スポンサーリンク

卒業式で告白するには手紙か言葉で伝えるのかどっち?迷う暇はなし!

卒業式

卒業が近づいてくると、その後の新たな環境への不安や楽しみな

気持ちでいっぱいではないでしょうか。卒業するとクラスメイトが

バラバラになってしまうことがあります。

片思いをしている方は、好きな想いを伝えるのは卒業式が最後のチャンスかもしれないと考え、

行動しようとしているのではないでしょうか。想いを伝える方法はさまざまですが、

今回は手紙と言葉で伝える方法、それぞれのメリット、デメリット、

うまくいくための方法について紹介します。

 

卒業式の告白を手紙でうまく伝えるには?

 

手紙であれ、言葉であれ、卒業式で告白するメリットは、確実に相手に会うことが

できるという点です。卒業後の進路が別々の場合は、卒業後いつ会えるか定かではありません。

なかなか会う機会がなく、あの日あの時に想いを伝えておけばよかったと

後悔することもありません。

 

手紙で告白するメリットは、気持ちが伝わりやすい!!

ということではないでしょうか。現代はスマホ社会ともいわれており、

メールやラインなどですぐに連絡を取り合えます。そんな中わざわざ手書きで書くということ、

字がうまくなくても相手のことを想って丁寧に書いたかどうかという想いは伝わります。

 

また、手紙は何度も読み返すことができます。一番最初は突然のことで驚き、

手紙を読んでも内容が入ってこないこともあります。言葉だと、

恥ずかしさから冗談のように聞こえてしまったり、小声になってしまい、

相手へ想いがうまく伝わらない可能性も考えられます。

 

しかし、手紙は2度3度と読み返すことができ、想いも伝わりやすいと思います。

一方で、手紙は形に残ってしまうため、もし告白に失敗した場合にどのように

保管または処分されるのか気になってしまうのではないでしょうか。

そこが手紙のデメリットかもしれません。

スポンサーリンク

 

卒業式で告白するには直接言葉で伝えるべき?

卒業式ということは好きな人に会える最後のチャンスの時期ですね。

もしも手紙やライン、メールで告白した場合、いつ返事がもらえるのかわからなくなって

しまうことがあります。

 

しかし、直接会って想いを伝えた場合は、相手の反応を見ることができ、

その場で返事をもらえることが多いですよ。

また、直接ということは自分の想いが本気であるということが伝わりやすいです。

直接会って告白する場合は大変緊張します。うまく伝えるためには事前準備が大切です。

どのようなことを伝えようか、伝える前に文章で考えてみてください。

 

一度考えておくと、当日緊張してもなんとか想いを伝えられるのではないでしょうか。

暗記すると嘘っぽくなってしまいますので注意してくださいね。

また、伝えるときは相手の顔をみて伝えてください。

恥ずかしさからうつむいてしまう可能性が高いですが、

顔を見て言ってもらったほうが女の子も嬉しいですし、さらに本気だという気持ちが伝わります。

 

卒業式の日は結構バタバタとします。

卒業式後に部活動で集まって送別会があったり、謝恩会があったりします。

二人っきりになるためには事前に連絡しておくとスムーズでしょう。

 

まとめ

 

卒業式に告白しようかどうか迷っているあなた。

ぜひあなたらしい言葉でストレートに想いを伝えてみてください。

どうしても直接言葉で伝えることが恥ずかしい方は手紙をかいてみてください。

告白されて嫌な想いになる人は少ないと思います。万が一、両想いでなくても告白したこと

によってよい踏ん切りがつき、前へ進めると思います。また、告白が失敗し、

告白しなければよかったという思いより、なぜあの時に告白しなかったんだろうという

後悔のほうがずっと残ってしまうと思います。

告白が失敗する話をしましたが、告白がうまくいくイメージで準備をしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント