょう。

個人で予約した場合は注意が必要です。

乗り継ぎ便が別の航空会社の場合、いくら余裕を持ってチケットを取っていたとしても、
遅延などで間に合わない場合があります。

このような場合はご利用のカウンターで振替便の交渉するしかありません。
運が悪ければ、半日以上待たされる可能性があります。

さらに、格安航空券の場合は払い戻しができないことが多いのでしっかり確認しておきましょう。

色々なことを想定して、国際線の乗り継ぎが慣れていない場合は3時間〜4時間の余裕を
もち行動してはいかがでしょうか。

どうしようもない場合は、周りの日本人に助けを求めてみるのも手段の一つです。

まとめ

乗り継ぎが不安な方はご利用の旅行会社に前もって確認しておくことが一番です。
乗り継ぎ空港のマップももらえる事もあるので聞いてみましょう。

個人で予約される方も、日程が決まっている旅行であれば余裕を持った
チケットを購入してくださいね。
移動だけで1日を損しないように。

乗り継ぎ空港で何かあった場合はとにかく落ち着いて、ご利用航空会社のカウンターに行くか、
近くの日本人に助けを求めることが解決の近道です。

スポンサーリンク

コメント