引っ越しの挨拶で緊張しない為に!引っ越しの挨拶の正しい服装と時間は?

暮らし

就職や進学など、人生の大きな節目、新たな生活の出発点が「引っ越し」です。

ご自身の条件に合った環境に住居を移す際、付きものなのが「ご近所さん」との

関わりです。

初めての引っ越しでご近所さんへの挨拶って緊張しますよね?ここでは

新天地での第一歩、挨拶まわりの服装、ベストな時間帯、マナーについて詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

 

引っ越しの挨拶まわりの服装はどんな格好がふさわしい?色は?

 

引っ越しをする際の挨拶まわりは、お世話になった旧住居のご近所と、これから

関わっていく新住居のご近所双方へ行うのがマナーとしてはベストです。

 

実際に引っ越しの時、どれぐらいのかたが挨拶まわりをしているのでしょうか?

アンケートを参照してみると、「挨拶まわりをした」と答えたかたが約30~40%で、

「挨拶まわりをしていない」と答えた人は約40~50%でした。

年代別では10~20代のかた、単身者は挨拶に行かないと答えるかたが多いです。

 

▼SUUMO引っ越し見積もりサイト

【SUUMO引越し】みんなの引越し実態調査 新居での挨拶のタイミングを教えて!
みんなの引越し実態調査 新居での挨拶のタイミングを教えて! | 【SUUMO引越し見積もり】が、引越しノウハウ、引越し手続き、引越し準備を完全マニュアル化。全国の厳選された引越し会社から、無料でまとめて引越し料金の見積もりが可能。単身からご家族の引越まで、お得で安心な引っ越しをサポートします。

 

▼引っ越し侍サイト

引越し時の『挨拶事情』大調査|引越し見積りサイト【引越し侍】
引越し侍の利用者のアンケートをもとに、引越し時のご近所への挨拶事情を調査しました。アンケートの回答をもとに、引越しユーザーの実態をコンテンツで紹介します。

 

近年のご近所付き合いは、昭和の頃のように、お会いしたら1時間は立ち話…などと

いったフランクなお付き合いではなくなってきていますが、ご挨拶を交わす程度に

知った仲になっておけば、防犯や災害など何か大きな問題が起こった時に助け合う

ことができ、普段から安心して生活できる要素になります。

 

どのような人が周りに住んでいるのか把握するためにも、挨拶まわりをしておくと、

余計な気後れや遠慮など考えずに済みますね。

 

また、引っ越しの車の出入りや荷物下ろしの騒々しさで、ご近所には煩わしさを感じ

させてしまっていることもあります。

その旨を伝えるだけでも、円滑な人間関係を築くきっかけになりますね。

 

挨拶まわりに行く時の服装は、フォーマルなものだと相手に場違いな印象をあたえ、

不信感を感じさせてしまいます。また、ジャージなどラフすぎる格好も、マイナス

印象を持たれることがあるため、派手過ぎない普段着などが好ましいです。

 

第一印象は、人間関係において最も重要になるので、清潔感のある身だしなみを

心がけましょう。

 

引っ越しの準備などで服が汚れてしまっている時は、一度着替えるなどして

清潔に気を配りましょう。

 

言葉遣いや態度などからも、印象として良くも悪くも伝わってしまうので、

態度や話し方にも気を配り、「これからよろしくお願いします」という気持ちを

素直にお伝えしてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

引っ越しの挨拶はどの時間帯に行くのがいい?曜日は?

 

引っ越しの挨拶まわりをするご近所の範囲を調べてみました。

 

■一戸建て■

「向う3軒両隣」

昔から言われるこの言葉の意味は、“履き掃除は、自宅の両隣とお向かい3軒分

合計6軒をやりましょう”というご近所さんへの心配りが元になっています。

 

■アパートやマンション■

アパートやマンションの場合は、加えて真上と真下のお部屋にも挨拶しておくといい

でしょう。また、大家さんにもご挨拶がまだでしたら済ませましょう。

 

このほかに、居住地区の自治会があると、「班」のグループごとのお付き合いがある

場合もありますので、班長や自治会長さんなども、ご近所の挨拶周りの際に確認して

おくといいですね。

 

挨拶をする時間帯は、朝10時~夕方6時頃までの明るい時間帯に済ませると、

お互いの顔も確認できていいですね。

また食事時など、お邪魔になる時間はわかる範囲で避け、休日は午前中は避けるなど

配慮しておくと挨拶もスムーズに運びます。

 

日中外出しているお宅の場合は、夕食後の時間帯から21時くらいまでに済ませられる

といいですね。

 

もし何度行っても不在のお宅は、簡単な挨拶文を一筆添えて粗品とともに郵便受けに

入れておいたり、ドアノブにかけておくのも止む得ません。

あらかじめ不在宅があることを想定して、粗品はかさばらないものを選んでおくのも

いいですね。

 

挨拶粗品は、「長いお付き合いを」という意味をこめて、昔はお蕎麦を贈っていたよう

ですが、最近では、身近な「ハンドタオル」や「バス用品」「菓子折り」などが多い

ようです。

 

スーパーなどでも包装してくれますので、高価なものでなくても大丈夫です。

ワンコインぐらいで購入できるもののほうが負担も少ないですね。


 

まとめ

 

相手がいることなので、思うようにいかないこともあるかと思いますが、自身がやる

ことをしっかりやっておけば、後悔せずに新しい生活を気持ちよく踏み出せます。

挨拶まわりのポイントを押させて、素敵な新生活をエンジョイしてくださいね。

スポンサードリンク

コメント