新潟県の松波で行われているハロウィンイベントってどんなの?

ハロウィン

小さな地域のお祭りですが、この日の為に農家さんが大きなカボチャを生産し、
そのカボチャの中身をくり貫いてランタンを作る事ができます。

道具も全て揃ってますので、子供も大人も夢中になって、カボチャに顔を作っていきます。

スポンサードリンク

ハッピーハロウィンinまつなみってどんなの?

10月7日開催に開催されます。

 

作ったランタンは、会場に並べられ、出来映えにより審査、表彰され、景品がもらえます。
カボチャは全てが丸ではありません。

カボチャを選ぶ時に、キレイな形のカボチャから減っていきますが、

イビツなカボチャをわざと選んで作成する、凄腕の方もいます。

夜はキャンドルの日が灯り、とても幻想的でキレイです。

また、生産したカボチャの中から、特別大きいものを生産した方が表彰される、
ジャンボカボチャコンテストも同時に開催されてます。
どうしたら、こんなに大きなカボチャが出来るのか。驚きです。

地域の子供、大人が、様々な衣装にコスプレし、お祭りを楽しみます。
この日の為にみんな様々な衣装で来られます。

昼のうちに、コスプレ大会にエントリーしておくと、その日の夕方に審査され、
入賞すると景品がもらえます。仮装パレードさながらです。

やきそばや、たこ焼きなどの屋台もあり、ゾンビに扮した人が、売っていたりして、
泣き出す子供もいますが、それはご愛敬。

優しいゾンビです。その他、軽食や、クレープなどの食事もできますが、
その日の売りは、なんといっても「カボチャの豚汁」です。

地域の人達が、心を込めて作っているので、とてもおいしいです。
近くの住宅が、子供たちが「トリック、ア、トリート」と回る家に指定され、
本当のハロウィンさながら、子供たちが近くの住宅を訪問し、お菓子をもらいます。

その訪問する家や、近くの住宅も、ハロウィンの飾りを派手に飾ってあり、演出しています。

スポンサードリンク

お楽しみ抽選会もあり、会場に来た際に、受付で番号をもらっておくと、

夜に抽選会に参加することができ、景品がもらえます。

その他に、お化け屋敷や、くじ引き、おもちゃのアクセサリーが売っていたりと、
子供がたのしめるお店も少しですが並んでいます。

また、地域のお祭りなので、地域のお年寄りや、クラブなどが作成した作品も並べられ、
作品展も開催されていたり、中学校の吹奏楽、小学生のダンスなども見ることができます。

まだまだ歴史の浅いイベントですが、地域の皆さんが、協力しあい、
この日はハロウィン一色になります。

ゆるキャラまで作成し、イベントを盛り上げています。
シャトルバスも出るので、足を運んでみてください。

スポンサードリンク