暖房設定温度は冬は20度だと寒い!?もめるのはもうやめよう。

暮らし

最近冬になる度になんだか去年より寒いなあと感じています。

「記録的な大雪」なんて言葉もよく耳にしますよね。

そんな寒~い冬場にとってかかせないもの…

人類の大発明!暖房ですね。

お部屋を快適な温度にするためには暖房の設定温度が重要。

しかしその設定温度。わずか1度2度の差でもめてしまうことも!

あなたもそんな経験はありませんか?

たかが設定温度、されど設定温度。

意外と体感温度の個人差と与えるストレスは大きいものです。

では基準となりそうな設定温度は決まっているのでしょうか?

大切な人ともめてしまわない為にもそちらをご紹介します。

スポンサードリンク

 

暖房設定温度って何度?そもそも適正温度ってあるの?

まず、あなたの家の設定温度は決まっていますか?

 

実は適正温度と呼ばれる温度が決まっています。

環境省はエアコンの適正温度は20℃と推奨しています。

 

各家電メーカーもだいたい20℃前後です。

ではその通りにするともめ事も減るのではと思いませんか?

 

しかし推奨される20℃とは

“節電や環境の為にCO2削減などを考えて消費電力を抑えた上、

それほど寒くないギリギリの温度“です。

 

残念ながら適正温度が快適温度とは限りません。

推奨される適正温度を快適と感じるかどうかは人それぞれ。

 

あくまでも適正温度は目安ですので地域や体調によって

変えなければいけない場合もあるでしょう。

 

 

普段冬場のエアコン設定温度を20℃より高く設定していると

20℃と聞くと寒いと感じるかもしれませんね。

 

暖房の温度、真冬の20度は寒いかな?

私の経験上真冬の20℃では寒い、と感じます。

でも寒くて我慢できないという程ではありませんね。

スポンサードリンク

 

子どもがいますのであまり暖かすぎるのもよくないと思い、

私は重ね着などで暖かくして工夫し過ごしています。

 

それに同じ20℃でも家の構造や間取りで大きく変わってきます。

隙間風が多い家やお住まいの地域によっては

 

設定温度を上げても体感温度は寒いと感じるでしょう。

特に真冬は外の気温がとても低いです。

あまりお部屋と外気温との差を作るのもよくないのですよ。

 

急激な温度変化に体がびっくりして

「ヒートショック」を起こしてしまうこともあります。

 

それだけ体温管理は体にとって大切なのです

いきなり真冬に設定温度20℃にしてみるのは厳しいかと思います。

 

今年の暖房のつけ始めからいつもより低めに設定して

徐々に体を慣らしてみてください。

 

 

暖房の設定温度でもめる過程続出!こんな話があるので注意!

私の家は大の寒がりの主人がいます。

なんと彼は真冬でもTシャツ1枚。

 

それで寒い~なんていって暖房の温度を上げまくり。

「この家ほんと寒いわ」

彼の冬場の口癖です(笑)

 

冬場はいつも「寒い」「暑い」ともめてしまいます。

結局最後は私の「寒いのならまず服を着て!」でおしまいですが。

 

あなたも暖房の設定温度は異性ともめることが多いのでは?

男性と女性は筋肉量の違いなどでどうしても

体感温度に差が出てしまいます。

 

彼に聞いたのですが実家では設定温度はかなり高かったとか。

快適温度は今まで過ごしてきた環境の影響も大きいみたいですね。

 

他には、会社のエアコン温度設定温度が低すぎて

「早く帰りたいよ~」と心の中で思ったこともあります。

 

なかなか言えないものですよね。

我慢して仕事をするのはとても辛いですし、

寒すぎて体調を崩してしまったことがあります。

 

もちろん逆に暑すぎても体調を崩す原因になりますね。

「暑いな」「寒いな」これは無理だと感じたら

もめてしまない程度にそっと伝えるのが大事です。

 

その際は体感温度には元々個人差と男女差があることを理解し

相手の主張も取り入れてあげましょう。

急に環境の変化を強要することは相手の体調不良につながって

 

体を壊してしまう恐れもあるので注意です。

私も気を付けたいと思います。

 

 

まとめ

節約や環境に考慮した適正温度は20℃となっていました。

しかし寒いと感じるにも関わらず無理にその通りにして

体調を崩せば病院代や薬代の出費もかさむばかり。

参考程度にとらえ無理にその通りにする必要はないでしょう。

設定温度の違いなどで大きな喧嘩にならないように

元々個人差や男女差があることを覚えておいてくださいね。

推奨されている適正温度を伝えてあげるのもいいかも。

冬場の暖房設定温度でもめてしまわない為には

お互いにとってベストな快適温度を見つけるのが大事ですね。

スポンサードリンク