必殺!浴槽の頑固な黒ずみの落とし方はお掃除ソムリエにおまかせ!

暮らし

お風呂の浴槽の黒ずみって、毎日掃除しても何故かまた発生しますよね。
時間が経てば経つほどなかなか落ちない、落ちにくい。

だからと言って放置なんて出来ないし・・・

業者に頼んでクリーニング?
お金かかるし・・・

そこで、今回は浴槽の黒ずみを簡単に落とす、掃除方法をご紹介します。

スポンサードリンク

浴槽の黒ずみの原因とは?

最初に、浴槽がなぜ黒ずむのか?
それは水垢が原因です。

でもなぜ水垢が出来てしまうのか?
そもそも水道水に溶けたカルシウムやマグネシウムなどの残留物質が含まれています。
その成分が濡れたり乾いたりの繰り返しをすることによって水垢が発生します。

そして、この水垢に汚れが溜まり続けたものが黒ずみです。

浴槽の黒ずみの簡単な落とし方とは?掃除をする際の注意点は?

まず、最初に表面上の軽い汚れを落とします。
このときに使用する洗剤はふつうのお風呂洗剤(マジックリンなど)で大丈夫です。

次に黒ずみにクレンザー(液状タイプ)をかけ、スポンジで優しく擦り、
シャワーで流したら終了です。

しかし、ここで注意してもらいたいことがひとつあります。
クレンザーはみなさんもご存じのとおり、研磨剤が入っています。

クレンザーは浴槽の種類(タイプ)によって使用回数が多くなれば傷をつけてしまう
可能性があります。
傷が多くなればなるほど、そこに汚れが溜まりやすく、すぐに黒ずみが発生します。

クレンザーは一時的にはいいかもしれませんが、永くキレイに浴槽を保つのであれば、
浴槽を傷めない方法で掃除することをおすすめします。

そこで、わたしのおすすめの掃除方法が、浴槽染み抜き剤&漂白助長剤です。

商品名からして、面倒くさそうな感じがしますが至ってカンタンです^^
使い方としては、染み抜き剤と助長剤を混ぜて、黒ずみの部分に塗布し、
しばらく放置して、あと流すだけ!!

これならカンタンですよね。

 

 

実はこの方法でもう一つメリットがあるんです!!

長年蓄積された頑固な黒ずみにも効果を発揮し、黒ずみを落とします!!
頑固な黒ずみで悩んでいた方に是非おすすめです。

あと当たり前ですが、掃除をするときは必ず換気をよくし、
ゴム手袋を装着してください。
特に染み抜き剤&漂白助長剤のときは忘れずにお願いします。

染み抜き剤&漂白剤はセットで、価格が少しお高いですが、
ネットショッピングで購入できますよ。

スポンサードリンク

浴槽をキレイに保っておくには?


次に、浴槽の黒ずみを落としたら、きれいに保つように心がけましょう。

いちばん大事なのが、黒ずみになってしまう前、水垢のときに落とすことが大事です。
水垢はどちらかといえば軽症な状態です。
軽症のときに、掃除をしてしまうのがいちばん早く、簡単に終わります。

そこで、おすすめなのが重曹です。

重曹を入浴剤&掃除用品として使いましょう。

アイディアとして、一石二鳥の入浴剤『 ながら掃除 』です。

まず3分の1カップほどお湯に溶かして入浴剤として使用します。

重曹の主成分は天然温泉にも含まれていて、疲労回復・冷え症などに効果があります。
お肌もツルツルになるので女性にはうれしいかぎりですね^^

お風呂にゆっくりと浸かり、入浴後のお湯は放置します。

汚れがひどいときは一晩放置して、あとは浴槽を洗い流すだけです。

入浴直後は汚れが柔らかく落ちやすくなっているので掃除にもってこいです。

これなら、キレイに保つのも簡単ですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

浴槽の掃除に限らず、掃除は放置するのがいちばんの大敵です。

簡単に済ませるのなら、ひどくならないうちに、
こまめに掃除するように心がけましょう。

掃除が面倒くさい私も、この方法で掃除をしています。

ながら掃除は、本当におすすめです!!

ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

コメント