3歳児の朝ごはんメニュートップ5!できるだけ簡単に済ませてOK!

出産・育児

お子さんの成長とともに、”お菓子は食べるのにご飯は食べてくれない”
と悩まれるパパママさんが多いようです。

子供がご飯を思うように食べてくれないと心配になりますし、

せっかくの料理を残されてショックを受けることも。

しかし、しっかりと栄養のあるものも食べてもらわなければ我が子の健康面が心配になりますよね。

今回は、そんなお子さんのためにも世間のパパママさんからの成功例や失敗例などを

まとめてみました。多くのパパママさんが実践している方法もご紹介させていただきます。

 

まず、お子さんのご飯が進まない原因としては様々なことが考えられます。

それはまだ遊びたかったり、好き嫌いが出てきたり、

ご飯以外のことに興味を持ってしまったりと様々です。つまり3歳児は気分屋さんなのです。

 

特に朝の場合、寝て起きたばかりなので消化器官が正常に動き出していません。

そのため食欲自体が少なくなってしまいます。

そんな3歳児に対して怒っても仕方ありません。パパママさんの工夫次第で改善できる問題です。

あらゆる方法で楽しく試行錯誤していきましょう。

スポンサードリンク

 

手間いらず!3歳児用朝ごはんの人気レシピトップ5!

朝は何かとせわしなく時間が過ぎてしまいますよね。

でも、1日のスタートを切るために朝ごはんでエネルギー補給が大切です。

プチおにぎり

あえてお茶碗ではなく、小さく握られたおにぎりに子供は喜び、

朝食に出すママさんも多いようです。

小さく握ったものを用意することで簡単にお子さんの口の中へ。

ラップで握るため、洗い物にもならないことがママさんからは高い評価があります。

食べ進めて具材を発見することがお子さんからしたらちょっとした楽しみなのかもしれませんね。

おにぎりだけで寂しくなるようなら付け合わせに果物もおすすめです。

 

アレンジ自由のピザトースト

パンに具材を乗せてチーズをかぶせて焼くだけのママに優しい時短レシピです。

嬉しいのは、アレンジ自由で具材に決まりがなく、

冷蔵庫にある何かしらの具材で十分美味しい味付けになります。

見た目から華やかなピザトーストは、朝からお子さんの興味をしめす朝ごはんです。

野菜嫌いなお子さんでもチーズと合わせて食べれば美味しく食べてくれます。

見た目もチーズがかぶさっているので、緑野菜の存在に気づかれにくく、

野菜不足にはおすすめです!

スポンサードリンク

 

野菜ゴロゴロ!具沢山ポトフ

野菜嫌いでもコンソメスープと混ぜればゴクゴク飲めてしまいます。

調理方法は、野菜やウインナーなどを適当に切って、そのまま鍋に投入するだけ。

ここで注意しておきたいのは野菜嫌いのお子さんの場合、

野菜だけを残す偏食型もいるのでウインナーを主役に立て、

キャベツは千切りに、ニンジンなどは細かく切って置くのが良いでしょう。

 

さっぱり風味の朝うどん

朝から麺類!?と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、

子供はうどんやラーメンといった麺類に目がありません。

お子様ランチでもよく付け合わせとしてうどんやラーメンを見かけますよね。

具材と麺をお湯で茹でてる間に家事がはかどる簡単レシピです。

朝に食べるのにはさっぱりと喉ごしの良い味付けでさらに食欲もアップ!

卵・わかめ・かまぼこは子供が喜ぶ具材です。スーパーで売っているイラスト付きかまぼこを

乗せると、さらに目を輝かせる我が子にママは思わず笑顔に。

 

大人気の甘口カレー

大人から子供まで愛され続けるカレー。

寝て起きた時にカレーの匂いが漂うリビングに朝から元気が湧いてきます。

お肉や野菜が一気に摂取できるので、健康的な朝レシピです。前日のものを朝食べれば、

特に朝準備することも少なくて済みます。ちなみに朝にカレーを食べると、

香辛料の効果でその日は頭が良く働くようになるそうです。大事な日には朝カレーを!

 

ママの悩み!3歳になって、朝ごはんを食べなくなった時の対処法!

 

ご飯を食べるという行為をお子さんに自発的に行わせましょう。

 

無理やり食べさせようとしたり、食べないからといって怒ってしまったりしては逆効果です。

ご飯を食べる=嫌なことが起こるとストレスを与えることになります。

 

一般のママさんが実際に取り組んで効果のあった対処法になります。ぜひご参考までに!

 

パパママが見本を見せる

子供はなんでも真似をするのが好きです。

両親や祖父母が朝ごはんを食べていないのに、

なぜ自分だけ食べなければいけないのか疑問に感じてしまいます。

逆に、美味しそうに食べている様子を見ていると自然とテーブルについて食べ始めることも。

子供にとって親はお手本となります。子供に胸を張れるような行動を取りましょう。

 

早寝早起の習慣をつける

冒頭でもお伝えしましたが、朝起きてすぐでは消化器官が上手く働いておらず食欲が少ないです。

夜遅くまで起きていれば朝の目覚めも必然的に悪くなってしまいます。

そして、夜ご飯の時間も見直しが必要です。

ご飯を食べてすぐに寝てしまうと胃の中に消化されずに残っている夜ご飯で食欲はさらに

減少してしまいます。まずは生活リズムを変化させましょう。

 

興味を持たせる

盛り付け1つで子供は興味を示します。

オムライスには可愛いにこちゃんマークのケチャップ、海苔で作られたデコおむすび、

星型のニンジンのグラッセなど朝からテンションの上がるご飯に。

またアニメの柄のある魚肉ソーセージやカラフルで甘みのある果物でも効果ありです。

準備が大変と思うようなら全日の夜に下準備(例:海苔を切って置くなど)をしておくと、

朝は乗っけて出すだけの時短に。

 

まとめ

子供は気分屋さんですが、こちらの工夫1つで興味を示してくれることもあります。

悩んでばかりいては、子供に心配をかけてしまいます。

上記でご紹介させていただいた一般のママさん達が実践しているポイントを

試してみるはいかがでしょうか。

また、料理を作るパパママさんも負担にならないように時短+簡単料理で朝の

忙しい時間を軽い気持ちで乗り切りましょう!

スポンサードリンク