電気ポット洗浄はどれぐらいの頻度で行う?するならばセスキは使える?

掃除

電気ポットは、毎日使うことが多いですよね。

結構な頻度で使う割に、「掃除をしなきゃ」という感じになるほど汚れているとは、想像しにくいです。

けれど、水を沸かしているだけですが、結構中は汚れているんですよ。

スポンサードリンク

電気ポッド洗浄にセスキを使って掃除はできる?

まずポットの中の汚れというのは、ほぼ「水垢」です。

ポットの中を覗いてみて、白く固いものがポットの内側にあったら、それが水垢です。

これは、水を何度も沸騰させている時に、カルキが結晶となって、固まったものです。

 

ですから、水垢自体は、体に悪いものではありません。

けれど、水を沸かすときに水垢がついていると、その分熱を出している部分に直接水が当たりません。

そのため、水を沸かすのには、非常に効率が悪くなってしまうんですね。

さて、この水垢を掃除して取り除かなければいけないのですが、どうやって取るかちょっと悩みどころです。

 

というのも、水垢はこびりつくと、ちょっとこすっただけでは落ちません。

だからといって強くこすると、ポットの内側がテフロン加工されていたら、剥がれてしまうことも考えられます。

この場合は、洗剤をいれて「つけ置き」で水垢を取りましょう。

 

ポット専用の洗剤もありますので、それを使って掃除をしてもいいのですね。

しかし、お家にクエン酸や重曹などある人は、こちらで掃除ができますので、使ってみましょう。

今回使用するのは、「クエン酸」です。

水垢は水の汚れですので、アルカリ性の汚れになります。

 

クエン酸は酸性です。

アルカリ性の汚れは、酸性のものできれいに落とせます。

ポットにメモリまで水を入れ、クエン酸を20gほど入れます。

このまま沸騰させて、1,2時間ほど放置します。

そのまま、注ぎ口から水を出して、中をすすぎましょう。

これでお終いです。

 

頑固な水垢は、1回だけでは落ちないことがありますので、もし水垢が残っていたら、先程のやり方を繰り返してください。

ちなみにセスキも、水に溶かして汚れを落とすのに最適なものですが、セスキはアルカリ性の洗剤です。

ですので、アルカリ性の水垢に対して、アルカリ性の洗剤を使っても、同質のものですので、中和させて汚れを落とす、ということはできません。

 

しかし、ポットの中ではなく、ポットの外側の汚れについては威力を発揮します。

水500mlに対し、セスキ小さじ1の量で液体を作ります。

スプレーに入れて作ると便利ですよ。

 

雑巾に液体をスプレーして、汚れをふき取ります。そして、水で濡らした雑巾で2度拭きすると、きれいになります。

ポットの外側の汚れは、手垢、料理の汚れなど、油分のある汚れがほとんどです。

油は酸性の汚れですので、アルカリ性のセスキで汚れを落とすことができるんですね。

スポンサードリンク

電気ポットの洗浄にはレモン汁がいいって聞くけどホント?

レモン汁は、舐めると酸っぱいですよね。

つまり、レモン汁は酸性です。

クエン酸の代わりに、電気ポットの水垢を落とすことができますよ。

 

レモン汁はだいたい30~60ml(レモン1~2個)ぐらいで、汚れを落とします。

やり方は、クエン酸と一緒です。

冷蔵庫に入ったままで使い切れないボトルのレモン汁があったら、使ってみるのも手ですね。

すっぱいといえば、「酢」もそうですので、汚れを落とすことができますよ。

しかし、酢のにおいがポットに残ってしまう、という意見もありますので、筆者としてはあまりおすすめしません。

 

 

まとめ

お家にクエン酸やセスキ、重曹がないという方は、

スプレーボトルと一緒に、一通りそろえておくと便利ですよ。

スーパーやドラックストア、100円ショップでも売られているそうです。

大量のものではなく、少量を揃えておいて、使い慣れてきたら量を増やしていくといいですよ。

スポンサードリンク