母の日に義母に現金を贈るのはアリ?ナシ?エプロンはもういらない?

母の日

母の日に何を贈ったら良いのか、悩んでる人は多いですよね。

実のお母さんなら、好みも分かるし気楽なのですが

義母にになると、とても難しい。

結婚したばかりや、遠方に住んでいてあまり会う機会がなければ

普段お義母さんの身に着けているものや、好きなものも分からないし。

かと言って、旦那さんに聞いたところで、あまり頼りにならなかったり。

今回は義母が喜ぶ母の日のプレゼントについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

姑のリアルな意見!母の日の義母へのプレゼントは現金はあり?

義母へのプレゼントは本当に迷います。

一生懸命選んでも、使ってもらえなかったりすることもあるでしょう。

そんなときは、現金を送ってしまうのもアリです!

 

プレゼントに現金ってちょっとあじけない感じもしますが

ちょっとした工夫でとても喜んでもらえますよ。

 

①現金を贈る相場は?

義母に現金をプレゼントす時の相場は

3千円~1万円くらいです。

自分たちの生活に合わせて、無理のない金額にした方が良いです。

その年無理して贈っても母の日は毎年やってきます。

 

②現金を入れる封筒は?

現金を入れる封筒を工夫すると、一気にプレゼント感が増します。

自分でクラフトテープを使って手作り感を出すのも良いでしょう。

また現在は、母の日用として、「おかあさんありがとう」と書いているような、

かわいい封筒もありますので、それらに入れて贈るのも良いです。

 

③お金は綺麗なお札で。

やはりプレゼントなので、ヨレヨレのお札より綺麗なお札の方が嬉しいです。

わざわざ新札を用意する必要はありませんが、できるだけきれいなお札を選ぶようにしてください。

 

④手紙を添える。

現金だけでは味気ないので、一緒にメッセージを送るのも良いです。

お子さんがいらっしゃれば、お子さんと一緒に書いた手紙も喜んでもらえるはず。

手紙の内容としては

 

おかあさん

いつも私たちを気にかけてくれてありがとうございます。

プレゼント、とても迷ったのですが、現金を贈らせていただきます。

美味しいものを食べたり、好きなものを買っていただけたらと思います。

これからお元気でいてくださいね。

 

のように、簡単な手紙を添えると喜んでもらえると思います。

 

⑤お花やちょっとしたお菓子と一緒に。

現金だけではちょっと寂しいな、と思う方は

一緒にお花やお菓子と贈るのもオススメです。

最近では、母の日用の洋菓子や和菓子を販売しているところも多く

食べ物の場合残らないのでもらう方も気が楽です。

 

近くに住んでいる場合は、ケーキを買って行っても良いと思います。

お花に関しては、花束とまではいかないくらいの、かわいいお花屋、

カーネーション1輪だけでも、添えると華やかになります。

現金を贈る場合は、それだけではなく、封筒を工夫してみたり、

手紙やお菓子を一緒に添えると嬉しいようですよ。

 

 

母の日プレゼントの定番!

エプロンって喜ぶの?について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

姑のリアルな意見!母の日の義母絵のプレゼントでエプロンはいらない?

 

さて、母の日の定番プレゼントと言えばお花やエプロンですよね。

母の日が近くなると、お店でもエプロンが全面的に売り出されています。

贈る側としては、お花やエプロンが一番楽だったりします。

 

しかし、実際にもらう義母はどう思っているのでしょうか。

昔、エプロンをプレゼントするということは

「もっと働きなさい」という意味にもとられていたそうです。

 

しかし、ハンカチがお別れの時に渡すプレゼントだといわれていたように(知ってます?)

今はそこまで深い意味にとる人は少ないですが。

 

送る相手が、普段キッチンに立たない男性でしたら

「これで料理しなさい」と言っているように聞こえるかもしれませんが

普段からエプロンをしているお義母さんは、きっと喜ばれるかと思います。

 

しかし

普段エプロンをしているお義母さんというのが大事です。

ちなみに私の実母も義母も普段エプロンをしてません。

 

 

そんな人にエプロンを贈る場合

実母であれば、「たまにはエプロンしてね」で終わるかもしれませんが、

姑には「エプロンしろってこと?」と失礼にあたるかもしれません。

 

ですので贈る場合は、お母さんが普段からエプロンをいしているかを

確認したうえで贈ってください。

 

また普段エプロンをしているからと言って、必ず喜ばれるとも限りません。

 

 

デザインはもちろん

つけ外しが楽だったり、ここにポケットがあって使いやすい、など

普段からエプロンをしている方は、今のエプロンを気に入って使っているかもしれません。

 

実際にエプロンをもらったことのある義母の声を調べてみたところ

「気持ちはとても嬉しかったが、無地でとても地味なものでした。」

「柄が若々しくて、似合わなかった。」

「後ろがボタンになっていてつけにくい」

 

等々

気持ちは嬉しいけれど…

と内心思っている姑は多いようでした。

もしエプロンを贈ろうと考えている場合は

普段お義母さんがつけているものを、観察してみると良いかもしれません。

ちなみに、母の日の定番プレゼントのお花も家にお花を飾る習慣のない方にとっては

 

「花瓶がない」

「手入れがめんどう」

 

などと、実は喜ばれないことも多いようですのでご注意を。

 

 

まとめ

義母へのプレゼント、本当に神経使います。

ですがせっかく母の日のプレゼントとして贈るのですから喜んでもらいたいですよね。

この記事を参考に、ぜひ素敵なプレゼントが贈れるといいですね。

スポンサードリンク