赤ちゃんのおむつはパンツ式にいつからがいいの? 目安となる時期は?

出産・育児

赤ちゃんのおむつををパンツ式に切り替える時期は、

結論から言うと「何カ月から」という

ハッキリしたラインはありません。

イメージでは、「たっちが出来るようになったら」

というのが一般的でしょうか。

今日は、おむつをテープタイプからパンツタイプに切り替える

タイミングについて、いろいろ調べていきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんのおむつのテープ式とパンツタイプのそれぞれの特徴は?

笑顔の赤ちゃん

まずは、それぞれのおむつについて、メリット・デメリットを含めて、

特徴をあげていってみましょう。

 

テープ式

  • 安い

パンツタイプよりも価格が安いです。

  • 寝ているままでもおむつ替えが出来る

ママと向き合う形になるので、コミュニケーションが

とりやすいです。

また、眠っていても簡単におむつ替えができます。

  • ウンチのときケアしやすい

パンツ式よりおしりの部分が広いので、おしりを拭くなどのケアがしやすいです。

  • 動きが活発になると替えるのが大変

じっとねんねしていてくれないと、替えづらいです。

寝かされる事を嫌がる子だと、とっても大変です。

  • もれやすい?

テープタイプはパンツタイプよりももれやすい、

といった意見がよく見られます。

たしかに、パンツタイプの方が、活発な動きに

フィットするようには作られています。

基本的には、サイズがあっていればテープ式でも

そんなにもれることはないのですが、おむつ替えの時に

よく動くことで、テープがきっちり止められなかったり、

ゆるかったりすることも原因のひとつかもしれませんね。

 

パンツ式

  • どんな体制でもおむつ替えができる

たっちでもうつぶせでもさっとおむつ替えができる

のが一番の魅力です。

赤ちゃんは、仰向けよりもうつぶせの方が好きなんです。

おむつ替えを、嫌がる子でも、うつぶせになっておもちゃで

遊んでいるスキに、おむつを替える事もできます。

  • トイレットトレーニングの時にはぴったり

脱がせたり履かせたりが楽ですし、自分で脱ぎ履きする

練習もできるので、トイレットトレーニングの時は便利!

おむつはずしがスムーズに進められます。

  • ずれにくい

テープタイプに比べると、ずれにくく活発な動きにも

フィットしてくれます。

  • 服を全部脱がさないといけない

テープタイプだと、ズボンを膝ぐらいまでおろせば

替えられますが、特に冬場は着こんでいるので

タイツにズボンなど、それらを全て脱がさないと

おむつ替えができません。

  • ウンチの時が大変

立ったままだと、床や足を汚す事になりかねませんし、

おしりを拭くのも大変です。

パンツの両端が切れるようになっているので、

寝かせて替える事も出来ますが、テープタイプよりおしりの面が

せまいので、周りを汚さないように注意が必要です。

 

 

赤ちゃんのおむつをパンツタイプに切り替える目安とは?

犬のぬいぐるみと遊んでいる赤ちゃん

それぞれの特徴を考えてまとめると、

赤ちゃんの動きが活発になってきたり、

足をバタバタしたりして、寝ているままのおむつ替えが

大変になってきたな、と感じた」とき

が、切り替えのタイミングと言える

のではないでしょうか。

また、お出かけの時季節などに合わせて、

両方をうまく使いわけると良いですね。

スポンサードリンク

 

パンツタイプの履かせ方とは?

Three babies holding hands

ねんねの状態と、たっちの状態、それぞれの場合の

履かせ方をカンタンに説明しておきますね。

 

ねんねの状態

  • おむつのサイドを破って、脱がせます。
  • おむつの脚ぐりからママの手を入れて、片足ずついれ、おへその上までしっかり引き上げます。

 

たっちの状態

  • つかまり立ちをした状態で、パンツをおろして脱がせるか、
  • サイドを破ってはずします。
  • 片足ずつ脚をとおし、おへその上まで引き上げます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

テープタイプとパンツタイプには、メリット・デメリットを含めて、

それぞれの特徴があるんですね。

なので、赤ちゃんの個性お財布事情によっても、

切り替えのタイミングもそれぞれです。

シチュエーションによって使い分けることもできるので、

あまりこだわりすぎずに、ママのやりやすい方法を

見つけられると良いですね。

スポンサードリンク

コメント