エアコンを付けて寝るときの適切な温度は重要!つけっぱなしにするには?

暮らし

今年は暑くなるのが早くて、今から夏が来るのがちょっと怖いくらいですね。

暑くて困るのが、寝苦しくてなかなか深い眠りにつくことができないこと。

睡眠不足は、夏バテになりやすい原因のひとつですから、

うまく温度を調節して良い睡眠を確保したいものです。

室内でも熱中症になりますから、

電気代が気になっても我慢せずにエアコンをかけたほうが良いです。

眠っている間も温度設定などに注意すれば、つけっぱなしでも大丈夫ですよ。

では、これからくる熱帯夜に負けないように、

睡眠中のエアコンの利用法についてまとめてみましょう。

 

エアコン、寝るときつけっぱなしにする時の最適な温度は?

 

設定温度は26~28度

そもそも、私たち人間が快適な睡眠が取れる理想的な環境って知っていますか?

それは、「室温26度以下で湿度50~60%」なのです。

逆に言えば、エアコンの設定で「室温26度以下で湿度50~60%」の

環境をつくれば良い、ということ。

 

ただし、個人差があり、特に女性は冷え性の人が多いですから、

26度だと寒く感じるかもしれません。

つけっぱなしで眠る際に温度設定は「26~28度」をオススメします。

 

睡眠前に空気を循環させておく

睡眠15位前に、エアコンと同時に扇風機もつけて

空気を冷やす&循環させておくと、眠る頃には快適な室内環境になっています。

 

また、温かい空気の方が比重が軽いため、昼間に部屋に入った熱は天井に溜まっています。

この天井や壁に溜まった熱を扇風機も使って循環させておくことが、快適な空間づくりに重要です。

 

直接身体に当てない

エアコンをつけっぱなしで眠る際は、風が直接身体に当たらないようにしましょう。

扇風機も同じことですが、睡眠中に風が直接身体に当たると、

体温の変化によって自律神経が乱れることがあり、次のような症状が出る恐れがあります。

  • 肩こり、腰痛
  • むくみ
  • 倦怠感・疲労感
  • 下痢・便秘
  • 免疫力低下
  • 食欲不振

 

そこで、エアコンの風の向きを上に固定して眠るようにすると良いでしょう。

 

タイマーを活用

つけっぱなしで眠るのが不安なときや苦手ならタイマーを活用しましょう。

 

まずは、先に部屋の空気を冷やしておくことがポイント。

また、自分が眠りに落ちそうな時間を見計らって

タイマーをセットしてください。

だいたい、就寝の3時間以上後にエアコンが切れるように設定すると良いようです。

 

冷房とドライの使い分け

快適な睡眠に必要なのは、温度と湿度、と前述した通り、

温度が26度以下でも寝苦しさを感じるのは、湿度が高いからです。

 

湿度が高いと、睡眠中にかいた汗が蒸発しないため

身体の深部の体温を下げることができず、

寝つきが悪かったり、寝たとしても眠りを浅く感じるのです。

 

あまり暑くなく湿度が高い日は、

「冷房」ではなく「ドライ」に設定することをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

エアコンのつけっぱなしが原因!?風邪を引いてしまうのはなぜ?

 

エアコンを長時間つけることによって、空気がかなり乾燥します。

乾燥するとウイルスの進入から守る役割を持つ粘膜が乾燥してしまい

機能が発揮できなくなってしまいます。

そして、ウイルスが体内に入って風邪をひいてしまうのです。

そんなときに助けてくれるのが、「おやすみモード」のような設定です。

代表的なメーカーの「おやすみモード」の特長を紹介しましょう。

 

各メーカーのおやすみモード例

  • ダイキン「快眠」

就寝前に「快眠」モードに設定すると約3時間かけて温度を2度下げて

起床時刻の約1時間前に1度上げる機能。

例えば、床に就くときに29度の場合、3時間後には27度になり

起床の1時間前には28度になります。

 

  • パナソニック「おやすみ切タイマー」
  • 三菱重工業の「おやすみ運転」

どちらも、冷やし過ぎを避けるため、設定すると、冷房後、時間が経つと

温度を高めるように自動調節してくれる機能。

 

エアコンによる冷やし過ぎが身体に悪いのは、もちろん起きているときも同じことで、

乾燥して喉を傷めて夏風邪を引く人が多くなっています。

 

オフィスや学校、施設など、ガンガン冷房が効いている場所に

長時間いなければならないときは、マスクをしたり水分を小まめにとったり、

上に一枚はおる薄手の服やストールなどを常備しておくと良いですよ。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

エアコンの冷え過ぎで夏風邪を引きやすい、と言いましたが、

風邪を早く治す&風邪をひかないようにするのに重要なのは、十分な睡眠です。

風邪と快適な睡眠は切っても切れない間柄なのです。

エアコンのつけっぱなしが苦手な人って多いですよね。

コスト面でも、健康面でも気になることが多くて、逆に心配になって眠れなかったりして…。

無難なのは、次の流れです。参考にしてみてくださいね。

①睡眠前に部屋を冷やしておく

②就寝するときに「26~28度」に設定して、

さらにタイマーをセットする

(おやすみモードがあればセットする)

※湿度を保つために、寝室にコップ一杯の水を置く、または濡らしたタオルを干しておく

スポンサーリンク