タッチパネルが反応しないのは手の乾燥のせい?!原因と対策

暮らし

スマホをいじっているとなかなかタッチパネルの反応がしにくいことって
ありませんか?押してるのに反応しなくてイライラ…。

もしかしたらそれは手の乾燥が原因かもしれません。
冬場や手が荒れている時などタッチパネルが反応しづらいこと、
ありませんか?

ここではタッチパネルが反応しない原因と、反応をよくするためには
どうしたらいいのか、また手の乾燥を防ぐには何をしたらいいのか
などについてお話します。

スポンサードリンク

タッチパネルが反応しない原因

タッチパネルはどういう仕組みで反応しているのでしょうか。

1つは「抵抗膜方式」、もう一つは「静電容量方式」と呼ばれる
仕組みです。

  • 抵抗膜方式
    指やペンなどで押した画面の位置を電気が通ることによって検知します。
    押す力に反応するので、よくゲーム機などに採用されています。

  • 静電容量方式
    スマホの表面を覆っている静電気に指が触れると指先から流れる
    極微量の電気にセンサーが反応して位置を特定します。
    現在、ほとんどのスマホがこの方式を採用しています。

指先から電気が流れることでタッチパネルが反応するということは、
指先から電気が流れにくくなるとタッチパネルが反応しにくいという
ことになりますよね。

電気は水を通してだと流れやすい性質を持つため、ほどよく湿り気のある
指先だと電気もよく通って反応もいいのですが、カッサカサの乾燥した
指先だと電気も通りづらく反応もいまいち…なことに。

ですので、スマホの指の操作への反応がよくないからといってパネルを
強く押したり、叩いたりするのはやめたほうがよさそうです(苦笑)。

タッチパネルの反応をよくするためには


では、タッチパネルの反応をよくするためにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは、指の乾燥をなくすことから始めてみるのをおすすめします。

乾燥をなくす、といってもびしょびしょに指先を濡らすことではありません。
また、保湿クリームをたっぷりと指先に塗ることでもありません。
(そんなことしたら、画面がベタベタになってしまいますよね。)

乾燥をなくすにはほんの少しだけ指先を湿らしてみましょう。
濡れたおしぼりで拭いてみたり、はぁっと息を吹きかけるだけでも
十分湿らせることができます。

でも本当にそれだけで反応がよくなるの?故障とかも考えられない?
というあなた、もしまわりに誰か知っている人がいて、なるべく
手が乾燥してない人がいたら、あなたのスマホをタッチしてもらいましょう。

そこで反応するようであれば、あなたの指の乾燥が原因ということがわかります。

スポンサードリンク

乾燥を防ぐ対策

日頃から手の乾燥を防ぐケアを心がけてみましょう。夜お風呂に
入った後、たっぷりの化粧水と保護クリーム、最後にオイルを
すりこめば、乾燥でカサカサの手もしっとり潤った手になりますよ。

またスマホ専用のクリームなんてものも市販で売っているので、
そちらを塗ってからスマホを使うこともいいですね。

あまりべたつかずにさらりとした感触で、なおかつ水分が多めなので
タッチパネルの反応もよくなるそうです。こういうクリームなら、
塗ってすぐにスマホをいじっても画面が汚れる心配もなさそうですね。

まとめ

タッチパネルが反応しないことは手の乾燥によるものが多いのですが、
中にはスマホの内部的問題(起動しているアプリが多すぎる)などもあげられます。

ですが、まずは手の乾燥を疑って、さきほどお話したように
少し指を湿らしてから再度タッチパネルに触れてみてください。

イライラしながらタッチパネルと悪銭格闘するよりも、一呼吸置いて
手の乾燥を改善しつつ、快適なタッチパネル操作に移行しちゃいましょう。

スポンサードリンク

コメント