豊田おいでんまつり花火大会2018年日程は?協賛席のおすすめを紹介。

花火大会

愛知県内で大規模な花火大会といえば豊田市で開催される

おいでんまつり花火大会が上げられます。

この花火大会は数日に渡って行われるお祭りのフィナーレとして行われるもので、

お祭りだけではなく、もちろん花火自体にも見どころはたくさんあり

花火コンクールやメロディに合わせて打ち上げられる「メロディ花火」は人気です。

当然来場する人も、よく河川敷なんかでやる花火大会とは

比べ物にならないくらい多いので、場所を確保するのも一苦労でしょう。

そこで今回は、そんな大規模な花火大会に向けて

場所取りに慌てること無く楽しめる、有料席についてご紹介したいと思います。

豊田おいでんまつり花火大会2018年日程は?

 

名称    :豊田おいでんまつり花火大会

 

日程    :2017年7月30日(日)

※2018年は7月29(日)になることが予想されます。

こちらは決まり次第更新いたします。

 

打ち上げ場所:矢作川河畔 白浜公園一帯

 

打ち上げ時間:19:10〜21:00

※雨天決行、荒天時の場合は中止

 

打ち上げ数:約13000発

 

予想来場者:約38万人(2017年は約36万人の来場者でした。)

 

最寄駅  :名鉄豊田市駅または愛知環状鉄道新豊田駅から東へ徒歩10分

 

豊田おいでんまつり花火大会の協賛席情報

 

場所    :豊田市白浜町 矢作川河畔白浜公園一帯(開場時間:19時10分)

前売り   :2名席7000円(北、南、各マス席)

当日券    :なし

最大入場者数:約2205名

座席指定  :あり

備考    :北席が833席、南席が1372席となっています。

 

場所    :豊田市白浜町 矢作川河畔白浜公園一帯(開場時間:19時10分)

前売り   :4名席14000円(北、南、各マス席)

当日券    :なし

最大入場者数:約445名

座席指定  :あり

備考    :北席が404席、南席が41席となっています。

 

場所    :豊田市白浜町 矢作川河畔白浜公園一帯(開場時間:19時10分)

前売り   :2名席9000円(堤防北、堤防南、各マス席)

当日券    :なし

最大入場者数:約63名

座席指定  :あり

備考    :北席が22席、南席が41席となっています。

 

場所    :豊田市白浜町 矢作川河畔白浜公園一帯(開場時間:19時10分)

前売り   :イス席4500円

当日券    :なし

最大入場者数:約1700名

座席指定  :あり

備考    :パイプ椅子に座っての観覧になります。

 

こちらは2017年の座席になっています。

2018年度が公表され次第更新していきます。

 

どの協賛席がおすすめ?

 

パイプ椅子で見ることになるイス席よりは

やはりある程度固まって座ることのできるマス席の方が良いでしょう。

 

マス席は約1.5m四方のシート内に座ることになりますが、きっちりと範囲が決まっているので

込みすぎてすし詰めになるといったことは無いでしょう。

 

花火を見る際のオススメスポットとしては

筒場の対岸から間近に見ることのできる席がオススメです。

 

協賛席に場所取りは必要?

 

細かく座席指定がされているため急いで座席を確保する必要はなさそうです。

ただ席の感覚が狭いので、ある程度人が入っている状態だと

自分の席へ行くのが大変になることでしょう。

いくら協賛席でも、早めの行動を心がけてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

豊田おいでんまつり花火大会の協賛席のチケット購入について

全国の

・サークルKサンクス

・セブンイレブン

・チケットぴあにて

販売しています。

 

2017年は5月8日(月)から7月30日(日)

と早めから購入することができたので

2018年も5月に入れば購入できるかと思われます。

情報解禁次第UPします。

 

公式HP:http://www.oidenmaturi.com/

こちらが2017年度おいでんまつりのHPとなります。

まとめ

お祭り会場の歩き方も含めて

きちんとパンフレットなどに詳しく掲載されているので

事前にチケットを買って場所さえ取っていれば

安心してお祭りを楽しむことができると思います。

場所によっては見られない花火もあるかもしれないということを

頭にいれながら座席を購入しておくといいでしょう。

祭りの終わりを告げる花火大会ですから、是非余韻に浸ってじっくりと楽しんでください。

スポンサーリンク