車のエアコンから焦げ臭い匂いが!もしかして故障!?

掃除

子供の送り迎えから、普段の買い物まで大活躍のマイカー。

子供が車内にいる時は、窓から入り込む排気ガスを吸わせたくなくて

エアコンを使う人もいるのではないでしょうか。

けれどそんなエアコンから、急に焦げ臭い匂いが出てきたらびっくりしてしまいますよね。

特に悪い運転をしたわけでもないし、変な操作もしていないはず。

いつも通り使っていたのにどうして……。

今回はそんな時のためにいくつか原因をお伝えしていきたいと思います。

車のエアコンが焦げ臭い原因って何?

原因としてはいろいろ考えられますがどこかが摩耗して焼けているのは間違いないでしょう。

特に原因となりそうな場所としては以下の箇所や原因があげられます。

 

○エンジンルームからゴムの焼けるような臭いがする場合

エンジンから駆動部へ力を伝達するベルトが緩んでいる可能性があります。

そこで摩擦熱が起こると異臭が発生します。

 

○炭の焼けたような臭いの場合

ブレーキの加熱やクラッチディスクの摩耗が原因となっていることがあります。

この臭いの他にも、金属が焼けたような臭いやゴムの焼ける臭いになることも考えられます。

 

○ビニールの焼けた臭いがする場合は

走行中についたビニールが車体下の排気口付近で焦げていることがあります。

 

○エンジンオイルが漏れている可能性

入れすぎて溢れてしまったエンジンオイルや、エンジンから垂れて

パイプについたオイルが、走行中に高温となるパイプで焼かれると異臭が発生します。

 

ついたパイプが全て焼かれてしまえば臭いはなくなりますが

燃え尽きるまでには長い期間が必要になってきます。

 

○コーティングが気化しての臭い

パーツや車そのものが新しい状態だと、新しいものにはコーティングがされています。

そのコーティングが気化する時に、ビニールが焦げた臭いを発することがあります。

スポンサーリンク

それでも車のエアコンが臭い!故障を疑ってみよう!

 

臭いだけでなく、エンジンの警告灯が不規則に点灯してたり

他にも違和感のある場所に心当たりがある場合は、故障を疑うべきでしょう。

 

例えばこんな場所に違和感がある場合などです。

 

○エンジンオイル

エンジンオイルが十分に燃焼されない状態になっていると

車を加速させる度に、焦げたような臭いとともにマフラーから白煙が上がる

「オイル上がり」という現象になってしまいます。

 

エンジンをかけた時ではなく加速させた時に異臭がするのであれば

「オイル上がり」になっているケースが考えられます。

 

○エンジン

実は車にとって、騙し騙しで走行できていただけの可能性もあります。

 

スパークプラグやイグニッションコイルなど、どこかのパーツが

故障してうまく機能していない場合、異臭の他に振動や異音が発生する

ことがあります。

 

○ATF

オートマチック・トランスミッション・フルードの略です。

ここには専用のオイルが使われていて、ATFが漏れたりすると

エンジンに動力を伝えることができなくなってしまいます。

 

ここが原因の場合はよく踏み込む人に多い傾向があります。

最悪の場合走行中に車が動かなくなってしまうことがあるのですぐに修理したほうが良いでしょう。

 

まとめ

車は家族で使う以外にも、買い物の時には多少買いすぎても運んでいける便利な乗り物です。

ですが一方で、事故の時には簡単に死亡事故に繋がる危険な乗り物でもあります。

臭いに慣れてしまって気にしなくなってしまうのが一番危険でしょう。

少し臭いがするだけでもこれだけ多くの原因となる候補が出てきたことから

かなり繊細な乗り物だということもわかっていただけたかと思います。

値段は高くとも、人の命には変えられません。

ぜひ少しでも変だと思ったら、修理屋さんに持っていって見てもらってください。

 

 

スポンサーリンク