インフルエンザの予防接種は妊婦に副作用ってあるの?受けるべき?

暮らし

お腹に赤ちゃんがいると妊婦さんは免疫力が下がります。
寒くなると気を付けなければならない病気がインフルエンザです。

産科で「予防接種を受けましょう」と言われると思います。
けれど妊婦なのに予防接種を受けていいのか、
副作用があるのではないかと心配になりますよね。

ここでは「妊婦のかたが予防接種を受けるべきか、
副作用について」をまとめてみました。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は妊婦に副作用って何?

インフルエンザの予防接種をすると赤ちゃんや妊婦に影響はないのか・・
初めて予防接種をする妊婦さんのほとんどの方が悩むことだと思います。

 

インフルエンザの予防接種は副作用(副反応)が現れることがあります。
妊婦さんでない人でも予防接種をした後に
「腫れ、赤み、痛み、発熱、頭痛、寒気」
等の症状が見られます。

この症状は妊婦さんでも同じです。
特に妊婦だからと悪化するようなリスクがある心配はありませんよ。
大抵は2,3日で収まる症状です。

今のところ、妊婦さんのインフルエンザの予防接種で重い副作用が出たという報告はないそうです。
ただし、妊娠初期には飲む薬は胎児への影響が大きいので気を付けた方がいいですよ。
流産の原因になることもあります。

 

妊娠初期の方は病院で相談をしてから予防接種を受けるようにしましょう。

 

インフルエンザの予防接種って妊婦は受けるべき?

スポンサードリンク

妊婦さんがインフルエンザに感染してしまうとどうなるか知っていますか?
妊婦さんが感染すると肺炎等を合併しやすく重症化しやすいそうです。
こわいですね。

 

インフルエンザに感染しないためにも予防接種は大事なのです。
副作用があるのではないかと不安になる妊婦さんもいるかともいますが、
インフルエンザが重症化しないように長引かないようにするためにも受けましょう。

 

予防接種をしておいた方がいい妊婦さんはこのような人です。

・喘息などの呼吸器疾患や心疾患の方。
・糖尿病の方。
・普段から高熱が出たり、よく風邪を引く方。
・小さなお子さんがいる方。
・職業等でインフルエンザ患者と接することのある方。(教師や保育士、医療関係等)
・安定期を過ぎた方。

 

当てはるものはありましたか?
日頃から風邪やインフルエンザ予防に手洗いうがいで予防するのはもちろんのことですが、
予防接種を受けられる方ならお医者様と相談して決めましょうね。

 

インフルエンザの予防接種を妊婦が受けない理由とは?

インフルエンザの予防施接種を受けると流産するのでは?

と不安になる妊婦さんもいるかと思いますが、
赤ちゃんに悪影響が出たという報告は今までありません。
なので、受けても良いのです。

 

しかし、以下のような方は考慮すべきとされているので病院で相談してくださいね。

  • 妊娠初期・・妊娠初期でも悪影響はないそうですが、
    流産の可能性の高い時期なので心配ですよね。
    妊娠初期の予防接種は避ける病院もあるそうですよ。

  • 重い食べ物のアレルギーもち・・妊婦さん以外の人でも、
    アレルギーのある方は副作用を起こす可能性が高いようです。
    特に卵アレルギー。ワクチンを作る時に鶏卵でウイルスを増やすという過程があります。
    蕁麻疹が少し出る程度でしたら大丈夫なこともあるようですが、
    命に関わるくらいの卵アレルギーの方は勧められません。自分の身体がインフルエンザの予防接種を受けて大丈夫かどうかきちんと知っておきましょうね。
    分からないことがあったら何でもお医者様に相談しましょう。

まとめ

お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんにとってインフルエンザはとてもこわい流行病です。
自分の身体だけでなく赤ちゃんにも危険があるかもしれません。
絶対に守らなければ!

 

インフルエンザの予防接種を受けるか受けないかは、
お医者様とよく相談して決めて下さいね。

普段からインフルエンザ対策もしましょう。
家族から感染することもあるので家族全員で注意することが大事ですよ。
手洗いうがいをする、人ごみにはなるべく行かない、マスクをつける等。

元気な赤ちゃんが無事に産まれてくるよう、お母さん頑張ってくださいね!

スポンサードリンク

コメント