ママ友仲間でバーベキュー!役割分担でスマートな準備を!

遊び

今年は暑くなるのが早いですね!アウトドアを楽しむ格好のシーズンの到来です。

お子さん連れで、アウトドアで人気の定番ものと言えば「バーベキュー」。

さて今回は、ママ友仲間でバーベキューを実施するときの心構えや、

のちのちトラブルにならないために

あらかじめ注意しておくべき点などをご紹介します。

ママ友という関係性で、常に念頭に置かなければならないのが、

「平等・公平である」ということです。

特定の人物だけに負荷がかかる、あるいはラクである、という状態は、

トラブルを起こす原因になります。

そうならないために、そしてみんなでワイワイ楽しめるように

初めに「役割分担」を決めておくことが重要になりますよ。

 

ママ友バーベキューでトラブルが起こらない為に注意するべきポイント!

ママと子どもたちだけでバーベキューを行う場合、一番大変なのは、火おこしです。

 

炭を起こして使える状態にするのって、経験者でないとかなり大変な作業なので、

家族バーベキューの際はパパに任せることが多いですよね。

でも、バーベキューにはなくてはならないものですから、

ママ友バーベキューは、迷わず「火おこしの必要がない」バーベキュー場を選びましょう!

 

バーベキュー施設によっては、

コンロなどの機材や調理器具、食材などもすべて用意してくれ

手ぶらで行けるところも多くなっています。

 

コストを下げたい場合は、食材持ち込みをオススメします。

好きな食材を選べるのなら、お子さんに合わせたものも変えるし、

ママ友バーベキューの場合は、かえって食材持ち込みの方がいいかもしれません。

 

では、バーベキューの実施日と場所が決まったら、何が必要なのか「持ち物リスト」を作成して、

分担で割り振りしましょう。

 

【バーベキューに必要なものリスト】

・食材…肉、野菜

 (玉ねぎ、じゃがいも、とうもろこし、人参、ピーマンなど焼き野菜にするもの)、

  魚介、ウィンナー、焼きそば(+キャベツ)、冷凍の焼きおにぎり、ホットドッグ用パン 等

・調味料…焼肉のタレ、醤油、バター、サラダ油、塩こしょう、ケチャップ 等

・サイドメニュー…乾きもの(スナック)、漬け物、果物、子ども用お菓子

・紙コップ、プラスチックのコップ、紙皿、割り箸、大皿(銀皿)、トング

・ウェットティッシュ、ゴミ袋、雑巾

・飲み物(クーラーボックス)

・火おこしする場合は、炭や着火剤等

 

野菜など切る必要があり食材は、あからじめ家で切ってから持ち寄りで持参すると楽です。

野菜ごとに、割り振ると良いかもしれませんね。

 

飲み物は、色々好みが別れるでしょうから、

初めから「飲み物は各自持参」にしておくとイイかもしれません。

 

 

楽しいはずのバーベキューが!?割り勘のトラブルがないようにレシートは必ず持参!

 

バーベキューに必要なものを揃える点で、

その役割分担の方法は以下の3つに分かれます。

 

①各ファミリーで勝手に好きなものを持参してもらう

②幹事役が全ての食品等を揃えて清算して割り勘にする

③各自が買い物をして後で精算して割り勘にする

 

①が一番楽ですが、これは長い付き合いがあってツーカーの仲であれば

ありえますが、初めて一緒にバーベキューするのには適していません。

よっぽど仕切り上手な幹事役の方がいれば②もいいですが、

ココはやはり③が良いでしょう。

 

みんなで話し合い、誰が何を持参するかを決めたら、

各自で買い物をして精算しましょう。

 

ここで忘れてはならないのが、「レシート」です。

また、個人的なものを合わせて買い物してしまうと

色々と面倒なので、バーベキューものの買い物は

独立して行うこともポイントです。

 

幹事役(精算係)になったら、前もって買い物の金額を聞いておきましょう。

各人からレシートを写メで送ってもらうと良いですよ。

そして、各人が支払った金額から一人当たりの割り勘額を

差し引いた金額をお知らせしておけば、当日のお金のやり取りがスムーズになります。

 

もしくは、例えば3000円とか5000円を

あらかじめ集金しておいて、全員で買い物に行く、という方法もあります。

最後にお釣りをみんなで割って終わりです。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ママ友バーベキューの際は、キッチリと割り勘にすると

トラブルになりにくいですよ。

割り切れない場合は、バーベキュー場を予約してくれるなど

何かと動いてくれたりや貢献度が高い人にあげちゃいましょう。

1円単位の世界なら、気に留める人もそうそういないはず。

それから、そもそも論になっちゃいますが、それほど仲の良くない人たちだったら、

誘いを受けても断る勇気が必要です。

あんまり話すことがなく野外でバーベキューをともにするのって、かなり苦痛ですよ。

子ども同士が仲良しでどうしても行かなければならない、

という時は、バーべキュー場で「私、子どもたちを見ているね」と

子守役を買って出るのもいいかもしれません。

逆に、肉を焼いたり焼きそばを作ったり、率先して動くことで輪に入りやすくなることもあります。

ともかく、行ったら行ったで、お子さん共々できるだけ楽しめるようにしましょう!

スポンサーリンク